わきが・多汗症について

掌(手のひら)、足の裏の多汗症治療ボツリヌストキシン注射はどれくらい効果があるのか?

掌(手のひら)に異常なほど汗をかき、生活に支障をきたすほどの症状があることを手掌多汗症といいます。

人と握手をすることもできない」「ハンドルを握ることもできないので車の運転ができない」など、症状がない人には考えられないほど困っていることが多いです。

また、手のひらと同様に足の裏にも大量の汗をかき、困っている人もたくさんいます。

高須クリニックでは、掌(手のひら)、足の裏の多汗症対策治療として、ボツリヌストキシン注射をおすすめしています。手のひらや足の裏の皮膚の真皮層にボツリヌストキシンを注射すると、汗を出そうとする神経と汗腺の間を遮断し、汗腺からの汗の分泌を抑えることができます


ボツリヌストキシンがエクリン腺に作用し、汗をストップします。

手のひらや足の裏に注射すると聞くと、「凄く痛いんじゃないか?」と不安になる人もいらっしゃるかもしれません。

高須クリニックでは、なるべく痛くないように、強力な麻酔クリームを患部に大量に塗り、ラップで長時間ODTすることによって、麻酔クリームが手のひらや足の裏の皮膚の中まで浸透させてから、極細の注射針で丁寧に注射するようにしています。手のひら、足の裏、指先の腹の部分など、足の分泌量が多い部位を中心に細かく優しく丁寧に注射します。この方法で注射すると、麻酔をしないで注射する場合に比べ、かなり痛みを軽減させることが可能です。注射後の腫れや痛みはごくわずかなので、注射した当日から、ほとんどいつも通りの生活をすることができます

また、高須クリニックでは、質の良いボツリヌストキシンを高濃度で注射するため、汗を減らす効果も強く、比較的長期間効果が持続します。通常、注射してから3~4日程度で効果が現れ始め、6ヶ月程度効果が持続しますが、繰り返し注射することにより、持続効果が長くなったり、ある程度半永久的な効果になっていくことが多いです

この記事の監修医情報
平成11年
  1. 藤田医科大学医学部卒業
平成11年
~平成13年
  1. 藤田医科大学麻酔救急科に勤務
  2. 麻酔科標榜医取得
平成13年
  1. 藤田医科大学大学院入学。
    形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  1. 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  1. Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  1. 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  1. 日本形成外科学会専門医取得
  2. 高須クリニック名古屋院院長

※施術方法や施術の流れに関しましては、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧