症例写真

下まぶたの逆さまつ毛の修正手術の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、右目の下まぶたの逆さまつ毛の修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、右目の下まぶたのまつ毛が、かなり内側(眼球側)に向いて生えていました。
特に中央部分のまつ毛が内側に向いて生えており、まつ毛が常に黒目に当たっていて、角膜に痛みが生じている状態でした。
左目は逆さまつ毛にはなっておらず、正常でした。
左目の下まぶたの逆さまつ毛修正手術をすることになりました。
局所麻酔下に、下まぶたの余分な皮膚を約2mmの幅で切除し、まつ毛側の皮膚を瞼板に癒着させるように縫合固定しました。
術後はまつ毛が外向きになり、逆さまつ毛が改善しました。
下まぶたの盛り上がっている余分な皮膚を切除し、まつ毛が外向きに生えるようになったので、目が大きく見えるようにもなりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
右目のみ下まぶたの逆さまつ毛でした。
逆さまつ毛修正手術をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
余っている皮膚を切除し、まつ毛側の皮膚を瞼板に縫合固定しました。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだ傷の赤みや食い込みがあります。
抜糸した翌日からアイメイクすることができます。
3週間後
3週間後です。
まだ傷の赤みと食い込みがあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完成です。
傷の赤みはほぼ消えています。
わずかな食い込みはありますが、傷跡はほとんど目立ちません。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大