顔の施術について

上まぶたや目の下の余分な脂肪を脂肪吸引して取ることはできるのか?

目もとの手術希望の患者様のカウンセリングをしていると、時々、「私は上まぶたが腫れぼったいのが悩みなので、まぶたの脂肪を脂肪吸引して取ってもらうことはできますか?」「目の下の脂肪の膨らみを脂肪吸引で取ってもらうことはできますか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「上まぶたや目の下の脂肪を脂肪吸引で取ることはできません」です。

脂肪吸引というのは、皮膚に小さな穴を開けて、そこからカニューレという金属製の細い管を入れ、器械で陰圧をかけながら、カニューレの先端で脂肪組織を破壊して吸引除去する手術です。通常は、頬、二重顎の部分、二の腕、胸、お腹、ウエスト、背中、お尻、太もも、ふくらはぎなどに行い、どちらかというと、大量に皮下脂肪がついている部位に、大量に脂肪を除去するという治療です。
そのため、上まぶたや目の下のような繊細な場所に脂肪吸引をすることはできません。もし、上まぶたや目の下に脂肪吸引をしてしまうと、カニューレを動かす動作の際に眼球を傷つけてしまうし、脂肪を取りたい部位から必要な分量だけ的確に脂肪を取ることはできません

二重まぶたミニ切開法や全切開法をせず、上まぶたから脂肪を取りたい場合は、局所麻酔注射をして、上まぶた皮膚に5~10mm程度の切開を行い、そこから眼窩内脂肪を取ることができます。
目の下の脂肪を取る場合は、下まぶたの裏側の粘膜に、炭酸ガスレーザーで小さな穴を開け、眼窩内脂肪を除去することができます。

上まぶたの構造 下まぶたの構造

また、二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術希望の患者様がカウンセリングのときに、「手術のときに、まぶたの余分な脂肪を脂肪吸引で取ってもらえますか?」とご質問いただくことがありますが、その場合は、脂肪吸引で脂肪を除去するのではなく、切開創から眼窩内脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪組織)を切除することになります。

症例写真
■目の下の脂肪を除去して、クマを目立たなくした症例写真


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、目の下のクマを気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、目の下の脂肪が膨らんでおり、脂肪の膨らみの下は窪んで陰になって、クマが目立っていました。
目の下の脂肪を除去して、窪んでいるところにヒアルロン酸を注射するのが良いのですが、同時に行うよりは、まず脂肪を除去して、腫れがおさまってからヒアルロン酸を注射するのが良いので、まず脂肪除去をすることになりました。
手術は局所麻酔下に下まぶたの裏側に炭酸ガスレーザーで小さな穴を開けた、適度な量の脂肪を除去しました。
術後は脂肪の膨らみの部分がほぼ平らになり、クマが目立たなくなりました。
このあとヒアルロン酸を注射すると、張りが出てさらにクマが目立たなくなります。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

目の下の脂肪取り

目の下(片目) ¥250,000 / 目の下(両目) ¥500,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目の下のクマ治療 ヒアルロン酸

1本 ¥100,000 【全院】

目の下のクマ治療 脂肪除去 目の下(片目)

¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目の下のクマ治療 脂肪除去 目の下(両目)

¥500,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目の下のクマ治療 ポラリスRF&ダイオードレーザー 目の下の小じわ

1回 ¥30,000 【東京、横浜、栄、大阪】

目の下のクマ治療 ポラリスRF&ダイオードレーザー 目の下と両頬

1回 ¥50,000 【東京、横浜、栄、大阪】

目の下のクマ治療 金の糸顔全体

¥300,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大