下まぶた逆さまつ毛修正手術キャプチャ(写真)解説。
~高須幹弥の術式の場合~

右目の下まぶたのまつ毛が内側向きに生えており、眼球にあたって、逆さまつ毛の状態になっています。

右目の下まぶたの逆さまつ毛修正手術を行います。
手術台の上に寝ていただき、消毒して、清潔な布(コンプレッセン)をかけ、手術の準備をしました。

最初に局所麻酔注射をします。

あらかじめ、下まぶたの皮膚に麻酔クリームが塗ってあり、麻酔の点眼薬もしてあります。
極細の注射針でまぶたの皮膚に麻酔するだけなので、痛みはほとんどないか、極わずかです。
ちなみに、私がこの手術をする場合、下まぶたの皮膚の表面にのみ麻酔注射するだけで、まぶたの裏には麻酔注射しません。

手術を始めていきます。

下まぶたのまつ毛の生え際のぎりぎり下の皮膚を端から端まで(目頭側から目尻側まで)メスで切開します(睫毛下切開)。
この患者様は、目頭側から目尻側までが逆さまつ毛になっているので、目頭側から目尻側までほぼ全長に渡って皮膚切開しますが、部分的に一部だけ逆さまつ毛になっている人の場合は、その一部分の皮膚の範囲だけを切開することになります。

目頭側から目尻側まで皮膚切開をしたら、続けてメスで眼輪筋を切開します。

瞼板の縦幅の分だけ眼輪筋を残して、ステップを踏むように眼輪筋を切開します。
このステップにより、涙袋を温存するようにします。

余分な皮膚をハサミで切除します。

 

瞼板から眼輪筋を剥離していき、瞼板の下端を露出させにいきます。

 

CPFや下瞼板筋などを損傷しないように丁寧に剥離していきます。

 

瞼板を端から端まで完全に露出することができました。

下まぶたの瞼板は上まぶたの瞼板に比べると縦幅が狭いです。
瞼板を露出することができたら、睫毛側の皮膚を瞼板に癒着させてまつ毛を外向きにするための縫合をします。
その内部処理は、中縫いはせず、睫毛側の皮膚~瞼板~尾側の皮膚の縫合を行います。

縫いやすいように、最初に尾側の皮膚に針を通します。

睫毛側の皮膚から針を通しても、尾側の皮膚から針を通しても、最終的には同じ結果になるので、操作がしやすいように尾側の皮膚から針を通すようにしています。

次に瞼板に針を通します。

 

最後に睫毛側の皮膚に針を通します。

 

通した糸を縫合します。

 

縫合しました。

この糸は、この後行う皮膚縫合と同じで、約1週間後に抜糸をします。

続けて、同じ内部処理のための縫合を外側に向けて行っていきます。

 

端から端まで内部処理のための縫合を行っていきます。

 

内部処理の縫合を端から端まで計4針行いました。

 

最後に、内部処理のための縫合の間を細かく丁寧に皮膚縫合していきます。

この皮膚縫合は、瞼板を通さず、皮膚同士の縫合になります。

皮膚縫合も終わり、手術が全て終了しました。

 

目を開けていただくと、まつ毛がきちんと外向きになっているのが確認できます。

直後は局所麻酔の影響もあり、強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    下まぶた逆さまつ毛修正手術、たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)術前の解説

  • 施術①
    閲覧注意!下まぶた逆さまつ毛修正手術、たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術) 手術動画① 局所麻酔注射、皮膚切開、切除、瞼板露出

  • 施術②
    閲覧注意!下まぶた逆さまつ毛修正手術、たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術) 手術動画② 内部処理、皮膚縫合

  • 施術③
    閲覧注意!下まぶた逆さまつ毛修正手術、たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術) 手術直後の腫れ、経過、痛み、傷跡、効果、ダウンタイム

  • 術後①
    たれ目形成(グラマラスライン)手術後1週間の腫れ、経過、効果、ダウンタイム、後戻り、痛み、抜糸について 逆さまつ毛修正もしました

  • 術後②
    高須クリニック 下まぶた逆さまつ毛修正手術 術後6ヶ月の経過、傷跡 腫れ、ダウンタイムについて 美容整形外科動画

  • 逆さまつ毛修正の施術の詳細

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大