新型コロナウイルス感染予防対策についての
当院の対応につきまして

顔の施術について

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術をして、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強く目立つことはあるのか?(目を閉じた状態の傷跡の食い込みではなく、目を開けた状態での食い込みについて)

よくメールのお問い合わせなどで、「他院で二重まぶた全切開法をしたのですが、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強くて不自然で整形バレバレの目になってしまいました。二重まぶた全切開法をすると、誰でもこんなふうになってしまうのですか?」「眼瞼下垂手術をして目を大きくしたいのですが、眼瞼下垂手術をすると目を開けたときの二重のラインの食い込みが強くなりすぎて不自然になるとネットに書いてありましたが本当ですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術で二重を作る場合、その人のまぶたに合った自然な二重の幅、デザインで手術した場合は、目を開けたときの二重のラインの食い込みは、自然で程よい食い込みになります」「しかし、その人のまぶたに合っていない二重の幅、デザインで手術した場合は、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強すぎて不自然になったり、逆に弱すぎて不自然になることがあります」です。

二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術は、作りたい二重のラインの位置で皮膚を切開して、その位置で内部処理をし、希望の二重を作ることになります。誰でも、その人のまぶたに一番合った二重の幅、デザインがあるので、そのラインで適切な手術を行い、二重を作った場合は、目を開けた状態で、程よい強さの自然な食い込みになります

しかし、その人のまぶたに合っていない二重の幅、デザインで手術した場合や、適切な手術が行われなかった場合は、目を開けたときの二重のラインの食い込みが強すぎて不自然になったり、逆に弱すぎて不自然になることがあります。

以下に具体例を挙げます。

〈皮膚を切除した場合〉

二重のラインで皮膚を切除すると、まぶたのまつ毛側の薄い皮膚がなくなってしまい、眉毛の厚い皮膚が残ることになります。すると、厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重になり、食い込みが強い二重になります。また、皮膚を切除することにより、開瞼を妨げるものがなくなり、眉毛の位置も下がり、余計に食い込みが強くなります。

〈厚いまぶたの人に二重の幅を広くし過ぎた場合〉

厚いまぶたの人に幅の広い二重を作った場合は、上の方の厚いまぶたの皮膚が折れ曲がる二重になるため、厚ぼったさが強調され、食い込みの強い不自然な二重になることがあります。更に二重の幅を広げると、二重のラインで綺麗に皮膚が折れ曲がらなくなり、逆に食い込みが弱すぎて不自然になることがあります。

〈蒙古襞が発達している人に無理して平行型二重を作った場合〉

蒙古襞が発達している人に平行型二重を作る場合は、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作らなければならないため、上の方の厚いまぶたの皮膚が折れ曲がる二重になり、厚ぼったさが強調され、食い込みの強い不自然な二重になることがあります。

〈眼瞼下垂手術で極端にまぶたの開きを良くし過ぎた場合〉

眼瞼下垂手術で極端にまぶたの開きを良くし過ぎてしまうと、二重のラインが強く奥に引き込まれ、食い込みが強くなりすぎて不自然になることがあります。

症例のご紹介

二重まぶた全切開法で平行型と末広型の中間くらいの二重を作った症例写真の術前術後画像

  • Before

  • After(メイクなし)(4ヶ月後)

  • After(メイクあり)(4ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、二重のラインがないため、まぶたの皮膚が黒目に被さり、細い目をしてらっしゃいました。
患者様のご要望は、
「目を開けた状態で、ちゃんと二重の幅が見えて、奥二重のようになるのは嫌」
「内側(目頭側)に二重のラインが入り込むのは嫌」
「元に戻るのは嫌なので、埋没法ではなく、切開法でしたい」
ということでしたので、目を開けた状態で二重の幅が見えて、二重のラインがやや蒙古襞を乗り越えて、目頭側に入り込まないように重瞼棒でデザインし、二重まぶた全切開法に準じて手術しました。
最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織を切除し、内部処理を行うことにより二重のラインを作成しました。
皮膚やROOFは切除しませんでした。
術後は、二重のラインが蒙古襞のやや上を乗り越えるようにデザインしたため、完全な末広型の二重にはならず、末広型と平行型の中間のような二重になりました。
また、目を開けた状態で、奥二重のようにならず、ちゃんと目頭側から目尻側まで二重のラインの見える二重になりました。

二重まぶた・全切開法

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

二重まぶた・全切開法

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

症例のご紹介

眼瞼下垂手術で眠たそうなまぶたの開きを良くし、同時に一重を二重にした20代女性の症例写真の術前術後画像

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、分厚くて眠たそうな細い目を気にされていました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が厚く、脂肪もたくさんついていました。
まぶたの開きが悪く、一重まぶたであるため、普通に目を開けた状態で黒目が3~4割程度しか出ておらず、余計に目が細く見えていました。
眼瞼下垂手術をして、まぶたの開きを良くし、同時に二重を作ることになりました。
二重まぶた全切開法に準じ、新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転固定し、短縮しました。
開きすぎて、ビックリした目やキツい目にならないように、普通に目を開けた状態で、黒目が7~8割程度出るように調節しました。
二重の幅は、広くし過ぎると、二重のラインの下の皮膚が睫毛の生え際に被さり、その分まぶたの開きが悪くなってしまうため、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える程度の二重を作りました。
日本人特有の蒙古襞が平均的に張っており、広すぎない自然な幅の二重を作ったため、二重のラインが蒙古襞の上を乗り越えず、蒙古襞の中に入り込んだため、必然的に末広型の二重になりました。
目が窪まない程度に眼窩内脂肪とROOFを切除しました。
皮膚は切除しませんでした。
術後は、分厚かったまぶたが程よく薄くなって、まぶたの開きが良くなった上に、自然な二重まぶたになりました。

眼瞼下垂(デカ目整形)

片目(通常の手術の場合) ¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合) ¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合) ¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合) ¥990,000(税込)

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧