美容整形の基本

男性がヒゲを脱毛することのメリット・デメリットは?

毎日のヒゲの手入れを面倒に感じ、「ヒゲの脱毛をしたい」と考える男性が年々増えているようです。たしかにヒゲを手入れする頻度が減るのはラク。けれど中には、まったく生えてこなくなるのはどうなのか…と、ためらいを感じる人も。そこで男性がヒゲを医療脱毛することのメリットやデメリットをまとめました。

ヒゲを医療脱毛することはできる? 安全性や仕組みを解説

男性のヒゲというと、剃っても剃ってもすぐに青くなるくらい毛深かったり、生えかけが「ジョリジョリする」くらい剛毛だったりするイメージが強いもの。そんな毛深く剛毛なヒゲも、本当にレーザーを照射するだけで脱毛できるの? ヤケドの危険はないの?と心配になる人もいるでしょう。そこでまずは、医療レーザー脱毛の仕組みや安全性についてお話しします。

そもそも医療レーザー脱毛とは、黒色または茶色に反応するレーザーで毛根や周辺の組織にダメージを与え、発毛をストップさせる施術です。脱毛したい部位にレーザーを照射すると、照射したレーザーや光エネルギーは肌表面を通過し、毛根に含まれる黒い色素(メラニン)に反応して、毛根にエネルギーを集中させようとします。すると瞬間的に毛根周辺に高熱が生じ、毛根に接している毛包や毛乳頭が焼灼されて発毛が止まる=毛が生えなくなるというわけです。

ダイオードレーザー施術

しかしメラニンは毛根だけでなく肌全体に散在しています。肌が日焼けしたり、シミができたりするのもメラニンの影響です。使用する機器やレーザーの波長、出力によっては脱毛のために照射したレーザーが肌のメラニンに反応し、軽いヤケドを起こす危険があります。太く濃い男性のヒゲの場合、そのリスクが高まることも。

そこで高須クリニックでは安全性を考慮し、「ダイオードレーザー」と「メディオスターNeXT」という脱毛機を使用しています(メディオスターNeXTは東京・横浜・名古屋・栄のクリニックのみ)。どちらも医療機関でしか使用ができない医療用レーザーです。エステサロンでは使用することができません。それぞれ以下のような特長があり、太くて強い男性のヒゲも比較的少ない回数で永久脱毛ができます。

  1. ダイオードレーザーの特長
    • 照射ムラができにくい
    • 照射速度が速い
    • 冷却機能付きで照射の痛みを軽減できる
  2. メディオスターNeXTの特長
    • 必要最低限の温度で照射するため、痛みと腫れを抑えられる
    • 重ね射ちの必要がなく、施術時間が短く済む
    • 一度に広範囲の脱毛が可能で、施術回数が少ない

こうしたレーザーで適切な照射が行われると、肌はあまりダメージを受けず毛根と毛包が焼灼されて、半永久的な脱毛ができます。

ちなみに高須クリニックでは、希望があればダイオードレーザーによるテスト脱毛を無料で行っています。希望の部位の一部にレーザーを照射し、肌への影響や発毛の様子、施術の痛みなど、安全性や効果を事前に確認することができます。

ヒゲを医療脱毛することのメリットは?

さて、話をヒゲの脱毛に戻しましょう。医療用レーザーでヒゲを脱毛することには、手入れが楽になる以外に以下のようなメリットがあります。

ポイント

肌荒れ予防

ヒゲを処理するためにカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりすることは肌にとってダメージになり、肌荒れにつながることもあります。医療レーザー脱毛では肌にダメージを与えることがほぼないため、ヒゲの処理による肌荒れを予防できます。

ポイント

ニキビ予防

レーザーの照射には毛穴を引き締める効果もあります。汚れがたまりやすい毛穴を引き締めることで汚れがたまりにくくなり、ニキビの予防にもつながります。

全体的にヒゲ剃り跡やニキビがなくなり、肌がつるんとするので若く見られるようになることも多いようです。

医療レーザー脱毛 ひげ

○○な人には向かない? ヒゲの医療脱毛をすることで生じるリスクやデメリット

メリットがあればデメリットもあるもの。続いてはヒゲの医療レーザー脱毛をすることで生じるリスクやデメリットについて紹介します。

まずはリスクについてです。脱毛のために医療用レーザーを照射することで、個人差はありますが以下のような症状が現れることがあります。

  • 肌のほてり・発赤(照射後/肌が弱い方・敏感肌の方)
  • 一時的な毛嚢(もうのう)炎

毛嚢炎とは毛の根元にある毛包に炎症がおき、吹き出物のようになった状態のことです。毛包炎と呼ばれることもあります。ヒゲ剃りやムダ毛処理の後など、毛穴が傷ついたり皮膚が汗などで湿ったりするとおこりやすいといわれています。軽い痛みやかゆみが生じることがありますが、ひどくならない限り自然に治るのを待ちます。肌のほてりや発赤も同様、一時的なものであることが多いのでまずは様子を見て、必要に応じて治療を行います。

このほかレーザーを照射してから間もない時期に日焼けをすると、シミや色素沈着のおそれがあります。
また日焼けした肌に脱毛レーザーを照射すると、肌のメラニンにレーザーが反応し、やけどをするリスクが生じることも。ただ、こうしたことは施術上生じるリスクであり、デメリットとは少し異なります。
デメリットとして挙げられるのは以下のようなことです。

ポイント

ヒゲが生やせなくなる

医療用レーザーでヒゲを永久脱毛するので、当然のことですがヒゲが生やせなくなります。たとえこの先、ヒゲがブームになっても生やすことができません。役者などヒゲが重要な役割を果たす職業の人には向かないでしょう。また、中東やインドなどで仕事をする可能性がある人にもおすすめはしません。それらの地域では「男性がヒゲを生やしていることは当然」と考えられていることがあり、ヒゲがないとビジネスにおいて交渉の場に立てないこともあります。「商社で働いて世界を飛び回りたい」といった理想を持っている人は、よく考えてからヒゲの脱毛をしたほうがよいでしょう。

ポイント

貫禄がなくなる

ヒゲ脱毛のメリットである「若く見られる」というのは一方で「貫禄がなくなる」というデメリットにもなり得ます。責任ある立場にあるのに若く見られることや童顔をコンプレックスに感じている人は、ヒゲの脱毛に向かないかもしれません。

まとめ

  • 医療レーザー脱毛はレーザーで毛根の周辺にダメージを与え、発毛を永久的にストップする。
  • 安全性が気になる場合、高須クリニックでは無料でテスト脱毛ができる。
  • ヒゲを脱毛すると手入れが楽になるほか、肌荒れやニキビが出にくくなる、肌がなめらかになる、若く見られるといったメリットがある。
  • リスクとしては肌のほてりや発赤、やけど、シミなどの色素沈着、毛嚢炎などがあるが注意をすれば一部は回避できる。
  • 中東やインドなどヒゲ=男性の象徴という風習のある地域で仕事をする可能性のある人は、ヒゲ脱毛をしないほうがよいこともある。そのほか、若く見られるのが嫌な人にも向かない。

関連ページ一覧

▲ページ一番上の戻る

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00