顔の施術について

二重の人がその二重ラインで切開して眼瞼下垂手術をすると、目を開けたときの二重の幅は狭くなります

眼瞼下垂手術はまぶたの開きを良くする手術なので、二重まぶたの人が、その二重のラインで切開して眼瞼下垂手術を行い、その切開線で二重を作ると、目を開けたときの二重の幅は狭くなります

二重というのは、まぶたが開くときに二重のラインで皮膚が折れ曲がり、折れ曲がった部分の上に皮膚が被さることによってできます。二重のラインを変えずにまぶたの開きが良くなれば、折れ曲がる部分が奥に引き込まれる分、折れ曲がる部分の上に皮膚が被さるようになるので、目を開けたときの二重の幅は狭くなります。

ちなみに、ここで言っている元の二重のラインというのは、天然の二重も埋没法や切開法で作った二重も同じことがいえます。そのため、目を開けたときの二重の幅が気に入っている人が、その二重のラインで切開して眼瞼下垂手術を受けると、まぶたの開きが良くなって目が大きくなった分、目を開けたときの二重の幅が狭くなってしまうということが起きます。

二重の人が眼瞼下垂手術をする場合、目を開けたときの二重の幅が狭くなってほしくないときは、二重のラインよりも上で切開して、二重を作り直す必要があります

しかし、あまり二重の幅を広くし過ぎてしまうと、そのことがまぶたを開ける妨げになってしまうこともあります。そのため、二重まぶたの人で、二重の幅を広くすることよりも、目の開きや黒目の見える面積に拘る人が眼瞼下垂手術をするときは、多少目を開けたときの二重の幅が狭くなるのを覚悟したほうが理想の目になることが多いです

また、元々眼瞼下垂気味の人が埋没法や切開法で幅広い二重を作ったことによって眠たそうな目になってしまった場合や、元々二重まぶたで眼瞼下垂があるため幅広い二重の眠たそうな目の人が、その二重のラインで切開して眼瞼下垂手術をすると、多少目を開けたときの二重の幅は狭くなりますが、目がぱっちり開いて理想の目になることが多いです

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様です。
以前に他所の美容外科クリニックにて全切開法で幅広平行の二重を作ったのですが、気に入らず、修正希望で来院されました。
目を閉じた状態で約11mmの位置で切開してありました。
この方は元々まぶたの開きが良くなく、軽い眼瞼下垂だったため、そのような方に幅広の二重を作ると、綺麗にまぶたが開かず、このように眠たそうな目になってしまいます。
また、内部処理が十分にされていなかったため、二重のラインがはっきりせず、それによって左右差もありました。
この方の御希望は、二重の幅は少し狭くなっても良いので、まぶたの開きを良くして、綺麗な平行型二重を作り直して欲しいということでした。
手術は前回の切開線を含めて切開線より下の皮膚を1mm切除し、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして、目を閉じた状態で10mmの位置で二重を作り直しました。
また、蒙古ヒダが発達していたため、目頭切開のZ法を行い、蒙古ヒダを解除しつつ、目を内側に1.5mmずつ広げました。
術後は目を開けた状態での二重の幅はやや狭くなりましたが(2.0mmくらいになりました)、目ヂカラがついてまぶたが大きく開くようになり、目頭切開もしたため、より綺麗な平行型二重になって、ハーフっぽい印象になりました。
また、目の手術以外にも眉間から鼻根部にかけてシリコンプロテーゼを入れ、鼻筋が通り、よりハーフっぽくなりました。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000 / 両目(通常の手術の場合) ¥700,000 / 片目(筋膜移植の場合) ¥550,000 / 両目(筋膜移植の場合) ¥900,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目頭切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大