もっと詳しく美容整形を勉強したい方のための Dr.高須幹弥の美容整形講座

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

顔の施術について

鼻に入っているシリコンプロテーゼを抜くのと同時にヒアルロン酸を注射することはできるのか?

よく鼻にシリコンプロテーゼが入っている患者様で、プロテーゼを抜いて、同時にヒアルロン酸を注射したいという方がいらっしゃいます

プロテーゼを抜きたい理由は、「他院でプロテーゼを入れたけど、形が気に入らないから」、「L型プロテーゼが危険だということは知らず、他院でL型プロテーゼを入れてしまったから」、「何十年も前にプロテーゼを入れ、棺桶に入る前に取ってしまいたいから」、「何となく異物が入っていることに抵抗があるから」など様々です。

プロテーゼを抜いてしまうと、ほぼ元通りの鼻に戻るため、当然プロテーゼが入っていたときの鼻よりも低くなります。すると、友人や職場の同僚に、今までプロテーゼが入っていたことがバレてしまうので、バレないように、ヒアルロン酸を注射して、鼻を高くしておきたいということです。

プロテーゼを抜くのと同時にヒアルロン酸を注射することは、私に関しては、患者様が希望されればさせていただくことはあります。その場合、プロテーゼの入っていたスペース内や皮下にヒアルロン酸を注射することになりますが、プロテーゼが入っていたときよりも鼻を高くすることはできないことが多いです

ヒアルロン酸は、固体であるシリコンプロテーゼと違い、軟らかいジェル状の液体であるため、プロテーゼが入っていたスペース内に注射する場合、入っていたプロテーゼの体積を越える量のヒアルロン酸を注入すると、プロテーゼを除去するために切開した鼻の穴の中の傷口からヒアルロン酸が流れてしまいます。

また、皮下に注射する場合も、プロテーゼを抜いた直後だと、たくさん皮下に注入しようとすると、皮下からプロテーゼの入っていたスペース内にヒアルロン酸が入ってしまうので、皮下にはわずかしか注入できません。そのため、プロテーゼの抜くのと同時にヒアルロン酸を注射する場合は、鼻の状態にもよりますが、プロテーゼが入っていたときよりもわずかに低い状態になります。わずかに低いといっても、せいぜい0.5〜1.0mmくらいのことが多いので、プロテーゼを抜いただけの状態に比べれば、友人や職場の同僚に気付かれる可能性ははるかに低いです