二重まぶた全切開法に準じた上まぶたたるみ取り手術キャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

この40代女性患者様に対し、二重まぶた全切開法に準ずる上まぶたたるみ取り手術を行います。

 

ご覧の通り、非常に分厚い上まぶたをしています。

皮下脂肪が厚いのがわかりますが、眼窩内脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪組織)も発達していると思われます。
目を開けた状態で二重の幅はなく、ラインが見えませんが、奥二重のラインがあります。

デザインした状態です。

脂肪のボリュームを大量に切除すると、相対的に皮膚が余るのが予想されるため、約3mmの幅で皮膚切除します。
これ以上たくさんの幅で皮膚を切除すると、上のほうの厚い皮膚が折れ曲がる分厚い二重まぶたになってしまうため、皮膚切除は最小限にします。

それでは手術を始めていきます。

最初に局所麻酔注射をします。
事前に注射する部位の皮膚に麻酔クリームが塗ってあり、点眼薬による麻酔もしてあります。
その上で極細の注射針で麻酔注射するので、痛みはほとんどないか極わずかです。
また、注入するときに痛くないように人体のPHに近づけたアルカリ緩衝液入りの麻酔液を使用しています。
ちなみに、上まぶたの皮膚にのみ麻酔注射するだけで、まぶたの裏には麻酔注射しません。

左右のまぶたへの局所麻酔注射が終わりました。

手術は左右同時進行で行っていきます。

麻酔がよく効いたら、メスでデザイン通りに皮膚切開します。

ここからは痛みは全くありません。

メスで皮膚切開した後は、尖端が尖ったスーパーカット剪刀(ハサミ)で皮膚切除します。

 

皮膚切除終わりました。

 

皮膚を切除した後、続けて眼輪筋をメスで切開します。

眼輪筋を切開すると眼窩隔膜に到達します。

眼輪筋を切開して眼窩隔膜が見えたら、助手に二爪フックで尾側に引っ張ってテンションをかけてもらい、先端が尖ったスーパーカット剪刀(ハサミ)で眼窩隔膜を端から端まで切開していきます。

 

眼窩隔膜を目頭側から目尻側まで切開したら、切開した眼窩隔膜の睫毛側に助手の二爪フックを掛けなおして、眼窩内脂肪を持ち上げていきます。

この患者様は、元々非常にまぶたが厚く、術前から明らかに余剰な眼窩内脂肪が垂れ下がっているのが確認できたので、しっかりと眼窩内脂肪を切除しますが、まぶたが薄い人やまぶたが窪み気味の人は眼窩内脂肪の除去は行わないため、この操作は行いません。

眼窩内脂肪には痛覚神経がきているので、切除する眼窩内脂肪に局所麻酔を注射します。

この注射は痛みはありません。

局所麻酔液を注入した眼窩内脂肪をスーパーカット剪刀で切除します。

 

余分な眼窩内脂肪の切除が終わったら、次にROOFの切除をしにいきます。

ROOFは眼輪筋下の脂肪組織で、眼窩内脂肪の上の眼窩隔膜と眼輪筋の間にあります。
眉毛側の眼輪筋にフックをかけて頭側に持ち上げると黄色いROOFが見えます。

眼輪筋の下にあるこの黄色い脂肪の塊がROOFです。

非常に厚みとボリュームのあるROOFがあるのがわかります。

余分なROOFをスーパーカット剪刀で適量切除します。

この患者様は元々非常にまぶたが厚いため比較的大量にROOFを切除します。

ROOFを切除した部分に指を入れ、ROOFの残り具合を確認します。

 

両側のまぶたからROOFを切除しました。

まぶたが薄くなったのがわかります。

両側のまぶたから切除した眼窩内脂肪とROOFです。

かなりたくさん切除しました。
この患者様は非常に分厚いまぶただったのでたくさん脂肪を除去しましたが、まぶたの薄い人やそれほど厚くない人にはこんなに切除できません。
無理して切除すると、術後に目が窪んで老けた窶れた印象の目になってしまったり、予定外重瞼線ができて三重になる原因になってしまうからです。

ここで一旦ライトを外して、目を開けていただき、二重のラインの確認をします。

この患者様は元々の奥二重のラインがあり、そのラインの上(頭側)で切開しているので、奥二重のラインがわずかに残っています。
このまま二重を作ると、作った二重のラインの下にもう1本二重のラインができてしまったり、三重のようになってしまうことがあるので、奥二重のラインをなくす処理をします。

奥二重のラインを外すため、切開線から睫毛側の剥離をします。

 

剥離ができました。

この操作で奥二重のラインはなくなります。

最後に、重瞼線の作成と皮膚縫合を行います。

重瞼線の作成は、中縫いはせず、睫毛側の皮膚→挙筋腱膜の断端→眉毛側の皮膚の順に縫合します。
最初に睫毛側の皮膚に糸針を通します。
使用する糸は7-0青ナイロンです。

睫毛側の皮膚を通した後、挙筋腱膜の断端を掬います。

 

最後に眉毛側の皮膚を通し、

 

縫合固定します。

 

重瞼線の作成のためのアンカリングスーチャーは端から端までほぼ均等に4針行いました。

 

目を開けていただき、綺麗に二重のラインができているかを確認します。

奥二重のラインがなくなっているのがわかります。

最後に、間を細かく丁寧に皮膚縫合します。

 

右側は全て終了しました。

 

反対側の重瞼線の作成、皮膚縫合も終わり、手術は全て終了しました。

 

目を開けていただき、綺麗に二重のラインができているか確認します。

腫れているため、二重の幅が予定より大分広いです。

起き上がっていただき、出来上がった二重を確認していただきました。

 

直後は局所麻酔の影響もあり、強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

腫れが引くともっとまぶたは薄くなり、二重の幅は狭くなります。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り手術 術前のデザイン解説 美容整形外科動画

  • 施術①
    閲覧注意!高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り手術 手術映像① 局所麻酔注射、皮膚切開、皮膚切除 美容整形外科動画

  • 施術②
    閲覧注意!高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り手術 手術映像② 右目眼窩隔膜切開、眼窩内脂肪除去、ROOF切除 美容整形外科動画

  • 施術③
    閲覧注意!高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り手術 手術映像③ 左目眼窩隔膜切開、眼窩内脂肪除去、ROOF切除 美容整形外科動画

  • 施術④
    閲覧注意!高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り手術 手術映像④ 重瞼線(二重のライン)の作成、内部処理、皮膚縫合 美容整形外科動画

  • 術後①
    高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り手術 手術直後の腫れている状態 傷跡、抜糸、ダウンタイムについて 美容整形外科動画

  • 術後②
    高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じた大量脂肪切除たるみ取り手術後3日の腫れている状態

  • 術後③
    高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じてたるみ取り術後2週間の腫れている状態 美容整形外科動画

  • 二重まぶた・全切開法の施術の詳細

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大