対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
60代 / 女性
診療科目
眼瞼下垂(がんけんかすい)
症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,Before,ba_ganken042_b01.jpg

Before

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,After(6ヶ月後),ba_ganken042_b01.jpg

After(6ヶ月後)

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,Before,ba_ganken042_b02.jpg

Before

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,After(6ヶ月後の目を閉じた状態),ba_ganken042_b02.jpg

After(6ヶ月後の目を閉じた状態)

60代女性の患者様で、眼瞼下垂を主訴に来院されました。
診察させていただいたところ、明らかに右目が眼瞼下垂であり、腱膜性眼瞼下垂、老人性眼瞼下垂であると思われました。
患者様とお話ししたところ、右目の眼瞼下垂手術を行い、左目に合わせることになりました。
手術は局所麻酔下に行い、挙筋腱膜を瞼板に縫合固定し、左目と同じくらい目が開くようにしました。
手術後はほぼ左右対称の目になり、バランスがとれました。

料金

眼瞼下垂(がんけんかすい) 片目(通常の手術の場合)
¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合)
¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合)
¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合)
¥990,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

術後の経過

手術前

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,手術前,mainpic_ganken042a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
右目が眼瞼下垂です。
右目の眼瞼下垂手術を行って左側に合わせることになりました。

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,手術前,mainpic_ganken042b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前の目を閉じた状態です。

手術直後

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,手術直後,mainpic_ganken042c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,手術直後,mainpic_ganken042d.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術直後の目を閉じた状態です。

6日後

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,6日後,mainpic_ganken042e.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6日後です。
抜糸をしました。

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,6日後,mainpic_ganken042f.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6日後の目を閉じた状態です。

3週間後

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,3週間後,mainpic_ganken042g.jpg
高須幹弥医師からのコメント

3週間後です。
まだわずかに腫れがあります。

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,3週間後,mainpic_ganken042h.jpg
高須幹弥医師からのコメント

3週間後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,6ヶ月後,mainpic_ganken042i.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

症例写真,片目の眼瞼下垂手術を行い、左右差を治した60代女性の症例写真,6ヶ月後,mainpic_ganken042j.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後の目を閉じた状態です。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

眼瞼下垂(がんけんかすい)

20代女性の患者様です。
以前に他所の美容外科クリニックにて全切開法で幅広平行の二重を作ったのですが、気に入らず、修正希望で来院されました。
目を閉じた状態で約11mmの位置で切開してありました。
この方は元々まぶたの開きが良くなく、軽い眼瞼下垂だったため、そのような方に幅広の二重を作ると、綺麗にまぶたが開かず、このように眠たそうな目になってしまいます。
また、内部処理が十分にされていなかったため、二重のラインがはっきりせず、それによって左右差もありました。
この方の御希望は、二重の幅は少し狭くなっても良いので、まぶたの開きを良くして、綺麗な平行型二重を作り直して欲しいということでした。
手術は前回の切開線を含めて切開線より下の皮膚を1mm切除し、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして、目を閉じた状態で10mmの位置で二重を作り直しました。
また、蒙古ヒダが発達していたため、目頭切開のZ法を行い、蒙古ヒダを解除しつつ、目を内側に1.5mmずつ広げました。
術後は目を開けた状態での二重の幅はやや狭くなりましたが(2.0mmくらいになりました)、目ヂカラがついてまぶたが大きく開くようになり、目頭切開もしたため、より綺麗な平行型二重になって、ハーフっぽい印象になりました。
また、目の手術以外にも眉間から鼻根部にかけてシリコンプロテーゼを入れ、鼻筋が通り、よりハーフっぽくなりました。

続きを見る

料金

片目(通常の手術の場合)
¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合)
¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合)
¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合)
¥990,000(税込)

全院

片目
¥148,500(税込)
両目
¥275,000(税込)
高須幹弥医師の場合 片目
¥192,500(税込)
高須幹弥医師の場合 両目
¥385,000(税込)

全院

50代女性の患者様です。
左目の眼瞼下垂を主訴に来院されました。
この方はハードコンタクトレンズを30年間装用されていたため、ハードコンタクトレンズと老化現象が原因の腱膜性眼瞼下垂だと考えられました。
コンタクトレンズを長期間装用していると、常にまぶたの裏をコンタクトレンズが摩擦刺激している状態になるため、挙筋腱膜(まぶたを開ける筋肉の腱膜)が瞼板(まぶたの先端にある軟骨)から外れてまぶたが開けずらくなり、腱膜性眼瞼下垂を引き起こします(ソフトよりハードに起こり易いです)。
腱膜性眼瞼下垂はコンタクトレンズ以外にも、老化現象、アトピーや花粉症でまぶたをよくこする行為、白内障手術などの際の機械的刺激等によっても引き起こされます。
この方は左目の下垂が顕著でしたが、右目も軽度の下垂を呈していたため、両目の手術をすることになりました。
術前は目の開きに左右差があり、目の開きが悪いことによって目の上が窪んで二重のラインもきれいではなかったのですが、術後は左右差もなくなり、目の上の窪みも解消され二重のラインもきれいになりました。
目の上が窪んでいる方は、実は眼瞼下垂が原因の方も多いので、ヒアルロン酸注射よりも眼瞼下垂手術をするほうが適していることがあります。

続きを見る

料金

片目(通常の手術の場合)
¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合)
¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合)
¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合)
¥990,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、二重まぶたの手術や目を大きくする手術などを希望されていました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、普段アイプチをやり続けているせいか、まぶたの皮膚が被れて厚くなっていました。
また、全体的に目が小さく、まぶたの開きが悪い上に目の横幅も小さい状態でした。
カウンセリングで患者様とお話しした結果、患者様は幅広平行型二重を希望されていたので、眼瞼下垂手術で幅広平行型二重を作り、同時に目頭切開と目尻切開を行い、目の横幅も内側と外側に広げることになりました。
元々やや目の上が窪み気味であったため、眼瞼下垂手術では眼窩内脂肪やROOFは切除しませんでした。
目頭切開はZ法で2mm弱ずつ程度内側に広げ、目尻切開は自然な範囲内で最大限約1.5mmずつ程度外側に広げました。
手術後は患者様の希望されていた幅広平行型二重になり、眼瞼下垂手術と目頭切開と目尻切開により目全体が一回り大きくなりました。

続きを見る

料金

片目(通常の手術の場合)
¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合)
¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合)
¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合)
¥990,000(税込)

全院

片目
¥148,500(税込)
両目
¥275,000(税込)
高須幹弥医師の場合 片目
¥192,500(税込)
高須幹弥医師の場合 両目
¥385,000(税込)

全院

片目
¥148,500(税込)
両目
¥275,000(税込)
高須幹弥医師の場合 片目
¥192,500(税込)
高須幹弥医師の場合 両目
¥385,000(税込)

全院

20代半ばの男性です。
目つきが悪いと言われるので目元を改善したいとのことで来院されました。
診察すると一重まぶたで眼瞼下垂の症状も有り三白眼(黒目の内側・外側・下側の白目が見えること)になっていました。三白眼は生まれつきのこともありますし、眼瞼下垂の症状を和らげようと無意識に眼球を上転させておこっていることもあります。
このような状態なので眼瞼下垂の手術を行い、目を大きくしてさらに二重まぶたとし優しい目元にすることとしました。
眼瞼下垂の手術時に同時に二重まぶたを作ることは通常は追加料金なし(たるんでいる皮膚を除去するなどの特別な処置を行わない場合)で行っています。
手術直後はさすがに腫れが目立っています。二重まぶたは末広二重と平行二重の中間くらいの幅で作りました。眼瞼下垂の手術は手術後少しあと戻りするので、手術直後は閉じても少し細目が開いてしまうぐらいに調節するのがコツです。
3ヶ月で傷跡も目立たなくなってきました。三白眼も完全ではないですが手術前よりも改善しています。ずい分やさしい目つきになりました。
手術後6ヶ月も写真を撮る予定でしたが来院されず連絡もつかなくなってしまいました。
モニターさんは少なくとも手術後6ヶ月までは来院してくださいね。

続きを見る

料金

片目(通常の手術の場合)
¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合)
¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合)
¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合)
¥990,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、目のご相談で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ一重まぶたであり、普段アイプチやアイテープをしているせいか、弱い二重のラインのようなシワが何本かありました。
適度に蒙古襞が張っていました。
患者様は、「平行型二重にして、目を大きくして、パッチリした印象にしたい」というご要望でした。
「パッチリした印象」という表現は非常に抽象的な表現なのですが、若い女の子が「パッチリ」というのは、たいてい目の開きがいいことや二重の幅が広いことをいっているので、私が患者様の望んでいるであろう二重のラインを予想して、蒙古襞を乗り越えて最も狭い平行型二重になるように重瞼棒で二重を作って患者様に見せたところ、「こんな感じでいい」とおっしゃったので、そのラインで二重のラインを作ることになりました。
可能な限りパッチリするように、眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くすることになりました。
術後はほどよく幅が広すぎない平行型二重になり、まぶたの開きが良くなったことにより、黒目がほぼ9割近く露出するようになりました。
患者様の希望する「パッチリ」した二重になりました。

続きを見る

料金

片目(通常の手術の場合)
¥385,000(税込)
両目(通常の手術の場合)
¥770,000(税込)
片目(筋膜移植の場合)
¥605,000(税込)
両目(筋膜移植の場合)
¥990,000(税込)

全院

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧