3の症例があります。

検索フィルター

性別
年代
ドクター

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

40代 / 女性
  • 施術方法

    乳房縮小手術(マンマリダクション)

    • 乳房縮小手術(マンマリダクション),乳房縮小手術(マンマリダクション)で、大きくて垂れているバストを吊り上げて小さくした症例写真,Before,ba_shukusho003_b01.jpg

      Before

    • 乳房縮小手術(マンマリダクション),乳房縮小手術(マンマリダクション)で、大きくて垂れているバストを吊り上げて小さくした症例写真,After(1年2ヶ月後),ba_shukusho003_a01.jpg

      After(1年2ヶ月後)

    40代後半の女性患者様で、大きくて垂れたバストを小さくして形を綺麗にしたいというご要望で来院されました。
    元々若いときから大きいバストだったそうですが、妊娠、出産、授乳を繰り返したことと、加齢によって垂れ下がってしまったとのことでした。
    診察させていただいたところ、ブラジャーのサイズでいうと、Gカップくらいのボリュームがあり、乳輪も大きく広がって、バスト全体が垂れ下がっていました。
    患者様は、「Dカップくらいの大きさにして、垂れているバストをバストアップし、できれば乳輪も小さくしたい」というご要望でしたので、乳房縮小手術(マンマリダクション)をすることになりました。
    全身麻酔下に両側同時に行うことになりました。
    逆T字法に準じていかり型に余分な皮膚を切除し、脂肪吸引と乳腺切除で、片側につき約300gのボリュームを除去しました。
    乳輪周囲の余分な皮膚も切除し、乳輪の直径が約4cmになるように縫縮しました。
    術後は、Dカップ程度の程よい大きさのバストになり、垂れていたのもだいぶ改善され、形の良いバストになりました。
    また、大きかった乳輪も一回り小さくなって、平均的な大きさになりました。

  • 料金

    乳房縮小手術(マンマリダクション)
    ¥1,600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    乳房縮小手術(マンマリダクション) 手術後に処方する抗生剤や痛みどめによるアレルギー症状仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)手術後の血腫傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性

  • 担当医

    高須幹弥 医師

50代 / 女性
  • 施術方法

    乳房縮小手術(マンマリダクション)

    • 乳房縮小手術(マンマリダクション),乳房縮小手術(マンマリダクション) 2週間空けて片胸ずつ手術,Before,ba_shukusho03_b.jpg

      Before

    • 乳房縮小手術(マンマリダクション),乳房縮小手術(マンマリダクション) 2週間空けて片胸ずつ手術,After2週間空けて片胸ずつ手術,ba_shukusho03_a01.jpg

      After2週間空けて片胸ずつ手術

    50代女性の患者様で大きいバストを小さくしたいという御要望で来院されました。
    診察させていただいたところ、大きさはIカップあり、大きすぎて重いため、非常に肩が凝るということでした。
    また、バストが非常に垂れているため、バストの下の皮膚が被れるのも悩みでした。
    乳房縮小手術(マンマリダクション)でバストのボリュームを小さくし、形を綺麗に整えることになりました。
    かなりのサイズダウンが必要であり、侵襲が大きくなるので、2週間空けて、片方ずつ日帰りの全身麻酔手術で行うことになりました。
    手術は、片側につき、約500g脂肪吸引を行い、余分な皮膚を切除して、縫合しました。
    術後は、IカップだったバストサイズがDカップになり、軽くなって、肩凝りが楽になったとのことでした。
    また、大きく垂れていたバストが上がり、形が綺麗に整ったため、バストの下の皮膚が被れる症状が改善しました。

  • 料金

    乳房縮小手術(マンマリダクション)
    ¥1,600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    乳房縮小手術(マンマリダクション) 手術後に処方する抗生剤や痛みどめによるアレルギー症状仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)手術後の血腫傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性

  • 担当医

    高須幹弥 医師

50代 / 女性
  • 施術方法

    乳房縮小手術(マンマリダクション)

    • 乳房縮小手術(マンマリダクション),乳房縮小手術(マンマリダクション),Before,ba_shukusho01_b.jpg

      Before

    • 乳房縮小手術(マンマリダクション),乳房縮小手術(マンマリダクション),After,ba_shukusho01_a01.jpg

      After

    50代の方で、大きすぎる胸に長年悩んでこられました。若い頃はまだハリがあってよかったのですが、年齢とともに垂れてきてさらに悩みは深く。気軽に銭湯や温泉に行けるよう、また肩こりの改善にもなればと、乳房縮小手術(マンマリダクション)を受ける決断をされました。
    大き過ぎず、小さ過ぎない、適度な乳房に。乳首や乳輪の形も同時に美しく整えました。胸が軽くなったことで姿勢もよくなり、洋服も自由に選べるように。これで、胸を張ってどこにでも行けますね。
    乳房縮小手術(マンマリダクション)では、乳腺などをある程度温存すれば授乳も可能です。これから出産を考えている方にも受けていただけます。

  • 料金

    乳房縮小手術(マンマリダクション)
    ¥1,600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    乳房縮小手術(マンマリダクション) 手術後に処方する抗生剤や痛みどめによるアレルギー症状仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)手術後の血腫傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性

  • 担当医

    高須幹弥 医師

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00