顔の施術について

耳介軟骨移植をした後、移植した軟骨を取り除くことはできるのか?

鼻の手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「鼻先に耳介軟骨移植をして、もし元に戻したくなったら、移植した軟骨を取り除くことはできますか?」と御質問いただきます。私の答えは、「術後2週間以内なら移植した軟骨をほぼ全て取ることができますが、2~4週間経過してると全て取るのが難しくなり、それ以上経過してるとあまり取れないことが多いです」です。

耳介軟骨はシリコンプロテーゼなどと違い、異物ではなく自家組織(自分の体のもの)です。自家組織を移植すると、移植した部位に生着し、周りの組織と癒着します。生着して癒着するため移植した部位に馴染み、シリコンプロテーゼなどの異物をいれるのが危険な鼻先にも安全に移植することができるのです。

しかしその反面、移植して年月がたった自家組織は周りの組織に癒着するため、簡単に取ることができなくなり、無理して全部取ろうとすると、癒着している周りの組織まで取らなくてはならないため、取ったところがくぼんでしまうことがあります。そのため、もしも耳介軟骨移植をした後、気が変わり元に戻したくなったら、なるべく早く取り除く手術をしなければなりません。その場合、局所麻酔をして、耳介軟骨移植をしたときの鼻の穴の中の傷から取り除くことをします。早い段階で取り除く手術をすれば、ほぼ元通りの鼻に戻すことができます

症例のご紹介

耳介軟骨移植で鼻先を斜め下方向に出した症例写真

  • Before

  • After(3ヶ月後)

  • Before

  • After(3ヶ月後)

  • Before

  • After(3ヶ月後)

  • Before

  • After(3ヶ月後)

  • Before

  • After(3ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、鼻先が上に上がり気味なことを気にされてました。
診察させていただいたところ、やや鼻先が上がり気味であり、それによって、正面から見て鼻の穴が見えるのが強調されていました。
鼻先に耳介軟骨移植をして、鼻先を斜め下方向に出すことになりました。
術後は鼻先が約3mm斜め下方向に延び、鼻先が上に上がっているのが目立たなくなりました。
また、正面から見て鼻の穴が見えるのが強調されなくなりました。
鼻先を安全な範囲内で出すのはこの程度が良いです。
これ以上耳介軟骨移植で鼻先を出したり、鼻中隔延長術で鼻先を出すと、将来的に鼻先の皮膚が薄くなり、軟骨の輪郭が浮き出て不自然になるリスクがあります。

この記事の監修医情報
平成11年
  1. 藤田医科大学医学部卒業
平成11年
~平成13年
  1. 藤田医科大学麻酔救急科に勤務
  2. 麻酔科標榜医取得
平成13年
  1. 藤田医科大学大学院入学。
    形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  1. 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  1. Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  1. 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  1. 日本形成外科学会専門医取得
  2. 高須クリニック名古屋院院長

※施術方法や施術の流れに関しましては、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧