顔の施術について

アイプチやアイテープやつけまつ毛で作ったのと同じ二重を手術で作ることは可能なのか?

二重まぶたのカウンセリングをしていると、よく患者様から、「普段アイプチやアイテープをしているのですが、それと同じ二重を手術で作ることはできますか?」と質問されます。

普通にアイプチ糊やアイテープやつけまつ毛で作った二重に関しては、同じラインで埋没法をすれば、ほぼ同じ二重を作ることができます。ただし、アイプチ糊で作った二重は、皮膚同士を糊でくっつけているため、目を閉じたときや瞬きをしたときが不自然ですが、埋没法の二重はそれがない分自然になります。

アイプチやアイテープやつけまつ毛で作る二重と同じラインでミニ切開法あるいは全切開法をした場合は、ほぼ同じ二重を作ることができますが、余分な脂肪を除去して厚いまぶたを薄くすることができる分、より自然ですっきりとした二重を作ることができます(特に、腫ぼったいまぶたの人や幅広い二重を作る場合はミニ切開法や全切開法が向いています)。

ただし、アイプチ糊で作る二重でも、非常に広い幅でまぶたの皮膚に糊を塗ってくっつけて、無理やりまぶたの開きを良くして目を大きく見せている人や、一度アイプチで二重を作り、その上から更にアイプチをして二段重ねにして無理やり目を大きく見せている人に関しては、埋没やミニ切開法、全切開法だけで同じ二重を作ることができないことがあります。それと同じ二重を作るためには、まぶたの開きを良くして目を大きくする眼瞼下垂手術が必要なことがあります。また、そのように無茶なアイプチの使い方をしている人は、まぶたの皮膚が伸びきってしわしわになっている場合がほとんどなので、二重を作るときに皮膚を切除する必要があることがあります。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代の女性患者様で、普段アイプチをしており、そのせいでまぶたの皮膚が被れ、皮膚が厚ぼったくなり、まぶたのシワが増えてしまっていました。
まぶたが被れている人は、まぶたを掻く癖があることが多い上、皮膚が厚ぼったくなっていたため、埋没法ではいつか戻ってしまう可能性が高く、ミニ切開法をご提案したのですが、ダウンタイムが取れないなどの理由で、埋没法をすることになりました。
普段のアイプチは、目を閉じて約6mmのところで二重を作っていたので、埋没法も同じところで行いました。
元々蒙古襞の形に左右差があったため、右が微妙な平行型になり、左は末広型になりました。
埋没法は、普段アイプチをしているところで行うと、比較的戻りにくいです。
逆に広げてしまうと、戻りやすいのであまりお勧めではないです。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大