症例写真

患者様の希望で二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(2年後)
 
  After(2年後の目を閉じた状態)
 
  After(2年後のメイクありの状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術を希望されていました。
診察させていただいたところ、普段アイプチやアイテープをしているためか、弱い二重の癖のようなラインができていました。
しかし、そのラインは非常にくい込みの浅いラインで、しかも左右非対称の幅になっていました。
患者様は、「agehaモデルの◯◯◯◯ちゃんのような幅広平行型になりたい」というご要望であり、「埋没法だと戻ってしまいので、切開法でやりたい」ということでした。
二重まぶたミニ切開法(部分切開法、小切開法)に準じて、新しく作る二重のラインに沿って約2cm皮膚切開し、幅広い平行型二重を作りました。
眼窩内脂肪は適量切除しましたが、ROOFはそれほど発達していなかったため、術後に目が窪むことを懸念し、切除しませんでした(どちらにせよミニ切開法なのでROOFはほとんど切除することはできません)。
手術後は患者様のご希望通りの幅広平行型二重になりました。
そこそこまぶたの皮膚が厚いのにも拘わらず、多少無理して幅広い二重を作ったため、目を開けた状態で二重のラインのしたの皮膚が少しぷっくり膨らんでハムのようになって、まつ毛の生え際に覆い被さり、ややまつ毛の生え際が隠れ気味ですが、患者様には満足していただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
くい込みの弱い不安定中で左右非対称の二重まぶたです。
患者様のご希望で、二重まぶたミニ切開法でagehaモデルのような幅広平行型二重を作ることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れています。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
傷跡は細かく丁寧に縫合してあります。
6日後
目を開けた状態
6日後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出ていませんが、まだまだ腫れがあり、二重の幅が非常に広い状態です。

目を閉じた状態
6日後の抜糸直後の目を閉じた状態です。
抜糸直後なので傷跡はまだ赤く、食い込んでいます。
3週間後
目を開けた状態
3週間後です。
まだまだ腫れがあり、予定の二重幅より広いです。

目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
食い込みはだいぶ改善しましたが、まだ傷跡の赤みがあります。
2ヶ月後
目を開けた状態
2ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ腫れはあります。

目を閉じた状態
2ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだわずかに傷跡の赤みと食い込みがあります。
2年後
メイクなし
2年後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

目を閉じた状態
2年後の目を閉じた状態です。
傷跡の赤みは消え、食い込みも目立ちません。

メイクあり
2年後のメイクありの状態です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大