症例写真

口角ボトックスで下がっている口角を上げた40代後半女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

40代後半の女性患者様で、下がっている口角を上げたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体が老化してたるんでいました。
頬とフェイスラインがたるんでいることにより、口角もたるんで下がっていました。
老化によるたるみで口角が下がっている場合は、ミニリフト、フェイスリフトなどのリフトアップ手術で頬やフェイスラインのたるみを上げることにより、口角を上げるのが望ましいです。
また、イタリアンリフトなどの糸のリフトアップ手術や、ウルセラなどの照射系のリフトアップ治療でも効果はあります。
この患者様は、まずは、最も簡単にできる口角ボトックス注射をすることを希望されました。
口角を下げる筋肉である口角下制筋にボトックス注射を2ヶ所ずつ行いました。
注射後は、口角を下げる筋肉が緩み、相対的に口角を上げる筋肉が緊張して、口角が上がりました。
程よく自然に口角が上がったため、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
治療前
治療前です。
口角下制筋にボトックス(ボツリヌストキシン)を注射し、口角を上げることになりました。
注射直後
注射直後です。
腫れはほとんどでません。
注射した当日から、ほぼ普段通りの生活ができます。
2~3日後くらいから徐々に効果が現れ始め、1週間くらいでしっかりと効果がでます。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
口角が上がっているのがわかります。
効果は約6ヶ月持続します。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大