顔の施術について

眉間プロテーゼについて。鼻にシリコンプロテーゼが入っていても眉間プロテーゼを受けることは可能か?

よくメールのお問い合わせで、「高須クリニックでは眉間プロテーゼはやっていますか?」「眉間プロテーゼと鼻のシリコンプロテーゼはどう違うのですか?」「眉間プロテーゼと鼻のプロテーゼを同時に行うことはできますか?」「今、鼻にプロテーゼが入っているのですが、眉間プロテーゼを入れることは可能ですか?」などのご質問をいただきます。

眉間プロテーゼというのは、眉間~鼻根部の部分にプロテーゼを入れて、眉間~鼻根部の高さを出す手術で、堀の深い顔を希望される方や、のっぺりした顔が嫌で立体的な顔を希望される方に行うことが多いです。通常、局所麻酔で行う手術で(希望であれば全身麻酔でもできます)、鼻の穴の中を数mm切開し、そこからプロテーゼを挿入します(私に関しては350,000円でさせていただいております)。鼻のプロテーゼと眉間プロテーゼを同時に受けたいという患者様は、私に関しては、眉間~鼻根部~鼻背まで連続したプロテーゼを挿入するようにしています(私に関しては350,000円でさせていただいております)。

鼻にプロテーゼが入っている人が眉間プロテーゼを入れる場合は、鼻のプロテーゼをそのままにして、眉間プロテーゼを入れることは物理的に不可能です。その場合、私に関しては、鼻のプロテーゼを抜くのと同時に、眉間~鼻根部~鼻背まで連続したプロテーゼを入れて、眉間から鼻筋まで高くなるようにします。

症例写真
■眉間プロテーゼ 鼻プロテーゼも施行


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻の根元が低いのが悩みで、しっかりと鼻筋を通し、全体的に鼻を整えたいという御要望でした。
診察させていただいたところ、眉間の下あたりから、鼻根部、鼻背部が低く、鼻筋が通っておらず、また、小鼻が横に大きく広がっていました。
鼻のシリコンプロテーゼ+鼻先の耳介軟骨移植+鼻尖形成+鼻翼(小鼻)縮小をして、全体的に整った鼻にすることをご検討いただきましたが、予算が限られていたので、まずは、シリコンプロテーゼのみを顔全体モニターですることになりました。
患者様は、整形っぽい鼻になってもよいので、眉間のあたりからしっかりと高くし、全体的にしっかりと鼻を高くしたいという御要望だったので、鼻根部が5mmの厚みの、眉間から鼻背にかけてのプロテーゼを入れました。
術後は眉間から鼻背までしっかりと鼻が高くなり、鼻筋が通りました。
この後、鼻先の耳介軟骨移植、鼻尖形成、鼻翼(小鼻)縮小をすると、更に整った鼻になります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大