顔の施術について

二重まぶた埋没法は何回までやってよいのか?


重瞼棒によるシミュレーションの様子

よく、埋没法・切開法などの二重手術、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、垂れ目形成、目の下の脂肪取り、涙袋や目の二重まぶたのカウンセリングをしているとよく、「埋没法は何回までやってよいのですか?」と質問されます。

医者によって考え方は多少違うと思いますが、私はせいぜい3~4回までだと考えています。理由は、埋没法を繰り返すことによって、まぶたの中に糸が溜まってしまい、まぶたに負担がかかることがあるからです。

埋没法の糸は通常ナイロンの糸を用います。ナイロンは生体親和性が高く、まずアレルギーなどの異物反応は起きないのですが、異物であることには変わりありません。まぶたに異物が溜まれば溜まるだけ、二重の形がきれいに決まらなくなったり、二重でなく、三重、四重になってしまうこともあるし、何となく異物感を感じるようになることもあります

また、将来ものもらいになったときに、たくさんの糸が入っていると、細菌が糸に付着し、ものもらいが悪化することがあります。埋没法は、いかに少ない本数の糸で長期間維持させるかが重要なのです。そのため、高須クリニックでは1本の糸で無数の点で強力に留める方法で行っております。埋没法をしても短期間で戻ってしまうとわかっている人は、なるべく、ミニ切開法や全切開法などの戻らない手術を選択する方が良いです。

図:二重術の違い


埋没法で戻りやすい人というのは、
・まぶたが厚ぼったい人
・幅の広い二重を作った場合
・アトピーや花粉症などで目をよく擦る人

などです。

その様な人が埋没法をする場合は、少しでも元に戻らないようにするために、作る二重の幅を若干狭くする方が良いです。

そして、3~4回埋没法をしても戻ってしまう場合は、まぶたに負担をかけないために、次はミニ切開法か全切開法をする方が良いです。また、埋没法が取れてしまった後、再び埋没法をする場合、前回の糸は取ることができれば取ることもありますが、ほとんどの場合は取らないことが多いです。理由は、無理して取ろうとすると、余計に腫れてしまったり、傷が残ることがあるからです。特に挙筋法で行ったものは取るのが困難です。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代の女性患者様で、普段アイプチをしており、そのせいでまぶたの皮膚が被れ、皮膚が厚ぼったくなり、まぶたのシワが増えてしまっていました。
まぶたが被れている人は、まぶたを掻く癖があることが多い上、皮膚が厚ぼったくなっていたため、埋没法ではいつか戻ってしまう可能性が高く、ミニ切開法をご提案したのですが、ダウンタイムが取れないなどの理由で、埋没法をすることになりました。
普段のアイプチは、目を閉じて約6mmのところで二重を作っていたので、埋没法も同じところで行いました。
元々蒙古襞の形に左右差があったため、右が微妙な平行型になり、左は末広型になりました。
埋没法は、普段アイプチをしているところで行うと、比較的戻りにくいです。
逆に広げてしまうと、戻りやすいのであまりお勧めではないです。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大