ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術) キャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

治療前の状態です。

左右のバストに豊胸専用のヒアルロン酸を50ccずつ注入することになりました。

ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)は、ほとんどの場合、寝た状態で行います。

 

最初にバストの下縁(乳房下溝の辺り)から麻酔の注射をします。

事前に麻酔クリームを塗ってあり、人間の身体の中のPHに近付けるようにアルカリ緩衝液を混ぜた局所麻酔液を用いるので、注入するときはそれほど痛みを感じません。

麻酔がよく効いたら、麻酔注射をしたところと同じ部位からヒアルロン酸を注入します。

ヒアルロン酸を注入する層は、主に、retromanmary fat titue(乳房下脂肪組織)の中になります。
固まりにならないように、細かくマルチプルに分散して注入します。

反対側のバストにも、同じようにヒアルロン酸を注入しました。

 

ヒアルロン酸を注入した後は、軽くマッサージしてほぐします。

 

注射直後状態です。

起き上がっていただきました。
注射直後は麻酔液が入っているため、余分に大きくなっています。
麻酔液による腫れは、翌日には大部分が引いてしまいます。

直後から触ると軟らかいです。

 

1ヶ月後の状態です。

麻酔液の腫れはないため、ほぼヒアルロン酸50cc×2分大きくなっています。

触っても非常に軟らかいです。

 

今回解説した施術の動画一覧

胸がほぼ平らに近い女性に、ヒアルロン酸を50ccずつ注入し、ほどよい自然な膨らみを作った症例写真の術前術後画像

  • Before
  • After(3ヶ月後)
  • Before
  • After(3ヶ月後)
  • Before
  • After(3ヶ月後)
  • Before
  • After(3ヶ月後)
  • Before
  • After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

担当医からのコメント

高須幹弥 医師

20代の未婚女性で、出産経験のない患者様です。
胸がかなり平らに近いので、もう少し大きくして、膨らみがほしいとのご要望でした。
あまりダウンタイムもとれず、仕事も休めないとのことでした。
シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術や、余分な脂肪を吸引してバストに脂肪注入する手術は考えておらず、手軽にできる治療が良いとのことでしたので、ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)をすることになりました。
局所麻酔下に、50ccずつを両胸に注射しました。
注入後は、バストにほどよい膨らみが自然にできました。
ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)は、来院した当日にもできる治療です。
慎重にやりたい方は、最初は少なめに注入してみて(20~30ccずつなど)、後日、追加で注入することも可能です。

施術料金

マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)

10cc ¥70,000

【名古屋院のみ】

リスク・副作用・合併症について

マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)

関連コンテンツ

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00