美容整形について

鼻中隔延長手術の術後はいつからメイク、洗顔フォームでの洗顔、シャンプーでの洗髪をしていい?

鼻中隔延長手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「いつから洗顔フォームとか石鹸を使って洗顔していいですか?」「いつからシャンプーで洗髪していいですか?」「いつからメイクできますか?」などのご質問をいただきます。

鼻中隔延長手術は、両側の鼻の穴の中と、鼻柱の真ん中をつなげて切開し、オープン法で行います(稀に鼻柱の切開はせず、両側の鼻の穴の中の切開だけのクローズ法で行うこともあります)。鼻先の皮膚の大部分を剥離して、中の軟骨を操作するので、皮膚と軟骨がずれないように、一定期間、術後にテーピングやギプスで固定する必要があります。
剥離した面積、延長量などの手術内容にもよりますが、テーピングやギプスによる固定を3~7日間程度することによります(具体的に何日間固定が必要なのかは、担当医にお聞きください)。ギプスやテーピングがついている間は、なるべく手術部位が濡れないようにしていただく必要があります。
そのため、石鹸や洗顔フォームを使って顔を洗う場合は、手術部位が濡れないように、上手に洗っていただきます。じゃぶじゃぶ顔に水をかけたり、水の中に顔を浸けることはできないので、手術部位以外の部分(額、目もと、頬、顎など)に泡をのせて軽く擦り、手術部位が濡れないように上手に水で洗い流すか、濡れタオルなどで拭き取っていただくことになります。
シャンプーを使って洗髪する場合も、手術部位が濡れないように、上手に洗っていただく必要があります。シャンプーハットを使って洗っていただいてもいいし、手術部位が濡れないようにゆっくり丁寧に洗っていただいてもいいし、美容院で洗髪するように、上向きになって、誰かに洗っていただいてもいいです。
ただし、絶対にギプスやテーピング、傷跡を濡らしてはいけない、濡らすと取り返しがつかなくなるというわけではないので、もし、洗顔や洗髪のときにギプスやテーピング、傷跡が濡れてしまったら、綺麗なタオルやティッシュペーパーなどで軽く水気を拭き取っていただき、あとは自然に乾かしていただけばまず大丈夫です。ギプスやテーピング、傷跡に泡がついてしまった場合も、濡れタオルなどで拭き取っていただけばまず大丈夫です
ギプスやテーピングが外れたあとは、手術部位や傷跡をゴシゴシ強く擦ったりしなければ、鼻を含めて顔全体を洗っていただいても大丈夫です(術後1ヶ月くらいは手術部位を強く擦ったりするのはやめてください)。普通にシャンプーを使って洗髪していただいても大丈夫です。
術後のメイクに関しては、手術部位以外(アイメイク、チーク、口紅など)に関しては、手術直後からすることは可能です。ただし、メイクを落とすときは、上記の洗顔の注意点をまもり、上手に洗い流す必要があります。
ギプスやテーピングが外れたあとは、手術部位もメイクすることができますが、やはり、メイクを落とすときは上記の注意点をまもり、上手に丁寧に洗っていただきます。

鼻中隔延長(鼻先を大きく下方に延ばす)


⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

鼻先がかなり上を向いており、正面から見ると鼻の穴が大きく目立つブタ鼻でした。耳介軟骨移植だと2~3ミリ程度しか鼻先を下げられないので、鼻中隔延長を選択しました。どれくらい鼻先を下げると美しく上品な鼻になるかは、事前にコンピュータでシミュレーション。仕上がりをしっかりイメージして手術したことで、思い通りの鼻が完成しました。

施術料金

鼻中隔延長(鼻先を大きく下方に延ばす)

¥850,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00