顔の施術について

目頭切開、W法(内田法)、三日月皮膚切除法などの術式の違い、傷跡、経過、腫れ、ダウンタイムについて

目頭切開希望の患者様のカウンセリングをしているとときどき、「手術術式は何法でやるのですか?」「ネットで色々調べると、目頭切開はZ法、W法(内田法)、皮膚切除法、三日月法とか色々な手術術式があるみたいなんですが、どう違うのですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「目頭切開はZ法、W法(内田法)、三日月皮膚切除法など色々ありますが、それぞれ傷跡の形、仕上がり、経過、ダウンタイムなどが違います」「私に関しては、患者様からの特別な注文がない限り、目頭切開のほとんどをZ法で行っています」です。

目頭切開Z法は、蒙古襞の皮膚のつっぱりを切開してフラップにし、蒙古襞の内側に切開して作った切れ込みにフラップをはめ込んで傷跡を縫合する方法です。小さなZで切開すれば小さな変化があり、大きなZで切開すれば大きな変化があるので、顔のパーツのバランスや患者様の希望に合わせて微妙な調節がしやすい術式です。比較的傷が小さく、傷が目頭のシワや溝に一致しやすいため、傷跡が目立ちにくく、術後の腫れ、赤みが引くのが早く、ダウンタイムが短いのが特徴です。また、Z形成でフラップを入れかえる術後であるため、後戻りすることはありません。仕上がりは自然に軽く尖った感じの目頭の形になります。人気のあるモデル、女優、アイドル、歌手のほとんどの人が適度に軽く尖った感じの目頭をしており、ほとんどの患者様も同じような目頭の形を要望されることが多いため、私に関してはZ法で行うことがほとんどです。

目頭切開W法(内田法)は、目頭の皮膚をWの字に切開し、Wの字の尖っている部分の皮膚を切除し、皮膚を引っ張って縫合する方法です。Z法に比べ、丸い感じの目頭の形になることが多く、やり過ぎると、パンチで穴を空けたような不自然な形になることがあります。Z法に比べ、傷が大きく、目立ちやすいため、赤みが引くのも時間がかかり、ダウンタイムが長くなることがあります

三日月皮膚切除法は、目頭の内側の皮膚を切除して縫合するシンプルな術式ですが、傷跡が非常に目立ちやすいうえに、後戻りしやすく、メリットが少ないわりにデメリットが多い方法であるため、私はあまりおすすめできません。

Z法 蒙古ひだの強い人に向いています。傷跡が目立たず、回復が早いことが特徴です。
W法 蒙古ひだを完全に除去し、華やかな目にすることができます。
V法 内側に目を大きく広げることができることが特徴です。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧