笑った時の目の下のふくらみが“なみだ袋”。よく観察すると、女優やアイドルはなみだ袋のある人がとても多く、愛くるしい笑顔の重要なポイントになっています。
ふっくらとたおやかな目のふくらみは、ヒアルロン酸を目の下に注入して作ります。ヒアルロン酸の場合は、約1年間十分な効果が持続し、約2~3年かけて徐々に体内に吸収されます。

高密度なヒアルロン酸を使用

肌への効果の高さを考え、純度の高い長期持続型のヒアルロン酸を厳選。高須クリニックでは、中国産の注入物は一切使用していません。

一般的なヒアルロン酸:密度が低く、架橋が少ないため、早く吸収される→当院採用のヒアルロン酸:密度が高く、架橋が多いため、効果が長く持続する

術中も術後も快適に

クリームによる麻酔をし、極細の針による注射でヒアルロン酸を注入しますので、術中の痛みは少なくて済みます。術後の腫れや痛みもわずかで、施術当日から普段と変わらない生活が送れます。

麻酔クリーム

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

麻酔クリームを塗る様子

こんなお悩みをお持ちの方へ

  1. 女らしさがあふれる目もとにしたい
  2. いつもやさしい表情でいたい
※なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)施術風景

施術料金

なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)

ヒアルロン酸 ¥100,000

【全院】

一連の流れを動画で解説

涙袋ヒアルロン酸注射のカウンセリングから手術、手術直後までの一連の様子を動画で解説します。

この動画を見た方はこんな動画も見ています

実際の施術をドクターが解説

このマークがついている画像は手術シーンが含まれます。
気の弱い方、血を見るのが苦手な方は閲覧をご遠慮ください。
高須 幹弥 医師

高須クリニックにて実際に行っている施術の様子を動画もしくは静止画にて私が詳細に解説します。

涙袋ヒアルロン酸注射

他の施術解説も見たい方はこちらから

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

涙袋ヒアルロン酸注射のデザインと仕上がりについて。

涙袋ヒアルロン酸注射のデザインと仕上がりについて解説させていただきます。

涙袋ヒアルロン酸注射のデザインと仕上がりについて。

私が涙袋のヒアルロン酸注射をするときは、少量ずつ注射していき、その都度患者様に鏡で確認していただきながらやっていきます。

こんな感じでいかがですか?うーん、もうちょっとお願いします。はい。これでいかがですか?うーん、あと少し入れてください。はい。これでどうでしょうか?はい!これでいいです! こんな感じでいかがですか?うーん、もうちょっとお願いします。はい。これでいかがですか?うーん、あと少し入れてください。はい。これでどうでしょうか?はい!これでいいです!

患者様の元の目や、ご要望に合わせて、皮下や眼輪筋内にヒアルロン酸を注入する。

患者様の元の目や、ご要望に合わせて、皮下や眼輪筋内にヒアルロン酸を少量ずつ注入し、その都度確認していきます。

というのも、患者様によって、どれくらい涙袋を大きくしたいか、どのように涙袋を作りたいかなど、ご要望が異なることがあるからです。

例えば、注入するヒアルロン酸の量にしても、患者様によって、
友人や家族に気づかれない程度に少しだけ入れてほしい
自然な範囲内でできるだけ入れてほしい
不自然でもいいから、おもいっきりぱんっぱんに入れてほしい」など、ご要望が異なります。

そのため、少量ずつ注射して、その都度患者様に鏡で確認していき、ちょうどいいところでやめるようにしています。

あまり気づかれないように、わずかに涙袋ヒアルロン酸注射をした症例

  • Before

    注射前。

  • After

    注射後。
    患者様のご要望で、周りの人に気付かれない程度に涙袋に注入した。

自然な範囲でなみだ袋をヒアルロン酸注射で作った症例

  • Before

    注射前。
    自然な範囲内で自分に似合う涙袋を作ってほしいというご要望だった。

  • After

    注射後。
    自然な範囲内で涙袋が膨らんだ。

かなり大きめの涙袋をヒアルロン酸注射で作った症例

  • Before

    注射前。
    不自然でもいいので、大きな涙袋が欲しいというご要望だった。

  • After

    注射後。
    患者様のご要望通り、大量にヒアルロン酸を注入した。

また、涙袋のどの部分を膨らませたいか、どのように膨らませたいかなども、患者様によってご要望が異なることがあります。

患者様によって、
涙袋の縦幅が広いとたるみのようになってしまうから、縦幅が広がらないように注射してほしい
涙袋の縦幅があまり広がらないように、前方に出るように注射してほしい
涙袋の内側を特に膨らませてほしい
涙袋の中央を特に膨らませてほしい
涙袋の外側を特に膨らませてほしい」など、ご要望が異なるため、可能な限り、応えられるように丁寧に注射させていただいてます。

軟らかすぎるヒアルロン酸を注入したり、注入のやり方が悪いと、ヒアルロン酸が下に流れてしまい、涙袋の縦幅が広がり、たるみのようになったり、クマのようになることがある。
このような涙袋は好まれないことが多いが、稀にこのような涙袋にしたいという患者様もいる。

高須クリニックの涙袋専用のヒアルロン酸なら、下に流れることはなく、程よい縦幅の自然な涙袋を作ることができる。

患者様のご要望に合わせて、涙袋の内側を中心に膨らませることもできる。

涙袋の中央を中心に膨らませたいというご要望であれば、その通りにできる。

下の方に膨らませて縦幅を広げるのではなく、前方に出るように注入し、立体感を出したいというご要望の場合、ある程度そのようにできることが多い。

涙袋の外側を膨らませたいというご要望であれば、その通りにできることもあるが、元々外側は涙袋の膨らみはあまりない部分でもあるため、キャパシティーが少なく、あまりたくさん入らないこともある。

このように、患者様によっては、注入の仕方に細かいご要望をされることがありますが、どうしたらいいのかわからない方や、自分はどのような涙袋が合っているのかわからない方は、全て担当の医者にお任せいただくのが良いです。

元の下まぶたの状態によって、どこにどれくらい注入すると自然で、どれだけ以上注入すると不自然になるかなどは、人によって異なるうえ、治療経験の豊富な医者にしか分からないことだからです。

例を挙げると、元の涙袋がほとんどない人は、ヒアルロン酸を注入するキャパシティーがあまりないため、無理してたくさん注入すると、人工的で不自然な涙袋になってしまいます。

また、涙袋の外側は、元々キャパシティーがあまりないところであるため、元々涙袋がない人や小さい人に、無理してたくさん外側に注入して膨らませようとすると、綺麗に膨らまず、周りに流れてしまうだけのことがあります。

鼻と涙袋のヒアルロン酸注射プチ整形症例

  • Before

    注射前。
    元の涙袋があまりない。

  • After

    注射後。
    自然な範囲内で涙袋を膨らませた。
    このような人に無理して大量にヒアルロン酸を注入すると、キャパシティーを越えてしまい、不自然な涙袋になってしまうことが多い。

症例のご紹介

ヒアルロン酸注射で自然な涙袋を作り、愛らしい笑顔になるようにした症例写真画像

  • Before

  • After

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、涙袋を作りたいという御要望でした。
診察させていただいたところ、元々の涙袋はわずかにある程度でした。
大袈裟でわざとらしい涙袋は嫌で、自然な涙袋を希望されていたので、鏡で確認していただきながら、少しずつヒアルロン酸を注入させていただきました。
術後は程よく涙袋が膨らみ、自然にしあがりました。
涙袋は若さと笑顔の象徴であるため、ハツラツと明るい印象になりました。

施術の流れを写真で解説

涙袋ヒアルロン酸注射キャプチャ(写真)解説 ~高須幹弥の術式の場合~

涙袋が小さい女性です。

一応涙袋はあるのですが、小さめなので、ヒアルロン酸注射で膨らませて、涙袋を大きくします。

私に関しては、涙袋ヒアルロン酸注射のときはいつも、患者様にヒアルロン酸注射専用のリクライニングチェアに座っていただき、起きた状態で注射します。

頭を背もたれに付けていただいて、安定した状態にし、目だけ上のほうを見ていただきます。

この状態で、目を開けた状態でヒアルロン酸を注入していきます。

注射する部位にはあらかじめ麻酔クリームを塗ってあります。
極細の注射針で注入するので、痛みはそれほど強くありません。

注入している最中は、なるべく目に力を入れたり、瞬きをするのは我慢していただきます。

経験的に、このように起き上がって目を開けた状態で注入するのが、一番綺麗に涙袋ヒアルロン酸注入をすることができます。
涙袋は重力の影響で、寝た状態と起きた状態では微妙に変化するし、目を開けた状態と閉じた状態では大きな変化をするからです。

ヒアルロン酸を注入したあとは、指でマッサージして形を整えます。

左側だけヒアルロン酸注入したところです。

涙袋が膨らんで大きくなっているのがわかります。

反対側の涙袋にも同じようにヒアルロン酸注入していきます。

左右の涙袋にヒアルロン酸注入し、患者様に鏡で確認していただきます。

下まぶたの皮膚は非常に薄いため、ヒアルロン酸注入直後はわずかに浮腫んでいます。
そのため、注入直後は、膨らんだ分の2~3割程度は浮腫みによって膨らんでいることが多いです。
ということは、数時間経って腫れが引くと、注入直後に比べてわずかに涙袋は小さくなることになります。
そのことを勘案して鏡で確認し、これくらいでいいか、もっとヒアルロン酸を注入して膨らませるかを考える必要があります。
もし、どうしたらいいかわからなかったら、担当医にお任せください。
その人の目に合っている自然で綺麗な涙袋にさせていただきます。

患者様はこれくらいで満足してくれたみたいです。

浮腫みが引くと、この状態よりわずかに涙袋は小さくなりますが、それを考慮して、これくらいで満足のようです。
涙袋ヒアルロン酸注射は、あまりたくさん注入してしまうと、目の下にナメクジを飼っているような不自然な涙袋になってしまったり、たるみやクマのようになってしまうことがあるので、自然な涙袋希望の場合はこれくらいで良いと思います。

今回解説した施術の動画一覧

施術の流れ

当院ではお客様がご納得いくまでカウンセリングを行い、施術後のアフターケアもしっかりとサポートさせていただきます。

高須のこだわり

  • 質の良い注射針のみを使用

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    当院の手術の際の局所麻酔注射、ヒアルロン酸注射、ボツリヌストキシン注射の際の注射針には、国産のテルモ針、エンジェルニードルなど、質の良いものだけを使用しています。

    一般的に、注射針は、より細く、より切れの良いほうが痛みが少なくなっています。当院で使用している注射針は、細さと切れ味を追及した質の良い注射針。針を刺す際の痛みが少なく、少しでも患者様の苦痛を少なくするために最善の努力をしています。

    高須クリニックの注射針の特徴
    ①針の細さ

    注射をするときの痛みは、一般的に、細い注射針ほうが少なく、太い注射針のほうが痛みが強くなります。それは、皮膚や粘膜に注射する際、注射針で皮膚や粘膜の表面に小さな穴を空け、針先が中に入っていくからです。当然、細い針のほうが表面を傷つけるダメージが少なく、痛みが少なくなります。

    しかしながら、注射する部位によっては、あまりに細すぎる注射針を使用すると、針が皮膚の硬さに負けてしまい、刺さらない場合も。当院では様々なG(ゲージ)※の注射針を取り揃えており、皮膚の硬さに負けない硬さの注射針で、細いものでは30~34G(ゲージ)※のものをご用意しています。

    注射する部位によって使用する針を替え、少しでも患者様の痛みが少なくなるように努力しています。

    ※G(ゲージ):注射針の太さの単位。 数字が大きいほど細くなります。

    ②針の外径に対して内径が大きい

    当院では、針の外径に対して内径の大きい注射針を使用。
    麻酔液やヒアルロン酸、ボツリヌストキシンなどを注射する際、薬液は注射針の内腔を通過して注入されます。

    外径に対して内径が大きい注射針のほうが、薬液が内腔を通過する時の圧力に対する外径の太さが細いため、その分、細い針を使用することができます。結果的に患者様の痛みが少なくなります。

    一般的な注射針。内腔が小さい。外径に対して内径が大きい注射針。内腔が大きいため、その分外径が小さくなり、刺すときの痛みが少なくなる。
    ③針の切れ味が鋭い

    当院では切れ味の鋭い注射針を使用。
    切れ味が鋭い注射針は、皮膚や粘膜を貫く際、抵抗が少なくスムーズに針が入っていくため、痛みが少なくなります。

    ④様々な長さの注射針を取り揃えている

    一般的に、薬液を注入する際、浅い層に注入する場合は短い注射針を用い、深い層に注入する際は長い注射針を用います。
    当院でも同じように、皮膚の狭い範囲に注入する際には短い注射針を用い、広い範囲に注入する際には長い注射針を用いて注射を行っています。

    特に、広い範囲に注入する場合、短い注射針で行うと、何回も針を刺すことになってしまい、その分、患者様の痛みが強くなります。そのため、広い範囲に注入時には、少しでも痛みを軽減させるために専用の長いカテラン針などを使用しています。

  • 手術後、注射後などの腫れを引かせる漢方薬「治打撲一方」について

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    当院では、手術後や注射後などの腫れを早く引かせる漢方薬「治打撲一方(ヂダボクイッポウ)」を常備しております(現在は名古屋院でのみ常備)。
    治打撲一方は、元来、その名が示すよう、打撲の治療に用いる内服薬であり、江戸時代中期の医者香川修庵によって考えられた薬です。
    患部の血行をよくするとともに、腫れや痛みをやわらげる効果があります。
    打撲以外にも、外科手術後の腫れや痛みに対しても一般的に使われており、美容整形の手術や注射などの後にも使用することができます。

    【治打撲一方の成分】

    漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。

    治打撲一方の構成生薬は下記の7種類です。

    ・桂皮(ケイヒ): クスノキ科カツラの木の樹皮を乾燥させたもの。薬効は、体を温め、痛みを止め、血行を改善する作用があります。

    ・川芎(センキュウ): セリ科センキュウの根茎を乾燥させたもの。薬効は、血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。

    ・川骨(センコツ): スイレン科コウホネの根茎を乾燥させたもの。薬効は、血液循環と水分の循環をよくし、内出血を治す作用があります。

    ・甘草(カンゾウ): マメ科カンゾウの根を乾燥させたもの。薬効は、消化を整え、痛みを止める作用があります。

    ・大黄(ダイオウ): タデ科ダイオウの根茎を乾燥させたもの。薬効は、便通をよくし、血行を改善する作用があります。

    ・丁子(チョウジ): フトモモ科チョウジノキの蕾。薬効は、腹を温め、痛みを止める作用があります。

    ・撲樕(ボクソク): ブナ科クヌギの樹皮を乾燥させたもの。薬効は、皮膚の排膿を促す作用があります。

    桂皮と丁子は発散性の生薬で、患部の熱や痛みを発散して治します。
    大黄と樸樕には収斂作用があり、熱や腫れを冷ます効果が期待できます。
    そのほか、血液循環をよくする川芎、止血作用の川骨、緩和作用のある甘草などが配合されます。
    これらの成分が一緒に働くことで、相乗作用があり、よりよい効果を発揮します。

    用法

    通常、朝昼夕の3回、1包2.5gずつ、食前又は食間に経口服用します(1日3包内服するということです)。
    主に手術後の腫れの強い間に内服します(手術後3日~2週間程度のことが多いです)。
    手術、注射などの治療後に服用を希望される方に処方させていただきます。

    料金

    1包 : \100【名古屋】

  • 内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    高須クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しています(現在は、名古屋院、大阪院で常備)。

    主成分は、ラクトフェリンをナノ脂質(リポソーム)に封入したもので、皮膚に浸透しやすく、お肌に優しいクリームです。
    ラクトフェリンとは、母乳・涙・汗・唾液などの分泌液に含まれる鉄結合性の糖タンパク質です。
    内出血は、赤血球中のヘモグロビンに含まれる鉄の色が大きな素ですが、ラクトフェリンは鉄と結合して排出する作用(鉄キレート作用)が非常に強く、内出血の色を早く消す効果があります。

    また、ラクトフェリンには抗炎症作用や、抗菌作用、抗酸化作用もあり、メタロプロテアーゼ(細胞外マトリックスを分解する酵素)に対するキレート作用もあります。
    サイトカインの過剰な産生を抑制し、炎症部位における白血球の過剰な動員および活性化を阻害する状態になり、内出血の回復に効果が期待されます。
    当院では、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンなどの注射による治療の際、極細の注射針を使用し、細心の注意をはらい、治療しているため、内出血は起こりにくいのですが、体質などの理由により、稀に起こってしまうことはあります。

    目元の手術やエイジングケア手術などでも内出血が生じてしまうことはあります。
    内出血が生じてしまうと、通常、治まるまでに1週間程度かかり、長い場合は2週間程度かかってしまうこともあります。
    その場合、ケラスキンクリームを用いることにより、早く内出血を引かせることができます。

    使用方法

    1日2回、患部の皮膚に塗布し、指で優しくマッサージします。
    1回につき約0.15ml使用しますが、部位によって適宜増減し、調整します。
    薬を塗布し、皮膚に吸収された後、メイクをしていただくことができます。
    手術後の縫合してある傷の部分にケラスキンを塗布することも可能です(抜糸する前の糸がついている傷に塗布することが可能ですが、糸がついている状態の傷にメイクすることは勧めていません)。

    料金

    5ml : \2,000【名古屋、大阪】

術前・術後の注意事項・アフターケア

施術時間10分
術後の通院なし
術後の腫れごくわずか(個人差あり)
カウンセリング当日の治療予約に空きがあれば可能
入院の必要性なし
麻酔クリーム麻酔
メイク当日より可能
洗顔当日より可能
  • 施術後、コンタクトができる目安について

    涙袋のヒアルロン酸注射した後は、直後からしても大丈夫です。これらの治療は注射するのみで、傷はつかないので、何も問題ありません。

  • 術後の洗顔、メイク、入浴について

    注射の後は、当日からメイク、洗顔してもらっても大丈夫です。極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射した後は、お帰りいただくまでの間しばらく、氷嚢(アイスノン)で冷していただきます。5~10分程度冷やしていただき、針穴から出血していなければ、メイクをして帰っていただいても大丈夫です。
    もちろん、洗顔もしていただいて大丈夫です。
    入浴に関しては、注射した当日は、身体が温まって血流が良くなることによって、腫れが出やすい状態にあるため、軽めのシャワー程度にしておくのが無難です。どうしても注射した当日に湯船に浸かりたい場合は、ぬるま湯に短時間(5分以内くらい)の入浴くらいに済ませるのが無難です。
    同じ理由で、注射した当日のサウナ浴、岩盤浴も避けるのが良いです。注射した翌日には、普段通りの入浴をしても大丈夫です。サウナ浴、岩盤浴なども翌日から可能です。

  • 術後の運動について

    注射した当日は激しい運動は控えていただくのが無難です。
    極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射後の痛みもほとんどありません。
    しかし、あくまで、針を刺して注入を行っているので、激しい運動をして、血流が良くなると、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、注射した当日に激しい運動をしたことにより、内出血が生じて、青くなってくることもあります。
    注射当日に激しい運動をしたことにより、腫れてきたり、内出血を起こしても、必ず引くし、最終的な仕上がりに特別影響が出ることはまずないのですが、せっかくダウンタイムのないほとんど腫れない治療なのに、腫れや内出血が出てしまうと、悲しいものがあります。そのため、注射した当日は、普通に歩いて帰ったり、家事をしたりする動作くらいは問題ありませんが、激しい筋力トレーニング、ランニング、エアロビクスなどはあえて行わないのが無難です。
    ただし、注射した当日は絶対に運動してはいけない、注射当日に運動をすると取り返しのつかないことになるというわけではないので、注射した当日にどうしても運動したいという人は、腫れや内出血が出る可能性があることを頭の中に入れ、自分の身体と相談しながら運動してください。

  • 術後のエステ・自宅で行う顔のマッサージの注意点

    注入部位以外は当日からマッサージしていただいて大丈夫ですが、注入部位は1週間強いマッサージをしないでください。
    注入して間もない時期(特に3日間くらい)は、あまり注入部位をマッサージすると、腫れが出てきたり、注入したヒアルロン酸が移動したり、周囲に広がる可能性があります。
    1週間経過すれば、まず大丈夫です。

  • 術後のまつ毛エクステ使用、まつ毛パーマなどについて

    まつ毛エクステは、まつ毛の付け根に接着剤のようなものを着けてエクステンションして、まつ毛のボリュームを増やすものです。
    原則として、翌日からでもしていただくことはできるのですが、まつ毛エクステは、美容整形手術を受けた後の人、何も美容整形手術を受けていない人関係なく、誰が受けても全くリスクがないわけではありません。まつ毛エクステに使用する接着剤には刺激性があるため、皮膚の弱い人が受けると、まぶたの皮膚がかぶれて腫れ上がってしまうことが稀にあります。ヒアルロン酸注射などを受けた後は、しばらくはデリケートな状態なので、ちょっとした刺激でも腫れやすいです。
    そのため、まぶたの皮膚がかぶれやすい体質の人が、ヒアルロン酸注射などを受けて間もないときにまつ毛エクステをすると、予想外にかぶれて腫れてしまうことがあります。ただし、皮膚がかぶれにくい体質の人は、まつ毛エクステをしても全くかぶれないこともあるので、以前にまつ毛エクステをして、経験的にかぶれないことがわかっている人は、翌日にまつ毛エクステをしても問題がない可能性が高いです。ただし、サロンによって、まつ毛エクステに使用する接着剤の種類は異なるので、以前にかぶれなかったのに、サロンが変わるとかぶれることもあるので、注意が必要です。
    以上の理由から、1週間ぐらいはまつ毛エクステをしない方が無難です。
    まつ毛エクステと同じ理由で、まつ毛パーマやアイプチ、アイテープ、メザイクも、1週間くらいしないほうが無難です。

リスク・副作用・合併症について

  • 内出血について

    ヒアルロン酸などの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
    注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
    むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
    内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
    私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
    程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
    しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
    また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

  • 仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性について

    涙袋ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性というものがあります。

    そもそも、人間の顔は必ず左右非対称にできています。

    目も必ず非対称にできています。

    眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず左右非対称があり、それらにより、元の目は非対称になっています。

    もちろん、涙袋を構成する眼輪筋という筋肉の発達具合、ボリューム、皮膚の張り具合にも必ず左右差があります。

    そのため、仮に、完璧に左右対称にヒアルロン酸を注入したとしても、元の目の土台の非対称があるため、必ずわずかな非対称は生じてしまうことになります。

    また、ヒアルロン酸注射というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、完璧に左右対称に仕上げることは現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく左右差が出ないようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、必ずわずかな非対称は生じることになり、コンピューターグラフィックスのような完全なシンメトリーにすることは不可能です。

  • 仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性について

    涙袋ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性というものがあります。

    涙袋ヒアルロン酸注射を希望される患者様の中には、涙袋の形や大きさのデザインを非常に細かく要望される方がいらっしゃいます。

    中には、憧れの芸能人などの目の写真を見せて、「この人と同じような涙袋にしたい」などのようにおっしゃり、他人と全く同じ涙袋にしようとされる方もいらっしゃいます。

    しかし、ヒアルロン酸注射というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、何でも自由自在に形を変えることは現実的、物理的に不可能です。

    また、涙袋の構造は、人によって千差万別であり、下まぶたの皮膚の厚み、皮膚のたるみ具合、小じわの状態、脂肪のつき具合、眼輪筋の形、大きさ、発達具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合など、必ず解剖学的な個人差があります。

    土台が違うのに、表面的にヒアルロン酸注射で涙袋を膨らませても、他人と全く同じ涙袋を作ることは、やはり現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく患者様の希望の形に近づくようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、患者様が非常に細かいデザインを要望される場合、完璧にその通りに仕上げるのは不可能である場合が多いです。

  • アレルギーが生じる可能性について

    当院では、注射用ヒアルロン酸は比較的アレルギー症状の出にくいものを使用しております。

    そのため、ヒアルロン酸注射後にアレルギー症状が出ることは滅多にありません。

    しかし、患者様の体質によっては、アレルギー症状が出る可能性は0ではありません。

    ヒアルロン酸自体は元々体内にも存在する物質であるため、ヒアルロン酸そのものに対してアレルギーが生じることは考えにくいのですが、ヒアルロン酸製剤の基剤にアレルギー反応が起こる可能性があるからです。

    どんなお薬でも、使う人の体質によってはアレルギーが生じる可能性があるように、どんなヒアルロン酸注射でもアレルギーが生じる可能性があります。

    もし、アレルギー症状が出る場合は、注射後数分から数時間後に注射部位が赤く腫れ上がってくることが多いです。

    数時間以内にアレルギー症状が現れなくても、数時間以上経過してから症状が現れる可能性もなくはありません。

    万が一アレルギー症状が現れた場合、ヒアルロニダーゼで注入したヒアルロン酸を分解させるなど、最善の処置をさせていただきます。

  • 注入後の感染について

    ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、注入後の感染があります。

    当院では、ヒアルロン酸注射をする際、注入部位の皮膚を消毒し、無菌操作下に行います。

    また、使用するヒアルロン酸製剤は、滅菌処理済みで使用期限内のものを使用しています。

    他院で行われているような、1本のヒアルロン酸を1回で使い切らず、余った残りのヒアルロン酸を取り置き保管し、後日また同じ患者様に残りのヒアルロン酸を注射するようなことは、当院では致しません(これを行うと、保管中に雑菌が繁殖し、注入時に感染症が起こる確率が上がるため、基本的にヒアルロン酸メーカーも推奨してません)。

    1本のヒアルロン酸を複数の患者様に使い回したりすることもありません(これも感染症を起こす可能性があるため、メーカーは推奨していません)。

    厳重な無菌管理下にヒアルロン酸注射を行えば、感染症を起こす可能性は極めて低いです。

    しかし、どれだけ厳重に無菌管理下にヒアルロン酸注射を行っても、感染症を起こす可能性は0ではありません。

    ヒアルロン酸注射後に感染症を起こす場合、注射当日から数日くらいで注入部位が赤く腫れて痛みが出てくることが多いです。

    万が一感染症を起こした場合、抗生剤の投与等、最善の処置をさせていただきます。

  • 注射後、注入部位を過度にいじったり揉んだりすると腫れる可能性がある

    ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、ヒアルロン酸注入後間もない時期に注入部位を過度にいじったり揉んだりすると、注入部位が腫れてくる可能性があるということがあります。

    ヒアルロン酸は、注入してからその部位の皮膚や組織にある程度馴染んでくるまで2~3日かかります。

    そのため、ヒアルロン酸注射後2~3日の間に過度に注入部位をいじったり揉んだりすると、注入部位の皮膚や組織に炎症が起こり、腫れてくることが稀にあります。

    時々、患者様で、ヒアルロン酸注射後に注入部位が気になって気になって、注射当日や翌日に必要以上にいじったり揉んだりしてしまう方がいらっしゃいますが、その場合、いじったり揉んだりするのが度が過ぎると腫れてくることがあります。

    美容整形した部位が気になる気持ちはわかりますが、気にし過ぎていじりすぎたりするのは逆によくありません。

    もし、いじりすぎたり揉みすぎたりして腫れてきた場合、感染などが起こっていない場合は、数日程度安静にしていれば腫れは引いていくことが多いです。

ドクターズボイス

高須幹弥医師

高須幹弥 医師

なみだ袋は、エイジングケア術としても有効なのをご存知ですか?若いときにはできていたのに、加齢による筋肉の衰えで出なくなる人が多いため、なみだ袋があるととても美しい印象になるのです。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00