【施術クリニック】東京、横浜、名古屋、大阪

特徴

コンビネーション法吸引法+剪除法の特徴

「ワキのニオイが気になってしょうがない」「他人に指摘されることもある」という方に効果的なのが、軽度用のクイック法吸引法と強い臭い用の剪除法を組み合わせた『コンビネーション法吸引法+剪除法』です。
手術では、まずワキの下に数ミリ程度の穴をあけ、極細のカニューレでニオイのもととなるアポクリン汗腺を吸引するクイック法吸引法を行います。その後、ワキ下の皮膚を1cm程切開し、人より多いことでわきが臭の原因となっているアポクリン汗腺を、さらに除去していきます。2段階の手術ですが、約50分程度で終了。術後の痛みもほとんどなく、腫れも少なく、当日からシャワーもOKです。
クイック法吸引法に加え、剪除法を取り入れた方法なので、中程度のわきがなら有効です。また、わずかですが術後に汗量が減るという効果も出ています。

コンビネーション法吸引法+剪除法のメカニズム


中央のアポクリン腺とエクリン腺の多い部分は外科的に除去し、周囲は吸引するため、臭いも汗も適度に減少します。

ページトップへ戻る

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

コンビネーション法吸引法+剪除法

¥200,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

コンビネーション法吸引法+剪除法コンビネーション法吸引法+剪除法

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 中程度のわきが臭の方
     
  • わきが治療をしたいが、あまり時間がとれない

ページトップへ戻る

他の施術との比較

  クイック法吸引法 コンビネーション法吸引法+剪除法 剪除法 ボツリヌストキシン注射(わきが・多汗症) わきが・多汗症のミラドライマイクロ波照射(わきが・多汗症)
手術時間 約30分 約50分 約60~120分 約10分 約60~90分
値段 ¥150,000 ¥200,000 ¥300,000 わき(両側)・手のひら(両手)・足の裏(両足)
各 ¥150,000

¥100,000~200,000
¥350,000
臭いへの効果 (+) (++) (+++) (++) (+++)
アポクリン汗腺
除去率
(約50%除去) (約60~75%除去) (約90~95%除去) 汗の量を抑えることにより、雑菌の繁殖を抑え、臭いも抑える。また、臭いが周囲に広がるのを抑える。 アポクリン汗腺の発汗機能を抑えることで、臭いを抑える。
汗への効果 わずかに効果あり
(±)
軽度効果あり
(+)
効果あり
(++)
非常に効果あり
(+++)
非常に効果あり
(+++)
手術の安静 1週間 軽い固定 1週間 固定 1~2週間 固定 通常通り生活できます。 通常通り生活できます。(数日間激しい運動は控える)
ほとんど目立たない5mm程度の傷が残ります。 シワに沿った一本の線状の傷が残ります。(あまり目立ちません。) シワに沿った一本の線状の傷(あまり目立ちません) 残りません 残りません。
術後のワキ毛 ほとんど変わらない 少しうすくなる 大分うすくなる 変わらない 大分うすくなる
入院の必要性 なし なし なし なし なし

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約50分
術後の通院 1回
術後の腫れ わずか
カウンセリング当日の治療 予約状況によるが当日は出来ない可能性が高い
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■ワキガの臭いが100%なくなることは絶対にあり得ないことについて

コンビネーション法吸引法+剪除法の注意点に、ワキガの臭いが100%完全になくなることは絶対にあり得ないということがあります。

この手術は、外科的に、臭いの元のアポクリン汗腺と汗の元のエクリン汗腺を除去する治療です。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺は、ワキ毛の生えている範囲に集中して存在するため、基本的にワキ毛の生えている範囲、あるいはワキ毛の生えている範囲+その周囲のアポクリン汗腺とエクリン汗腺を除去するのですが、どれだけ徹底的に除去しても、100%アポクリンがなくなることはありません。

どれだけ徹底的にアポクリン汗腺を除去しようとしても、必ずわずかにはアポクリン汗腺に残るし、それでも無理して100%アポクリン汗腺を除去しようとしてしまうと、皮膚が壊死し、拘縮や醜形瘢痕、機能障害が残ってしまいます。

また、アポクリン汗腺はワキ毛の生えている範囲だけでなく、量や数は少ないですが、その周囲にも広く存在します。

その周囲のアポクリン汗腺を手術で全て除去することは物理的に不可能です。

ただ、手術を行うことにより、かなりの量のアポクリン汗腺を除去することはできるため、わずかなアポクリン汗腺が残っても、ワキガではない人のアポクリン汗腺の量、臭いまでもっていけることが多いです。

そもそも、日本人で、ワキガではない通常の人でもアポクリン汗腺は存在します。

ワキガではない人がたくさん汗をかいてずっと同じシャツを着ていれば、多少ワキガの臭いはするのです。

ワキガの人は、日本人の平均よりアポクリン汗腺の量が多いため、平均よりワキガの臭いが強いだけなのです。

そのため、ワキガの手術をしてアポクリン汗腺の量が平均レベルになっても、たくさん汗をかいて、シャワーも浴びずにずっと同じシャツを着続けていれば、当然、わずかなワキガの臭いはすることはあります。

しかし、それは元々ワキガではない人でも同じことは起こるわけだし、アポクリン汗腺が全くなく、全く臭いがない人自体存在しないので、心配することではありません。

■傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性について

ワキガコンビネーション法のリスク、副作用に、傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性というものがあります。

ワキガコンビネーション法は、アポクリン汗腺を吸引器で吸引した後、ワキ毛の生えている範囲の皮膚をメスでシワに沿って切開して、臭いの元であるアポクリン汗腺を除去し、傷を細い糸で丁寧に縫合します。

手術をした部位は線状の傷跡が残ります。

手術をして3ヶ月くらいの間は傷跡が赤くなったり、盛り上がったりして、多少目立つことがあり、その傷の状態のことを肥厚性瘢痕といいます。

個人差がありますが、通常、手術後3ヶ月くらいがピークで肥厚性瘢痕になり、赤みや盛り上がりが生じることが多く(これも個人差があり、体質によってはほとんど肥厚性瘢痕にならない人もいます)、その後は3ヶ月から1年くらいかけて赤みや盛り上がりが引いていき、白く平らな目立たない傷跡になっていきます。

ただし、稀に、肥厚性瘢痕の赤みや盛り上がりが引くのにもっと時間のかかる体質の人もいらっしゃいます。

また、ケロイド体質の人は、肥厚性瘢痕よりも盛り上がるケロイドになることもあります。

肥厚性瘢痕の赤みや盛り上がりがなかなか引かない場合やケロイドになった場合は、傷跡の盛り上がりを早く引かせるステロイドホルモンを傷跡に直接注射する治療などをさせていただくことがあります。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

服部良光医師

ニオイの強弱の診断は、当院のわきが専門医にお任せください。自分ではとても気になるのに、意外と軽度や中程度と診断される場合も。あなたの場合に合わせて、最適な方法を提案します。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大