タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)キャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

この患者様は、上まぶたの皮膚が被さっている一重まぶたであり、尚且つ、ややつり目です。

二重まぶた全切開法に準ずる上まぶたたるみ取り手術とタレ目形成手術(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を行うことになりました。
今回はタレ目形成手術の解説をさせていただきます。

アップで見ると、ややつり目なのがわかります。

 

タレ目形成手術のデザインをした状態です。

上まぶたたるみ取り手術は既に終わっています。
内側の縦線は瞳孔(黒目の中心)中心線で、外側の縦線はタレ目形成手術で下まぶたを下げるピークの位置です。

最初に局所麻酔注射をします。

事前に注射する部位の皮膚に麻酔クリームが塗ってあり、点眼薬による麻酔もしてあります。
その上で極細の注射針で麻酔注射するので、痛みはほとんどないか極わずかです。
また、注入するときに痛くないように人体のPHに近づけたアルカリ緩衝液入りの麻酔液を使用しています。
ちなみに、下まぶたの表側の皮膚にのみ麻酔注射するだけで、まぶたの裏には麻酔注射しません。

それでは手術を始めていきます。

下まぶたのまつ毛の生え際のぎりぎり下の皮膚を端から端まで(目頭側から目尻側まで)メスで切開します(睫毛下切開)。

目頭側から目尻側までメスで皮膚切開をしたら、続けてスーパーカット剪刀(尖端が尖ったハサミ)で眼輪筋を切開していきます。

瞼板の縦幅の分だけ眼輪筋を残して、ステップを踏むように眼輪筋を切開します。
このステップにより、涙袋を温存するようにします。

瞼板の下端がわずかに露出するように展開し、眼輪筋とCPFの間を剥離していきます。

CPFや下瞼板筋などを損傷しないように丁寧に剥離していきます。
瞼板を端から端まで完全に露出することができました。
下まぶたの瞼板は上まぶたの瞼板に比べると縦幅が狭いです。

下まぶたを下げる位置を再確認し、下げ具合を測るため、ライトを消し、目を開けていただきます。

 

下まぶたの下げる位置を確認し、下げる程度を測ったら、患者様に目を閉じていただき、ライトを当て、助手にフックで展開してもらいます。

 

瞼板とCPFをタッキングし、縫着するため、まずCPFに糸針をかけます。

使用する縫合糸は無色透明の6-0PDS(モノフィラメントの吸収糸)です。
6-0PDSは3ヶ月程度で吸収されますが、その間に瞼板とCPFは癒着してくっつくため、後戻りすることはなく、効果は永久的に持続します。

CPFに糸針を通した次は瞼板に通します。

 

瞼板にも糸針を通したら、一端縫合して仮固定します。

 

再びライトを消し、患者様に目を開けていただき、下まぶたの下がり具合を確認します。

程よく自然に下まぶたの外側が下がっており、下三白眼にもなっていないことが確認できます。

丁度よく下まぶたの外側が下がっていることが確認できたら、仮固定していた6-0PDSを3回結び、本固定します。

 

次に、余分な皮膚をスーパーカット剪刀で切除します。

先程のタッキングで下まぶたを下に下げると、必ず相対的に下まぶたの皮膚が余ることになるので、余分になる下まぶたの皮膚を切除することになります。
また、端から端まで皮膚を切除することにより、下まぶたのまつ毛をやや外向き(下向き)にする効果もあります。
この操作を行うことで、手術後にまつ毛が内向きになって逆さまつ毛になることを予防するだけではなく、まつ毛をやや外向きにすることになります。
ただし、この効果は、逆さまつ毛修正手術のように、逆さまつ毛をしっかりと改善するまでの効果はないため、タレ目形成手術をして同時に逆さまつ毛を改善させるのをご希望される方は、合わせて逆さまつ毛修正手術をすることになります(その場合、逆さまつ毛修正手術の費用もかかることになります)。

再度ライトを消し、患者様に目を開けていただき、皮膚の切除量が適切かどうかを確認します。

 

あとは皮膚を細かく縫合に縫合して手術終了になります。

 

皮膚縫合も終わり、手術が全て終了しました。

程よく自然に下まぶたの外側が下がっており、綺麗なグラマラスラインができています。
直後は局所麻酔の影響もあり、強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

起き上がっていただき、下まぶたの下がり具合を確認します。

 

程よく綺麗に下まぶたが下がっているのがわかります。

上まぶたたるみ取り手術も同時に行っているので、目の周りがぐるっと一周腫れており、タレ目形成手術を単独で行うのに比べ強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    高須クリニック タレ目形成手術(グラマラスライン)、二重まぶた全切開法に準じたたるみ取りの術前デザイン解説 美容整形外科動画

  • 施術①
    閲覧注意!高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じた上まぶたたるみ取り手術中の映像 美容整形外科動画

  • 施術②
    閲覧注意!高須クリニック タレ目形成(グラマラスライン)手術中の映像 美容整形外科動画

  • 術後①
    タレ目形成手術(グラマラスライン)、二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り直後の腫れている映像 美容整形外科動画

  • 術後②
    高須クリニック 二重まぶた全切開法に準じたたるみ取り手術とタレ目形成(グラマラスライン)術後1週間の経過 美容整形外科動画

  • 上まぶたたるみ取りの施術の詳細
  • 垂れ目(パンダ目)形成の施術の詳細

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大