顔の施術について

平行型二重を末広型二重にするには?

元々平行型二重の人や、二重まぶた切開法や目頭切開で平行型二重を作った人に対して、手術で末広型二重にすることがときどきあります。その場合、目の中央や外側の二重の幅を変えないで末広型にする場合は、蒙古襞形成を行い、蒙古襞をつくれば、ほとんどのケースは可能です。ただし、蒙古襞形成で蒙古襞を作ると、若干目が離れる感じになるので、寄り目で目を離したい人には向いていますが、そうでない方には向いていないことがあります。

蒙古襞形成以外の方法では、二重のラインから下の皮膚を切除して、全体的にあるいは目頭部分だけの二重の幅を狭くすることによって、末広型をつくることがあります。ただし、この方法だけで末広型になるのは、ある程度蒙古襞があり、目頭側の二重の幅が極端に広くない人に限ります。

蒙古襞がない人や極端に目頭側の二重の幅が広い人は、蒙古襞形成あるいは蒙古襞形成+二重の幅を狭くする手術をする必要があります。

因みに、二重の幅を狭くするには、切開法で皮膚を切除すれば可能ですが、埋没法では不可能であることが多いです。

タイプ別:末広型二重の作り方
  • ■寄り目で目を離したい人
    目の中央や外側の二重の幅を変えないで末広型にする場合は、蒙古襞形成を行い、蒙古襞をつくる
  • ■ある程度蒙古襞があり、目頭側の二重の幅が極端に広くない人
    二重のラインから下の皮膚を切除して、全体的にあるいは目頭部分だけの二重の幅を狭くする
  • ■蒙古襞がない人や極端に目頭側の二重の幅が広い人
    蒙古襞形成あるいは蒙古襞形成+二重の幅を狭くする手術を行う

症例のご紹介

目頭切開せずに二重まぶたミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が被さり、細い目をしていました。
幅が広い二重や不自然な二重は嫌という御要望だったので、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見えるようなデザインで手術することになりました。
元に戻ってしまう二重は嫌ということだったので、埋没法ではなく、ミニ切開法で手術することになりました。
皮膚切除はせず、眼窩内脂肪やROOFも切除しませんでした。
術後は目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える狭い平行型二重になりました。
この方は、元々蒙古襞の張りが弱いため、目頭切開をして蒙古襞の張りを大きく解除しなくても、狭い二重を作るだけで平行型二重になりました。
この方のように、狭い二重を作るだけで平行型二重になる人は、どちらかというと珍しいです。
ほとんどの人は、平行型二重を作るには、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作るか、狭い二重を作ると同時に大きく目頭切開をして、蒙古襞の張りを解除する必要があります。

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目¥148,500(税込)
両目¥275,000(税込)
高須幹弥医師の場合 片目¥192,500(税込)
高須幹弥医師の場合 両目¥385,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【全院】

この記事の監修医情報
平成11年
  1. 藤田医科大学医学部卒業
平成11年
~平成13年
  1. 藤田医科大学麻酔救急科に勤務
  2. 麻酔科標榜医取得
平成13年
  1. 藤田医科大学大学院入学。
    形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  1. 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  1. Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  1. 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  1. 日本形成外科学会専門医取得
  2. 高須クリニック名古屋院院長

※施術方法や施術の流れに関しましては、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧