鼻先が大きく丸い「だんご鼻」、小鼻が大きくふくらんだ「にんにく鼻」。その原因には、次の3のタイプが考えられます。

  1. 鼻の軟骨は発達していないが、皮膚が厚く、脂肪が多くついている。
  2. 皮膚が厚く脂肪が多い上に、鼻の軟骨も張っている。
  3. 皮膚が薄く脂肪も少ないが、鼻の軟骨が張っている。

このうち、①と②に効果があるのが、脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルです。

特に①の軟骨には問題がなく、脂肪のみが原因のタイプに効果を発揮します。注射だけの手軽さで、主に脂肪を溶解して鼻先や小鼻をすっきりと。脂肪をため込む脂肪細胞も溶解するので、術後によほど肥満しない限りリバウンドの心配もありません。

注射する前に麻酔クリームを塗り、麻酔クリームがよく効いてから極細の注射針で注入するので、痛みはそれほど強くありません。
また、注射した直後は薬液を注入した分、鼻が浮腫んでいますが、数時間程度で大きな腫れは引き、当日からでも鼻を含めてメイクすることが可能です。

メカニズム

皮下の脂肪層に脂肪分解酵素を産生する成分や老廃物を排出するリンパの流れを促す成分などをブレンドした薬剤を注入。余分な脂肪を溶解して自然に排出できる状態をつくります。

<注射できる部位>

鼻先や小鼻に注射することができます(水色の部分に注射可能です)。

メソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルは鼻先や小鼻の脂肪を溶解し、鼻先を細くしたり、小鼻をすっきりさせることができます。

ここがポイント

  1. 腫れ・痛みを軽減した顔専用

    これまでの脂肪溶解注射は、脂肪細胞を溶解するために炎症が起き、術後に強い腫れが出ていました。それに比べ、顔専用に改良された脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルは、術後の痛みはほとんどなく、腫れも少なくなりました。体に比べて繊細であり人目につきやすい顔への施術も、躊躇されることなく治療できるようになりました。

  2. たっぷりついた脂肪も繰り返すことで除去

    脂肪溶解注射メソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルは、少し脂肪を落とすだけなら、1回の施術で終了。大量についている場合は、2週間以上あけて繰り返し注射することで、徐々に鼻先を細く、小鼻を小さくしていくことができます。

鼻の軟骨が張り出している「だんご鼻」「にんにく鼻」は?

①皮膚が薄く脂肪も少ないが、鼻の軟骨が張り出している場合

脂肪が少ないタイプでは、メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルでの大きな効果は望めません。鼻の軟骨が大きな原因である場合に向いているのは「鼻尖縮小手術」。軟骨そのものを小さくすることで鼻先や小鼻をすっきりさせます。

皮膚が薄くて脂肪があまりついおらず、軟骨が張り出しているタイプの団子鼻は、鼻尖縮小手術が向いており、メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルだけでは効果が少ないことが多い。

そのような鼻には、「鼻尖縮小手術」で、横に張り出している余分な大鼻翼軟骨を切除すると、鼻先が細くすっきりする。

②皮膚が厚く脂肪が多い上に、鼻の軟骨も張っている場合

軟骨の張り具合にもよりますが、メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルだけでは理想の鼻先や小鼻にならない場合があります。
大きく軟骨が張り出している場合は、まず鼻尖縮小手術を行い、1ヶ月以上経過して落ち着てからメソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルを注射するのがベストの方法といえます。

皮下に脂肪がついていて、尚且つ、軟骨が張り出しているタイプの団子鼻。

まず鼻尖縮小手術で、横に張り出している余分な大鼻翼軟骨を切除するなどの処理を行う。
それだけでも鼻先は細くなる。

鼻尖縮小手術から1ヶ月以上経過して、メソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルを鼻先の皮膚や脂肪に注射すると、更に鼻先が細くなる。

鼻尖縮小をする前にメソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルを注射することもできなくはありませんが、鼻尖縮小の際にもある程度脂肪は除去できるため、先に鼻尖縮小をしてからメソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルを注射するほうが合理的であり、無駄もなく、仕上がりもある程度思い通りになり、綺麗に仕上がることが多いです。

顔、まぶた、鼻専用のメソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルの成分について

顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルの成分について詳しく解説させていただきます。

メソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルは、頬、フェイスライン、顎下などの皮下脂肪の溶解に使用しますが、上まぶたや鼻の脂肪の溶解にも使用します。
代謝を促進、抹消血流やリンパ流を促進し、脂肪の燃焼と老廃物の排出を促します。
主成分はハーブですが、通常の医療でも使用する化学成分も入っているので、より確実な脂肪溶解作用、痩身効果が望めます。
メディカルハーブで肌の引き締めや余分な脂肪を燃焼し、現在医学で確実に脂肪代謝に影響を与える薬品を合わせる「ハイブリット」なものです。
メソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルによって分解、溶解された脂肪は、その場でエネルギーとして燃焼したり、血管から血液中に入り、肝臓を通って胆汁に混ざり、便と共に排泄されたりします。

以下にメソシェイプフェイス顔専用高濃度脂肪溶解メソカクテルの成分について、それぞれ詳しく解説します。

  1. ・パイナップルエキス

    パイナップルの果実から抽出したエキスです。
    ※パイナップルアレルギーの方にはアレルギー症状がでる可能性があるため、施術は控えさせていただいております。

  2. ・ユチャ葉エキス

    ユチャの葉のエキスで抗菌作用、鎮静効果があります。

  3. ・セイヨウトチノキエキス

    セイヨウトチノキ(マロニエ)の種子から抽出したサポニンであり、メディカルハーブです。
    抗炎症作用、浮腫の減少作用があり、注入後の腫れや炎症を抑えます。

  4. ・リドカイン

    局所麻酔液成分。
    リドカインを加えることにより、注入時や注入後の痛みを軽減します。
    これを加えることによって、大量注入が可能になり、強力な脂肪分解作用を増強することができます。

  5. ・エピネフリン

    注入時、注入後の血管収縮作用により、注入後の腫れや痛みを軽減します。

  6. ・メイロン

    注入液をアルカリ性に傾けることにより、注入時、注入後の痛みを軽減します。

こんなお悩みをお持ちの方へ

  1. だんご鼻・にんにく鼻を治したい
  2. 鼻先や小鼻をすっきりと整えたい
  3. 鼻を小さくしたい
  4. 長期間の効果を望んでいる

施術料金

脂肪溶解注射メソシェイプフェイス(鼻先・小鼻)高濃度脂肪溶解メソカクテル(鼻先・小鼻)

鼻先と小鼻に注射する場合 1回 ¥60,000
鼻先にのみ注射する場合 1回 ¥60,000
小鼻にのみ注射する場合 1回 ¥60,000

【全院】

リスク・副作用・合併症について

脂肪溶解注射メソシェイプフェイス(鼻先・小鼻)高濃度脂肪溶解メソカクテル(鼻先・小鼻)

施術後の解説動画

顔専用の腫れが少ない脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルを団子鼻の鼻先、肉厚な小鼻に注射する施術風景動画です。団子鼻を手術で治す鼻尖縮小との違いについても解説しています。

この動画を見た方はこんな動画も見ています

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例のご紹介

団子鼻の鼻先と小鼻へのメソシェイプフェイス(脂肪溶解注射)顔専用高濃度脂肪溶解メソカクテルの症例写真

  • Before

  • After(5回目注射後1ヶ月)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

30代女性の患者様で、団子鼻を改善したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、鼻尖(鼻先の部分)と小鼻の皮膚が厚く、肉厚のある鼻をしてらっしゃいました。
大鼻翼軟骨や皮下脂肪も適度に発達しており、それらが団子鼻を作る要因になっていました。
このような話に対しては、鼻尖形成(鼻尖縮小)手術で、発達して横に張り出している大鼻翼軟骨外側脚を切除して、同時に切除する軟骨上の結合組織のボリュームと皮下脂肪を切除し、その後、残った皮下脂肪に対して脂肪溶解注射メソシェイプフェイス(鼻先・小鼻)高濃度脂肪溶解メソカクテル(鼻先・小鼻)を注射していくのが最も効果があります。
そのことを患者様にお話ししたところ、まずは脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルの注射だけをやりたいというご要望でしたので、脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルの注射をすることになりました。
2週間以上空けて繰り返し鼻尖と小鼻に注射していったところ、5回注射した時点で適度に鼻尖と小鼻の皮膚が薄くなり、団子鼻もある程度改善し、治療終了になりました。
団子鼻に対しては、鼻尖縮小手術あるいは鼻尖縮小手術+メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルが最も有効ですが、手術を希望していない人にはメソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルだけである程度改善させることも可能です。

施術の流れを写真で解説

皮膚が厚く脂肪がついている団子鼻に対する脂肪溶解注射(メソシェイプフェイス)(顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテル)キャプチャ(写真)解説 ~高須幹弥の術式の場合~

非常に皮膚が厚く、脂肪がついている団子鼻です。

また、大鼻翼軟骨が外側に張り出しており、それにより更に鼻先の横幅が広くなっています。
このような鼻には、まず鼻尖縮小手術を行い、外側に張り出している大鼻翼軟骨外側脚とその上に付着する脂肪組織を切除し、それからメソシェイプフェイス(顔専用の脂肪溶解注射)顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルを繰り返し注射するのが最も効果的なのですが、この患者様に関しては、メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルのみを希望されたため、メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルのみを行うことになりました。

最初に、注射する範囲を消毒綿球で広範囲消毒します。

鼻先の横に張っている脂肪に対して薬液を注入します。

針を刺すときの痛みがなるべく軽くなるように、注射する部位の皮膚に、事前に麻酔クリーム(リドカインクリーム)を塗ってあります。
極細の注射針を使用しているので、注射は思ったより痛みを感じません。
また、メソシェイプフェイス顔専用の高濃度脂肪溶解メソカクテルには局所麻酔成分であるリドカインやアルカリ緩衝液である炭酸水素ナトリウムを混入しているため、注入するときの痛みも少ないです。

鼻先の反対側の脂肪にも同じように薬液を注入します。

この方は小鼻(鼻翼)の皮膚の肉厚もあり、小鼻への注射も希望されたため、小鼻にも薬液を注入しました。

反対側の小鼻へも同じように薬液を注入します。

鼻先と小鼻への注射が終わりました。

注射直後は薬液を注入した分は浮腫んで腫れていますが、顔専用のメソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルの注射は、炎症反応がほとんど起こらないため、この腫れは数時間程度でほとんど引いてしまいます。
注射した当日からメイクや洗顔することができます。
1~2週間程度で脂肪や浮腫みが排出され、鼻先と小鼻の皮膚の厚みが少しすっきりします。
繰り返し注射する場合は、前回の注射から2週間以上空ければまた注射することが可能です。
1回の注射によって得られた効果は半永久的に持続するため、注射を繰り返すことにより、更に大きな効果を得ることができます。

今回解説した施術の動画一覧

術前・術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約5分
術後の通院 なし
術後の腫れ ごくわずか
カウンセリング当日の治療 予約に空きがあれば可能
麻酔 クリーム麻酔
シャワー 当日より可能
メイク 当日より可能
洗顔 当日より可能
  • 術後の洗顔、メイク、入浴について

    注射の後は、当日からメイク、洗顔してもらっても大丈夫です。極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射した後は、お帰りいただくまでの間しばらく、氷嚢(アイスノン)で冷していただきます。5~10分程度冷やしていただき、針穴から出血していなければ、メイクをして帰っていただいても大丈夫です。
    もちろん、洗顔もしていただいて大丈夫です。
    入浴に関しては、注射した当日は、身体が温まって血流が良くなることによって、腫れが出やすい状態にあるため、軽めのシャワー程度にしておくのが無難です。どうしても注射した当日に湯船に浸かりたい場合は、ぬるま湯に短時間(5分以内くらい)の入浴くらいに済ませるのが無難です。
    同じ理由で、注射した当日のサウナ浴、岩盤浴も避けるのが良いです。注射した翌日には、普段通りの入浴をしても大丈夫です。サウナ浴、岩盤浴なども翌日から可能です。

  • 術後の運動について

    注射した当日は激しい運動は控えていただくのが無難です。
    極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射後の痛みもほとんどありません。
    しかし、あくまで、針を刺して注入を行っているので、激しい運動をして、血流が良くなると、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、注射した当日に激しい運動をしたことにより、内出血が生じて、青くなってくることもあります。
    注射当日に激しい運動をしたことにより、腫れてきたり、内出血を起こしても、必ず引くし、最終的な仕上がりに特別影響が出ることはまずないのですが、せっかくダウンタイムのないほとんど腫れない治療なのに、腫れや内出血が出てしまうと、悲しいものがあります。そのため、注射した当日は、普通に歩いて帰ったり、家事をしたりする動作くらいは問題ありませんが、激しい筋力トレーニング、ランニング、エアロビクスなどはあえて行わないのが無難です。
    ただし、注射した当日は絶対に運動してはいけない、注射当日に運動をすると取り返しのつかないことになるというわけではないので、注射した当日にどうしても運動したいという人は、腫れや内出血が出る可能性があることを頭の中に入れ、自分の身体と相談しながら運動してください。

リスク・副作用・合併症について

  • アレルギーの可能性について

    顔専用の脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルのリスク、副作用に、アレルギーの可能性というものがあります。

    顔専用の脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルは、天然成分と化学成分を配合しています。天然成分の中には、パイナップルから抽出したメディカルハーブが含まれます。

    よって、パイナップルを食べてアレルギーが出る人に顔専用の脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルを注射すると、アレルギー症状が出る可能性があります。

    そのため、パイナップルアレルギーの方には念のため、顔専用の脂肪溶解注射メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルを注射することを控えさせていただいております。

  • 内出血について

    メソシェイプフェイスなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
    注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
    むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
    内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
    私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
    程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
    しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
    また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

  • 手術後、注射後などの腫れを引かせる漢方薬「治打撲一方」について

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    当院では、手術後や注射後などの腫れを早く引かせる漢方薬「治打撲一方(ヂダボクイッポウ)」を常備しております(現在は名古屋院でのみ常備)。
    治打撲一方は、元来、その名が示すよう、打撲の治療に用いる内服薬であり、江戸時代中期の医者香川修庵によって考えられた薬です。
    患部の血行をよくするとともに、腫れや痛みをやわらげる効果があります。
    打撲以外にも、外科手術後の腫れや痛みに対しても一般的に使われており、美容整形の手術や注射などの後にも使用することができます。

    【治打撲一方の成分】

    漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。

    治打撲一方の構成生薬は下記の7種類です。

    ・桂皮(ケイヒ): クスノキ科カツラの木の樹皮を乾燥させたもの。薬効は、体を温め、痛みを止め、血行を改善する作用があります。

    ・川芎(センキュウ): セリ科センキュウの根茎を乾燥させたもの。薬効は、血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。

    ・川骨(センコツ): スイレン科コウホネの根茎を乾燥させたもの。薬効は、血液循環と水分の循環をよくし、内出血を治す作用があります。

    ・甘草(カンゾウ): マメ科カンゾウの根を乾燥させたもの。薬効は、消化を整え、痛みを止める作用があります。

    ・大黄(ダイオウ): タデ科ダイオウの根茎を乾燥させたもの。薬効は、便通をよくし、血行を改善する作用があります。

    ・丁子(チョウジ): フトモモ科チョウジノキの蕾。薬効は、腹を温め、痛みを止める作用があります。

    ・撲樕(ボクソク): ブナ科クヌギの樹皮を乾燥させたもの。薬効は、皮膚の排膿を促す作用があります。

    桂皮と丁子は発散性の生薬で、患部の熱や痛みを発散して治します。
    大黄と樸樕には収斂作用があり、熱や腫れを冷ます効果が期待できます。
    そのほか、血液循環をよくする川芎、止血作用の川骨、緩和作用のある甘草などが配合されます。
    これらの成分が一緒に働くことで、相乗作用があり、よりよい効果を発揮します。

    用法

    通常、朝昼夕の3回、1包2.5gずつ、食前又は食間に経口服用します(1日3包内服するということです)。
    主に手術後の腫れの強い間に内服します(手術後3日~2週間程度のことが多いです)。
    手術、注射などの治療後に服用を希望される方に処方させていただきます。

    料金

    1包 : \100【名古屋】

  • 内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    高須クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しています(現在は、名古屋院、大阪院で常備)。

    主成分は、ラクトフェリンをナノ脂質(リポソーム)に封入したもので、皮膚に浸透しやすく、お肌に優しいクリームです。
    ラクトフェリンとは、母乳・涙・汗・唾液などの分泌液に含まれる鉄結合性の糖タンパク質です。
    内出血は、赤血球中のヘモグロビンに含まれる鉄の色が大きな素ですが、ラクトフェリンは鉄と結合して排出する作用(鉄キレート作用)が非常に強く、内出血の色を早く消す効果があります。

    また、ラクトフェリンには抗炎症作用や、抗菌作用、抗酸化作用もあり、メタロプロテアーゼ(細胞外マトリックスを分解する酵素)に対するキレート作用もあります。
    サイトカインの過剰な産生を抑制し、炎症部位における白血球の過剰な動員および活性化を阻害する状態になり、内出血の回復に効果が期待されます。
    当院では、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンなどの注射による治療の際、極細の注射針を使用し、細心の注意をはらい、治療しているため、内出血は起こりにくいのですが、体質などの理由により、稀に起こってしまうことはあります。

    目元の手術やエイジングケア手術などでも内出血が生じてしまうことはあります。
    内出血が生じてしまうと、通常、治まるまでに1週間程度かかり、長い場合は2週間程度かかってしまうこともあります。
    その場合、ケラスキンクリームを用いることにより、早く内出血を引かせることができます。

    使用方法

    1日2回、患部の皮膚に塗布し、指で優しくマッサージします。
    1回につき約0.15ml使用しますが、部位によって適宜増減し、調整します。
    薬を塗布し、皮膚に吸収された後、メイクをしていただくことができます。
    手術後の縫合してある傷の部分にケラスキンを塗布することも可能です(抜糸する前の糸がついている傷に塗布することが可能ですが、糸がついている状態の傷にメイクすることは勧めていません)。

    料金

    5ml : \2,000【名古屋、大阪】

ドクターズボイス

高須幹弥医師

高須幹弥 医師

顔の真ん中にあり、顔立ちの印象を大きく決定する鼻。だんご鼻やにんにく鼻の人は、小さな頃から悩み続けているケースが多くあります。脂肪が多いだけが原因なら、注射だけですっきり解決することができることもあります。軟骨が張っている場合は、鼻尖縮小手術という方法があります。その方の状態をしっかり判断して、メソシェイプフェイス高濃度脂肪溶解メソカクテルのみ、鼻尖縮小手術のみ、もしくは両方を行う…最適な方法を提案させていただきます。長年の悩みとさよならして、すっきり美しく整った鼻を手に入れるために、ご検討ください。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00