顔の施術について

自分が眼瞼下垂かどうか自己診断することはできるのか?眼瞼下垂症の診断基準について

二重まぶたや目元のカウンセリングをしているとよく、「私って眼瞼下垂ですか?」とご質問いただきます。

また、よくメールのお問い合わせなどで、「前に別の美容整形クリニックにカウンセリング行ったときに、『あなたは眼瞼下垂ですよ』と言われ、眼瞼下垂手術をすすめられたのですが、また別の美容整形クリニックに行ったときは、『あなたは別に眼瞼下垂ではないですよ』と言われました。いったいどちらの医者の言っていることが正しいのでしょうか?」とか、「自分が眼瞼下垂かどうか自己診断することはできますか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「眼瞼下垂症の明確な診断基準はないので、診察した医者が眼瞼下垂と診断すれば眼瞼下垂ということになります」です。

眼瞼下垂症は、明確な診断基準はありません。そのため、診察した医者が、「あなたは眼瞼下垂です」と言えば、眼瞼下垂と診断されたことになるし、「あなたは眼瞼下垂ではありません」と言えば、眼瞼下垂ではないと診断されたことになるので、診察した医者によって言うことが違ってくることがあります。

健康保険で眼瞼下垂手術をする場合の眼瞼下垂症の診断の目安としては、「瞳孔にまぶたが被さっている」というものがあります。瞳孔にまぶたが被さっていると、視野が狭くなり、視野障害、眼精疲労、頭痛、肩凝りなどの症状が強くなり、確実に生活に支障がでてくるからです。そのような人に眼瞼下垂手術をしてあげると、視界が明るくなり、視野傷害、眼精疲労、頭痛、肩凝りなどの症状が軽くなり、大変喜んでいただけます。本来、健康保険での眼瞼下垂手術の適応は、このような、「瞳孔にまぶたが被さっていて、日常生活に大きな支障がある人」であるべきです。

眼瞼下垂の重症度分類

ただし、瞳孔にまぶたが被さっておらず、日常生活に大きな支障がない人でも、眼瞼下垂手術をすればまぶたの開きを良くし、目を大きく見せることができます。そのような場合は、健康保険で手術することはできないので、自費診療で手術することになります。

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい)


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、二重まぶたにして目を大きくしたいという御要望で来院されました。
上まぶたの脂肪が少ない上に、眼瞼下垂を呈しており、目の上が大きく窪んでいました。
本来、二重まぶたというのは、まぶたが大きく開いて、二重のラインで皮膚が折れ曲がり、二重のラインの上にボリュームののった皮膚が被さってできるものです。
この方のようにまぶたが大きく窪んでいると、二重のラインの上に被さるボリュームがないため、埋没法、ミニ切開法、全切開法などの二重まぶたの手術をしても二重を作ることができません。
まず眼瞼下垂手術をしてまぶたの開きを良くし、腫れが引いた後に必要に応じて上まぶたの窪みにヒアルロン酸を注射することをご提案しました。
眼瞼下垂手術は、二重のラインがあったと思われるシワの位置で切開して黒目が8割くらい見えるようにまぶたの開きを良くし、内部処理をして二重のラインを作りました。
眼瞼下垂手術をして6ヶ月の時点では、まぶたの開きが良くなったことにより、目から眉までの距離が近くなって、まぶたの窪みが少し解消され、綺麗な二重のラインができました。
まだ少しまぶたの窪みがあり、これを解消するにはヒアルロン酸注射が必要ですが、この方はそれは望まなかったため、このまま様子をみています。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000 / 両目(通常の手術の場合) ¥700,000 / 片目(筋膜移植の場合) ¥550,000 / 両目(筋膜移植の場合) ¥900,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大