他院で受けた鼻中隔延長と眉間~鼻背ゴアテックスの修正手術のキャプチャ(写真)解説

他院(韓国)で受けた鼻中隔延長手術の修正手術と眉間~鼻筋にかけて入れたゴアテックスの除去手術を行います。

如何にも整形しました候というような、日本人の顔には合っていない西洋人のような鼻になってしまっているため、可能な限り元の鼻に戻したいというご要望でした。
オープン法に準じて行い、余分な鼻先の軟骨を削り、ゴアテックスを除去することになりました。
ちなみに、前回の手術から1ヶ月以上経過しており、移植した軟骨は元の鼻中隔軟骨や大鼻翼軟骨と固く癒着していると思われるため、移植した軟骨を完全に除去することは難しいと予想されます。
軟骨の部分は、完全に分解して移植した軟骨を取り除いて元通りの状態に戻すのは不可能だと思われるため、余分な部分をメスで削って可能な限り元の状態に戻すことになりました。

最初に局所麻酔注射を行います。

両側の鼻の穴の中から注射します。

ゴアテックスが入っている眉間~鼻背にかけても局所麻酔注射をします。

 

局所麻酔が効いたら手術を始めていきます。

鼻柱の皮膚切開からします。
前回の手術もオープン法で行っているため、同じ傷跡を切開します。

鼻孔内は大鼻翼軟骨の下縁に沿って切開します。

 

メスでの皮膚切開が終わりました。

 

皮膚切開の後は、皮膚をスキンフックで持ち上げながら、スーパーカット剪刀(先の尖った鋏)で皮下剥離をしていきます。

 

余分な軟骨を削る部分だけ皮下剥離し、必要以上に剥離しないようにします。

必要以上に剥離をしてしまうと、余分に腫れることがあるし、血腫が溜まって瘢痕ができ、鼻先が太くなったり、大きくなってしまうことがあります。

鼻尖の部分の皮下剥離が終了したら、ゴアテックスの除去に移ります。

 

ゴアテックスが入っている被膜(カプセル)を開け、ゴアテックスを引き出します。

 

ゴアテックスを除去しました。

 

ゴアテックスは2枚重ねになっており、L型シリコンプロテーゼのような形に縫合されていました。

ちなみに、ゴアテックスはシリコンプロテーゼに比べて感染症を起こしやすいため、私は原則としてお勧めしていません。

ゴアテックスが入っていたために形成された被膜は薄く、まだ石灰化もしていなかったため、特別除去することはせず、そのままにします。

そのままにしておいてもほとんど吸収されてしまうため、ほとんど害はないと思われます。
逆に、無理して被膜を除去しようとしてしまうと、一緒に皮下組織も剥がれてしまい、皮膚が薄くなって変形してしまうなどのリスクが高くなってしまいます。

次に、鼻尖の余分な軟骨を切除しにいきます。

硬く突き出ている部分を、11番の尖刃のメスで丁寧に切除していきます。

状態を確認しながら少しずつ切除していきます。

 

皮膚を被せてみて、丁度良い鼻先の形になっていれば、軟骨を削るのは終了にします。

 

ゴアテックス除去と軟骨削りが終了したら、後は皮膚縫合をします。

鼻柱の皮膚縫合は7-0青ナイロンで細かく丁寧に縫合します。
抜糸は約1週間後に行います。
この部位の傷跡は、丁寧に縫合すればほとんどわからなくなります。

鼻孔内の傷の縫合は、6-0PDS(モノフィラメントの吸収糸)で細かく丁寧に行います。

この部位の糸も約1週間後に抜糸します。

縫合が終わり、手術終了になります。

多少の腫れがありますが、横から見たシルエットも不自然さがなくなっているのがわかります。

後はテーピング固定をします。

鼻尖部の軟骨を削ったので、その部分の軟骨に皮膚が均等に密着して被さるように、上からテープで圧迫して固定します。
鼻尖縮小手術をしたときのように、両サイドから圧迫する必要はないため、デンパースプリントによるギプス固定はしません。

テーピング固定も終わり、全て終了です。

テープは3日後に外します。

今回解説した施術の動画一覧

  • 施術①
    閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正① 局所麻酔注射 韓国で受けた手術のやり直しです

  • 施術②
    閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正② 皮膚切開、オープン、軟骨の露出 韓国で受けた手術のやり直しです

  • 施術③
    閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正③ オープン法、ゴアテックス除去

  • 施術④
    閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正④ オープン法、移植された軟骨の除去

  • 施術⑤
    閲覧注意!鼻中隔延長手術の修正⑤ 皮膚、粘膜縫合 表面の皮膚はナイロン糸で縫合します

  • 術後①
    鼻中隔延長手術の修正手術直後の映像 ギプス固定はせず、テーピング固定のみにしました

  • 術後②
    鼻中隔延長手術の修正手術後1週間の経過映像 大きな腫れは引いています

  • 他院で受けた手術の修正(鼻)の施術の詳細

他院で受けた鼻中隔延長+ゴアテックスの修正手術の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(修正手術後1年)
Before After(修正手術後1年)
高須幹弥医師からのコメント

  • 除去したゴアテックスです。 水分が抜けて、変形しています。 ゴアテックスはシリコンと異なり、水分が抜けることによって、形が不自然に変化することがあります。

20代女性の患者様で、鼻の修正手術希望で来院されました。
1ヶ月以上前に他院で、鼻中隔延長、眉間から鼻筋にかけてのゴアテックス挿入、小鼻縮小を受けたとのことでした。
診察させていただいたところ、ゴアテックス挿入により、眉間と鼻根部の高さがほぼ同じになっており、眉間から不自然に鼻がニョキっと生えている状態になっていました。
また、鼻中隔延長手術で、過度に鼻先を延ばしたためか、鼻先の皮膚に負担がかかり、鼻先右に曲がっている状態になっていました。
患者様は、「できる限り自然な元の鼻に戻したい」というご要望だったので、ゴアテックスを除去し、鼻先の軟骨を適量削る修正手術をすることになりました。
前回の他院での手術は、鼻柱の皮膚を切開し、オープン法で行っていたので、今回の修正手術も同じ切開線でオープン法で行いました。
まず、ゴアテックスを除去しました。
鼻中隔延長をした部分は、手術後1ヶ月以上経過しているため、硬く癒着をしており、移植した軟骨を完全に除去することはできない状態であったため、鼻先の余分な軟骨を3mm程度メスで削りました。
術後は、かなり最初の手術の前の状態に近づき、不自然さもなくなりました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大