小鼻縮小手術(内側法)キャプチャ(写真)解説

デザイン前の状態です。

小鼻(鼻翼)がやや外側に広がっていて、鼻の穴が大きいです。

デザインペンで切除部位のデザインをしました。

鼻翼が鼻翼基部を乗り越えて大きく張り出しているタイプではないため、外側は切らず、内側だけの切開で小鼻縮小手術をすることになりました。

最初に局所麻酔注射をします。

注射する部位には事前に麻酔クリームを塗ってあります。
注入するときに痛くないように、人体の中のPHに近付けるようにアルカリ緩衝液を混ぜた局所麻酔注射を用い、極細の注射針で注射するので、痛みはそれほど強くありません。

局所麻酔がよく効いたら、メスでデザイン通りに皮膚を切開します。

ここからは痛みは全くありません。

メスで皮膚切開した後は、デザインした部分の皮膚と皮下組織をハサミ(スーパーカット剪刀)で切除します。

 

反対側も同じように皮膚と皮下組織を切除しました。

多少の出血は当然ありますが、太い血管を切らない限りは圧迫していると自然に止まります。
ほとんどの場合、バイポーラーや電気メスで止血操作することはありません。

吸収糸(溶ける糸)で中縫いをします。

吸収糸は4-0PDSを用いることが多いです。

右側の中縫いをしました。

切除デザインが正しく、縫合するポイントも的確であれば、中縫いは1針行うだけで、創縁はピッタリと一致します。

左側の中縫いもしました。

左右共に、1針の中縫いだけで創縁はピッタリと一致しています。

最後に表縫いをします。

創縁は綺麗に合わさっているので、表縫いは補助程度で大丈夫です。
創縁を更にピッタリ合わせるように、左右1~2針ずつくらいで十分です。

手術終了です。

手術直後は局所麻酔注射などの影響もあり、少しだけ腫れています。
腫れが引くと、もう少しだけ小鼻と鼻の穴が小さくなります。
表縫いの抜糸は通常1週間後くらいに行いますが、患者様の要望やデザインなどにもより、私に関しては早くて4~5日くらいで抜糸することもあります。
抜糸が何日目にできるかは、カウンセリングのときに診察して決めることになります。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング①
    鼻翼(小鼻)縮小手術 術前の解説

  • カウンセリング②
    鼻翼(小鼻)縮小手術 術前のデザイン解説

  • 施術
    閲覧注意!!鼻翼(小鼻)縮小手術術前中の映像 大きく広がった小鼻を小さくすっきりさせます

  • 術後
    鼻翼(小鼻)縮小手術 手術前直後の映像 大きな鼻の穴を小さくします

  • 鼻翼縮小(小鼻縮小)の施術の詳細

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大