顔の施術について

眼瞼下垂手術で同時に二重を作ったり脂肪を取ることはできるのか?

よくメールなどで、「眼瞼下垂手術をするときに同時に二重を作ることはできますか?」とか、「眼瞼下垂手術をするときにまぶたの脂肪を取ってもらうことはできますか?」などのご質問をいただきます。結論から書くと、答えは「どちらも可能」です。

当院の眼瞼下垂手術は、通常皮膚を切開し、まぶたを開ける筋肉である上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転・固定し、短縮させることによってまぶたの開きを良くします。全切開二重やミニ切開二重と同じようにまぶたの皮膚を切開するので、必要に応じて眼窩内脂肪やROOFを切除することができます。また、全切開二重やミニ切開二重と同じように、切開した部分を内部処理することにより、二重のラインを作ることができます。要するに、眼瞼下垂手術をするときに、ミニ切開二重あるいは全切開二重を同時に行うことができるのです

そのため、一重の人が二重を作りたい場合や、すでに二重の人が二重のラインを変えたいときも、ある程度自由に二重を作ることができ、一重の人が一重のまままぶたの開きを良くしたい場合は、まつ毛の生え際を切開することによって可能です。切開する皮膚の長さを、ミニ切開に応じて行うのか、全切開に応じて行うのかは、二重の手術をするときにまぶたの厚みなどに応じてミニ切開か全切開か決めるのと同じです。

私の場合、脂肪を取るのと二重を作るのは、通常の眼瞼下垂手術の料金内でサービスで行っております。

施術料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000
両目(通常の手術の場合) ¥700,000
片目(筋膜移植の場合) ¥550,000
両目(筋膜移植の場合) ¥900,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

眼瞼下垂(がんけんかすい)


(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
非常に分厚い一重まぶたで、まぶたの開きも悪く、黒目が半分程度しか見えてませんでした。
手術は、目を閉じた状態で約7mmの位置で全切開し、大量の眼窩内脂肪とROOFを切除して、眼瞼下垂手術に準じて挙筋前転を行い、まぶたの開きを良くしました。
術後は分厚かったまぶたがかなり薄くなり、まぶたの開きも良くなって、黒目がほぼ9割近く見えるようになりました。
二重は、目を開けた状態で約1mm幅が見える程度の狭い末広型になるようにしました。
分厚いまぶたに二重を作る場合は、幅を狭くするほうがまぶたの開きが良くなって、黒目がしっかり見えるようになり、尚且つ自然に仕上がることが多いです。
逆に、分厚いまぶたに幅広い二重を作ると、二重のラインの下の皮膚がぷっくりして、まつ毛の生え際に覆い被さり、黒目がしっかり見えないことが多いです。

施術料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000
両目(通常の手術の場合) ¥700,000
片目(筋膜移植の場合) ¥550,000
両目(筋膜移植の場合) ¥900,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00