太もも全体(前面、後面、内側、外側)、お尻の脂肪吸引キャプチャ(写真)解説

太もも全体(前面、後面、内側、外側)、お尻の脂肪吸引の手術前のデザインをします。

ちなみに、この患者様は二の腕、お腹周りからも脂肪吸引して、バストに脂肪注入も行う方ですが、太もも、お尻の脂肪吸引を単独で行う場合も同じ手順になります。
最初に太ももの前面、内側の皮下脂肪の多い部分を中心に、山の等高線を書くように油性マジックでデザインします。

続いて、太ももの後面、外側のデザインもします。

この患者様は特に外側の皮下脂肪のボリュームが多いので、外側からたくさん取るデザインになります。

お尻のデザインもします。

お尻の上のほうの脂肪を取ってしまうと、ヒップアップしたお尻の形が崩れてしまうので、上のほうは残し、下のほうの垂れ下がっている部分を中心に脂肪を取るデザインにします。
そのことにより、垂れ下がっているお尻が解消し、ヒップアップ効果があります。

今回の手術は全身麻酔で行います。

太ももやお尻の脂肪吸引は局所麻酔だけでも行うことは可能ですが、今回のように太もも全体とお尻の広範囲に脂肪吸引をする場合などは、局所麻酔よりも全身麻酔のほうが手術中の痛みが全くない分、患者様は楽だと思います。
最初は腹ばい(うつ伏せ)の状態から始めていきます。

最初に、カニューレを挿入する部分の皮膚に局所麻酔注射をします。

全身麻酔がかかっているので、痛みは全くありません。

次に、カニューレを挿入する部分の皮膚に、尖刃のメスで5mm程度の小さな切開をします。

 

その穴からカニューレを挿入し、チュームセント液を皮下脂肪層に注入します。

チュームセント液は、薄めた局所麻酔(リドカイン)、血管収縮剤(エピネフリン)、PH緩衝液(メイロン)、生理食塩水を混合したものです。
チュームセントを用いた脂肪吸引はウェットメソッドと呼ばれ、従来のドライメソッドの脂肪吸引と比較すると、手術中の出血がほとんどなく、よりたくさんの脂肪を安全に吸引することができます。
また、手術後の腫れや内出血も少なく、痛みも少ないというメリットがあります。
高須クリニックの脂肪吸引は、全例チュームセントを用いたウェットメソッドで行っています。

チュームセント液を満遍なく皮下脂肪層に行き渡らせます。

 

チュームセントが終わったら、脂肪吸引専用のスキンプロテクターである吸引シースを装置します。

このスキンプロテクターをカニューレを挿入する吸引口に装着することにより、皮膚の損傷や熱傷を予防します。
脂肪吸引は、皮膚からカニューレを挿入し、何回もピストン運動することにより、脂肪組織を破壊し、吸引するものです。
もし、スキンプロテクターを挿入しないで、直接皮膚の切開創にカニューレを挿入して激しいピストン運動をしてしまうと、切開創が摩擦により挫滅、熱傷を起こしてしまい、結果として傷跡が汚く残ってしまいます。
スキンプロテクターを挿入すれば、どれだけ激しくピストン運動をして大量の脂肪吸引をしても、皮膚が挫滅や熱傷を起こすことはなく、傷跡も綺麗になり、目立たなくなります。
スキンプロテクターを4箇所に装着したら、チュームセントが十分に皮下脂肪に染み渡るまで、5~10分程度待ちます。

チュームセント液が十分に皮下脂肪層に行き渡ったら、脂肪吸引を始めていきます。

太ももの外側の部分の一番皮下脂肪の多いところを吸引しています。
脂肪吸引のカニューレは、直径3mmのものを使用しています。
ボディ専用の脂肪吸引カニューレは、他に、4mm、5mm、6mmなどのものもありますが(顔専用の脂肪吸引カニューレは1.6mm、2.0mmのものもあります)、私に関しては、ボディの脂肪吸引はいつも最も細い3mmのものを使用しています。
細いカニューレのほうが、時間はかかりますが、より細かく丁寧に皮下脂肪をすることができ、取りむらが生じたり、皮膚の表面が凸凹することなく、スムースに吸引することができるからです。
また、細いカニューレを用いるほうが、吸引口や用いるスキンプロテクターが小さくてすむため、傷跡も短くてすみ、より目立たなくなります。

太ももの内側もしっかりと吸引します。

 

お尻の下の垂れ下がっている部分の皮下脂肪もしっかりと吸引します。

色々な部位から色々な方向でカニューレを挿入し、満遍なく吸引することが大事です。
この、色々な部位から色々な方向で吸引する方法はクリスクロス法と呼ばれ、クリスクロス法で脂肪吸引をすることにより、よりたくさんの皮下脂肪を満遍なくなだらかに吸引することが可能です。
高須クリニックではこのクリスクロス法を重視して脂肪吸引を行っています。

後面側からの吸引が終わりました。

 

スキンプロテクターを外します。

 

傷口を6-0青色ナイロン糸で丁寧に縫合します。

 

傷跡が綺麗になって目立たなくなるように、細かく丁寧に縫合します。

縫合した糸は約1週間後に抜糸します。

次に、体位変換して仰臥位し、前面側からの脂肪吸引をします。

後面側のときと同じように、局所麻酔注射後にメスで吸引口を開け、チュームセントを行います。

スキンプロテクターを装置します。

 

時間をおいて、チュームセント液が十分に皮下脂肪に浸透したら、脂肪吸引を始めていきます。

 

太ももの前面の皮下脂肪の多い部分から吸引していきます。

この部分の皮下脂肪をとることにより、横から脚を見たときに太ももの前面が前に張り出しているのが改善します。

膝のお皿の上、内側、外側など、膝周りについている皮下脂肪も入念に吸引します。

 

太ももの付け根側の吸引口からも吸引します。

太ももの外側の張り出している部分を吸引しています。

太ももの内側の皮下脂肪もしっかりと吸引します。

 

太ももの前面の皮下脂肪もクリスクロスでしっかりと吸引します。

 

前面側の吸引も終わりました。

スキンプロテクターを取り外します。
これで、太もも全体とお尻の下部の吸引が全て終わったことになります。
お尻のたるみが適度に引き締まり、太ももが一回り細くなります。
脂肪吸引全般にもいえることなのですが、太ももの脂肪吸引は特に、皮下脂肪を取りすぎないことが重要です。
無理して皮下脂肪を取り過ぎてしまうと、皮膚と筋膜が直接癒着し、皮下脂肪が全くないゴツゴツした軟らかさのない感触の身体になってしまいます。
また、部分的に皮膚と筋膜が癒着し、表面が凸凹になったり、脂肪を吸引した部位としていない部位の境目が段差になったりしてしまいます。
そのようにして生じてしまった凸凹や段差は、場合によっては元に戻したり修正したりできなくなってしまうこともあります。
そのため、高須クリニックの脂肪吸引は、無理して皮下脂肪を取りすぎることなく、皮膚と筋膜の間に、薄く一層皮下脂肪を残すようにしています。

吸引口の傷口を細かく丁寧に縫合し、手術終了になります。

 

今回解説した施術の動画一覧

  • 施術①
    閲覧注意!お尻、太もも後面、外側、内もも脂肪吸引① 局所麻酔注射

  • 施術②
    閲覧注意!お尻、太もも後面、外側、内もも脂肪吸引② 吸引している映像

  • 術後
    お尻、太もも後面、外側、内もも脂肪吸引③ 手術直後の腫れている映像

  • 施術①
    閲覧注意!太もも前面、外側、内もも、ひざ上、ひざ周り脂肪吸引① 局所麻酔注射

  • 施術②
    閲覧注意!太もも前面、外側、内もも、ひざ上、ひざ周り脂肪吸引② 手術中の映像

  • 術後
    太もも前面、外側、内もも、ひざ上、ひざ周り脂肪吸引③ 手術直後の腫れている映像

  • 脂肪吸引の施術の詳細

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大