対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
20代 / 女性
診療科目
なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)
症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,Before,ba_namida013_b01.jpg

Before

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,After(ヒアルロン酸注射後1ヶ月),ba_namida013_b01.jpg

After(ヒアルロン酸注射後1ヶ月)

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,Before,ba_namida013_b02.jpg

Before(笑った状態)

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,After(ヒアルロン酸注射後1ヶ月の笑った状態),ba_namida013_b02.jpg

After(ヒアルロン酸注射後1ヶ月の笑った状態)

20代女性の患者様で、涙袋を作りたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、笑っていない真顔の状態だと、ほとんど涙袋が見られませんでした。
笑うと、涙袋を構成する下眼瞼の眼輪筋が適度に収縮して盛り上がり、涙袋が現れる状態でした。
ヒアルロン酸注射で涙袋を膨らませることになったのですが、患者様はある程度しっかりした涙袋が欲しいというご希望であり、私がいつもやっている通り、少しずつヒアルロン酸を注入し、その都度鏡で確認していただくようにしました。
適度に硬さがある涙袋専用のヒアルロン酸を少しずつ注入して、患者様にその都度鏡で確認していただき、お話ししながら施術しました。
患者様が納得される形になるように涙袋を作り、治療を終了しました。
治療後は、程よく張りのある大きさの涙袋になりました。
適度に硬さがあるヒアルロン酸を使用したため、軟らか過ぎるヒアルロン酸で行った場合に比べ、下に広がらないで、過度に縦幅が広すぎない涙袋になりました。

術後の経過

治療前

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,治療前,mainpic_namida013a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

治療前です。
笑っていない状態だと、涙袋はほとんど見られません。
涙袋にヒアルロン酸を注入することになりました。

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,治療前,mainpic_namida013b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

治療前の笑った状態です。
笑うと涙袋を構成する筋肉である眼輪筋が収縮して膨らみ、涙袋が少し現れます。
笑うことにより下眼瞼の眼窩内脂肪が膨隆するため、目袋も現れています。
特に左の目袋が強く膨らむため、目袋と涙袋が合体し、左右差が見られます。

ヒアルロン酸注射直後

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,ヒアルロン酸注射直後,mainpic_namida013c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

ヒアルロン酸注射直後です。
なるべく左右差がでないようにバランスを確認しながら注入しました。
注射直後は浮腫みもあるため、腫れが引くと、直後の状態より2~3割程度涙袋が小さくなることが多いです。
わずかに内出血が見られますが、この程度の内出血であれば1週間以内に引いてしまいます。

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,ヒアルロン酸注射直後,mainpic_namida013d.jpg
高須幹弥医師からのコメント

ヒアルロン酸注射直後の笑った状態です。
笑うと眼輪筋が収縮して膨らむため、更に涙袋が大きくなります。

1週間後

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,1週間後,mainpic_namida013e.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
腫れはほとんど引いています。
内出血も完全に消えています。

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,1週間後,mainpic_namida013f.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後の笑った状態です。
笑うと涙袋が大きく膨らみます。

1ヶ月後

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,1ヶ月後,mainpic_namida013g.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
ヒアルロン酸はほとんど吸収されていません。

症例写真,なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)の症例 涙袋を作りたいというご要望の20代女性,1ヶ月後,mainpic_namida013h.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後の笑った状態です。
ヒアルロン酸はほとんど減っておらず、維持されています。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)

20代女性の患者様で、涙袋のヒアルロン酸注射を希望されていました。
診察させていただいたところ、元の涙袋はわずかしかなく、少し眼輪筋の盛り上がりがある程度でした。
患者様はやや大きめの涙袋を希望されていました。
少しずつ涙袋にヒアルロン酸を注入していき、その都度患者様に鏡で確認していただきました。
約0.2ccずつ左右の涙袋にヒアルロン酸が注入された時点で終了になりました。
注射後は患者様の希望通りのやや大きめの涙袋になり、8ヶ月後でも注入したヒアルロン酸は十分に残っていました。
もう涙袋メイクをしなくてもしっかりした涙袋がある状態になりました。

続きを見る

料金

ヒアルロン酸
¥110,000(税込)

全院

20代の女性の方です。
鼻根部(鼻の目と目の間の部分)がやや低く、目と目が離れて見えたので、ヒアルロン酸を1本(1cc)注入しました。
鼻根部が高くなったことによって綺麗に鼻筋が通りました。
また、目が離れて見えていたのが少し解消しました。
実際には目は内側に寄っていないのですが、目と目の間に立体的な鼻根ができると、目の錯覚で目が内側に大きくなったように見えます。
涙袋は元々ほとんどなかったので、両目にごくわずかだけヒアルロン酸を注入しました。
涙袋をつくるメリットは3つあり、目が大きく見える、爽やかで明るい笑顔になる、ハツラツとして見えるということです。

続きを見る

料金

ヒアルロン酸
¥110,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、涙袋を作りたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、多少涙袋はあるのですが、それほど大きくありませんでした。
また、ややつり目で、少しキツい印象の目をしてらっしゃいました。
元々ある小さい涙袋にヒアルロン酸を注射して、涙袋を大きくすることになりました。
涙袋専用のヒアルロン酸を約0.2ccずつ注入しました。
注射後はぷりっと張りのある綺麗な涙袋ができ、優しい印象の目になりました。
涙袋は若さと笑顔の象徴であるため、涙袋を膨らませて大きくすると、キツい印象の目が優しくなります。
また、高須クリニックで使っている涙袋専用のヒアルロン酸は、下まぶたの薄い皮膚を綺麗に膨らませることができる適度な大きさの粒子で、適度な密度で充填されています。
そのため、自然で張りのある涙袋を作ることができ、流れたり広がったりして、縦幅の広い不自然な涙袋になることはありません。

続きを見る

料金

ヒアルロン酸
¥110,000(税込)

全院

しっかりとした二重の目ですが、ご本人はなんとなく淋しい顔立ちだと感じていました。愛くるしい印象になりたいということで、物足りなかった目もとになみだ袋をつくることになったのです。
なみだ袋は、若いときにはあっても年齢とともになくなっていくもの。また、笑顔になると強調されるもの。ほんの少しでもなみだ袋があると、ハツラツと笑顔があふれた印象になります。

続きを見る

料金

ヒアルロン酸
¥110,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、涙袋のヒアルロン酸注射を希望されていました。
診察させていただいたところ、元々小さな涙袋はあるのですが、盛り上がりが少ない状態でした。
患者様はやや大きめのはっきりとした涙袋を希望されていたので、ヒアルロン酸注射でやや大きめの涙袋を作ることになりました。
ヒアルロン酸を注射する際は、少しずつ注入し、その都度患者様に鏡で確認していただくようにしました。
左右の涙袋に約0.25ccずつ注入した時点で患者様に納得していただき、完了しました。
腫れが引いた後も、はっきりとしたメリハリのある大きめの涙袋を維持できています。

続きを見る

料金

ヒアルロン酸
¥110,000(税込)

全院

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧