くぼみ目修正

老け込ませるくぼみをふっくらと
メスを使わずに、若返るすっきりする

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

あなたの願いを叶える方法

  • あなたの願いを叶える方法 プチ整形の代名詞「ヒアルロン酸注入」 気軽にリーズナブルに、美肌をはじめ実に多くの希望を叶えてくれる「ヒアルロン酸注入」。けれど、施術を受けるにはいくつかの注意点が。希望通りの結果を手にするために、知っておきたいことを高須幹弥医師がお話しします。

Dr.高須幹弥の美容整形講座

アンチエイジングで風船のようにパンパンな顔になっている人は何をしているの?

日本のテレビや雑誌などで活躍する芸能人、あるいはアメリカのハリウッドスターなどには、時々、風船のように顔がパンパンに膨れあがっている人を見かけます。芸能人やハリウッドスター以外の一般人でも、時々顔がパンパンに膨れあがっている人がいます。当の本人達は、そのパンパンになった顔で平然としていますが、・・・

詳しく見る

ヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸の種類だけでなく、注入の仕方によっても、持続期間が異なります

ヒアルロン酸注射は、注入するヒアルロン酸の種類によって、持続期間、持続効果が異なります。一般的に、質の良いヒアルロン酸のほうが持続期間が長く、質の悪いヒアルロン酸は持続期間が短いことが多いです。・・・

詳しく見る

鼻、法令線、バストなどにヒアルロン酸注射した後、次はいつ注射すれば良いのか?注射する間隔について

私が患者様の鼻、顎、涙袋、上まぶたの窪み、唇、法令線などのシワ、バストなどにヒアルロン酸注射をすると、患者様から時々、「次はいつ注射しに来ればいいんですか?」「どれくらいの間隔で注射しに来ればいいんですか?」・・・

詳しく見る

ヒアルロン酸注射は量によって料金、値段が変わるのか? 鼻、顎、涙袋、法令線、額、ゴルゴ線、頬など

「高須クリニックで片方だけの法令線にヒアルロン酸を注射する場合、片方分だけの料金で1本の値段の半額になるのですか?」「鼻にヒアルロン酸を注射するとき、ヒアルロン酸を半分しか使わなかったら、料金も半分なんですか?」「高須クリニックのヒアルロン酸は、0.1ccでいくらですか?」・・・

詳しく見る

同じ部位にヒアルロン酸を繰り返し注射する場合や違う種類の注射をする場合について

ヒアルロン酸注射希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「ヒアルロン酸注射をした後、同じ部位にヒアルロン酸注射する場合は、どれくらい日にちを空けないといけないんですか?」とか、「他院でヒアルロン酸注射をした後、別の美容クリニックで同じ部位に違う種類のヒアルロン酸を注射をすることはできますか?」などのご質問をいただきます。・・・

詳しく見る

ヒアルロン酸注射をした後、サウナに入ったり岩盤浴や半身浴や運動をすると、早く吸収されるのか?

ヒアルロン酸注射希望の患者のカウンセリングをしているとよく、「ヒアルロン酸注射をした後、サウナに入ったり、岩盤浴や半身浴をすると、身体が温まって、ヒアルロン酸が早く吸収されてなくなるとネットに書いてあったのですが、本当ですか?」「ヒアルロン酸注射をした後、運動すると、血行が良くなって、早く吸収されてしまうと人から聞いたのですが、本当ですか?」と御質問いただきます。・・・

詳しく見る

ヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで溶かした後、いつ同じ部位にヒアルロン酸を注射できるのか?

ヒアルロン酸を注射した後、ヒアルロニダーゼでヒアルロン酸を溶解させる場合があります。多いのは、他院で安価な柔らかいヒアルロン酸を鼻に注射して横に広がって鼻が太くなってしまった場合や、目の下や法令線に質の悪いヒアルロン酸を技術がない医者が注射して凸凹になってしまった場合などです。 ・・・

詳しく見る

同じ部位に何回もヒアルロン酸(他の注入物も含む)を注射しても良いのか?

よく患者様に、「同じ部位に何回もヒアルロン酸を注射しても大丈夫なんですか?」と質問されます。ヒアルロン酸はムコ多糖類という物質の一種で、元々人間の体の中にあるものです。通常、顔のシワ、鼻、顎、涙袋、唇、バストなどに用います。生体親和性が高く、人体に馴染みやすいため、間隔を空けて同じ部位に複数回注入しても特別問題はありません。・・・

詳しく見る

高須クリニックがレディエッセを使わない理由

よく、カウンセリングのときやブログのコメントなどで、「高須クリニックでは何故レディエッセを使用していないのですか?」と質問されます。レディエッセというのはハイドロキシアパタイトを主成分とした注入剤の一種で、鼻を高くしたり、顎を出したり、シワを目立たなくしたりするのに用いられます。・・・

詳しく見る

埋没法や切開法などの目の手術をした後はいつからコンタクトレンズをして良いのか?

よく、埋没法・切開法などの二重手術、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、垂れ目形成、下まぶた脂肪取り、涙袋や目の上の窪み、下まぶたのヒアルロン酸注射の後、いつからコンタクトレンズをして良いのか御質問をいただきます。まず、埋没法に関しては、手術直後からでもコンタクトをすることはできるのですが、術後1週間くらいはまぶたの裏の形が変わっているため、…・・・

詳しく見る

ヒアルロン酸注射は数ヶ月〜数年で吸収されるといわれてますが、半永久に残る場合もあります。

ヒアルロン酸注射は、顔のシワ、鼻、顎、涙袋、バストなど、様々な部位に用います。ヒアルロン酸の種類にもよりますが、一般的には数ヶ月〜数年で吸収されてなくなるといわれています。高須クリニックでは、患者様に少しでも長い期間満足していただくために、最も長く持続するヒアルロン酸使用しており、例えば、法令線などの顔のシワに用いるものは平均して2〜3年かけて吸収されるもの・・・

詳しく見る