二重まぶた全切開法キャプチャ(写真)解説

二重のラインを重瞼棒で作り、デザインペンでデザインします。

 

手術台の上に寝ていただき、手術を始めていきます。

まず最初に局所麻酔注射をします。
あらかじめ、上まぶたの皮膚に麻酔クリームが塗ってあり、麻酔の点眼薬もしてあります。
極細の注射針でまぶたの皮膚に麻酔するだけなので、痛みはほとんどないか、極わずかです。
ちなみに、上まぶたの皮膚にのみ麻酔注射するだけで、まぶたの裏には麻酔注射しません。
局所麻酔は左右の上まぶたに行い、手術は左右同時進行で行っていきます。

デザインに沿ってメスで皮膚切開します。

続けて、切開した皮膚の直下の眼輪筋も切開します。

昔受けている埋没法の糸が出てきたので抜去します。

切開法のときに以前受けている埋没法の糸を取るのは、皮膚を切開しないで小さな針穴から取るのと比べると、比較的取るのが容易であることが多く、取れる確率も高いです。

睫毛側の眼輪筋をわずかに切除します。

切除し過ぎると、目を閉じた状態で、傷跡の下が窪む原因にもなりかねるので、睫毛側の皮膚からはみ出ている分程度を切除します。

瞼板上の薄い被膜を残しつつ、埋没法の糸が残っていないかチェックします。

 

次に、眼窩内脂肪を除去するため、眉毛側の眼輪筋を上に持ち上げ、眼窩隔膜をハサミで切開していきます。

この患者様は、比較的まぶたが厚いため、眼窩内脂肪を除去しますが、まぶたが薄い人やまぶたが窪み気味の人は眼窩内脂肪の除去は行わないため、この操作は行いません。

眼窩隔膜を端から端まで切開します。

 

助手に、挙筋腱膜に二爪フックを掛けさせ、テンションをかけ、眼窩内脂肪を出します。

 

切除すべき余分な眼窩内脂肪が出てきました。

 

除去すべき眼窩内脂肪をモスキートペアンで挟んで固定します。

 

モスキートペアンで挟んだ眼窩内脂肪をハサミで切除します。

 

切除した脂肪の断端はバイポーラーで電気凝固し、出血の予防をします。

 

はみ出ていた余分な眼窩内脂肪が除去されました。

 

次に、ROOFの切除をしにいきます。

ROOFは眼輪筋下の脂肪組織で、眼窩内脂肪の上の眼窩隔膜と眼輪筋の間にあります。

余分なROOFを適量ハサミで切除します。

この患者様は比較的まぶたが厚いためROOFを切除しましたが、まぶたが薄い人やまぶたが窪み気味の人にはこの操作は不要になります。

最後に、重瞼線の作成と皮膚縫合を行います。

重瞼線の作成は、中縫いはせず、睫毛側の皮膚→挙筋腱膜の断端→眉毛側の皮膚の順に縫合します。

睫毛側の皮膚→挙筋腱膜の断端→眉毛側の皮膚の順に針を通しました。

 

通した糸を縫合します。

この糸は皮膚縫合と同じで、約1週間後に抜糸します。

重瞼線作成のための縫合は、3ヶ所行いました。

 

最後に、間を細かく丁寧に皮膚縫合して、手術終了です。

 

目を開けていただき、綺麗に二重のラインができているかどうか確認します。

 

起き上がっていただき、出来上がった二重を確認していただきました。

直後は局所麻酔の影響もあり、強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング①
    二重まぶた全切開法手術前デザイン解説 末広型or平行型

  • カウンセリング②
    二重まぶた全切開法手術前デザイン解説② 末広型or平行型

  • 施術①
    二重まぶた全切開法手術前の局所麻酔注射 痛みや腫れが少ない

  • 施術②
    閲覧注意!!二重まぶた全切開法手術動画① 皮膚切開 眼窩内脂肪除去 痛みは全くありません

  • 施術③
    閲覧注意!二重まぶた全切開法手術動画② 埋没法の糸の除去 眼輪筋切除 眼窩内脂肪除去 ROOF切除

  • 施術④
    閲覧注意!!二重まぶた全切開法手術動画③ 内部処理の方法 傷跡が綺麗になるように、中縫いはしない

  • 施術⑤
    閲覧注意!!二重まぶた全切開法手術動画④ 傷跡が綺麗になるように、中縫いはせず表縫いのみで内部処理

  • 術後①
    二重まぶた全切開法手術直後の腫れている状態 経過、ダウンタイム、二重の幅について

  • 術後②
    二重まぶた全切開法手術後1週間の抜糸直後 腫れ、内出血、経過、ダウンタイム、アイメイクの説明

  • 術後③
    二重まぶた全切開法手術後1ヶ月の経過動画 腫れ、傷跡、ダウンタイム、くいこみ、赤み

  • 術後④
    目頭切開(Z法)+二重まぶた全切開法手術後6ヶ月 腫れ、経過、ダウンタイム、痛みについて

  • 二重まぶた・全切開法の施術の詳細

二重まぶた埋没法をした後、ほぼ同じ幅、同じラインで全切開法をした症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた切開法を希望されていました。
この患者様は、数年前に二重まぶた埋没法を受けていましたが、だんだん埋没糸が緩んできて、ラインがはっきりしなくなってきていました。
緩みによって、眠たそうな目になっており、二重の幅の広さに左右差がでていました。
手術は二重まぶた全切開法に準じて行い、埋没法で留めていた位置とほぼ同じラインで切開し、左右差がでないように調節しました。
少しまぶたの脂肪が余分にあったので、眼窩内脂肪を適量切除し、ROOFもわずかに切除しました。
埋め込まれていた埋没法の糸は必要ないので、今後の不安を取り除くためにも全て除去しました。
皮膚の切除はしませんでした。
術後は、目を開けた状態で少し二重の幅が見える程度の自然な二重まぶたになり、左右差もなくなって、はっきりとした印象の末広型二重になりました。
幅の広すぎない二重であるため、まつ毛の生え際に皮膚が被さって隠れることなく、まつ毛の生え際が見える自然な二重です。
埋没法で作った二重のように、糸が緩んで二重のラインがはっきりしなくなったり、幅が狭くなる心配もなくなり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大