症例写真

30代女性にウルセラを行い、たるんだ頬と顎下を引き締め、リフトアップした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、顔全体のたるみが気になるとのことでした。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体がたるんでおり、特に、頬、フェイスライン、顎下のたるみが目立っていました。
両頬が下がることにより、ややブルドッグ顔貌(がんぼう)になっており、顎下の皮膚と皮下脂肪がたるんでいることにより、やや二重顎になっていました。
これくらいの程度のたるみには、イタリアンリフトなどの糸によるリフトアップ治療、ミニリフト、ミディアムリフトなどの切開するリフトアップ手術、頬や顎下の脂肪吸引なども適応になりますが、患者様の希望もあり、まずは腫れが最も少なく、ダウンタイムがほぼないウルセラをすることになりました。
額の外側~こめかみ~目尻~目の下~頬~フェイスライン~顎下~首の上部(顔全体+首になります)にかけて、しっかりとウルセラの超音波エネルギーを照射しました。
3ヶ月後の時点では、顔全体が程よく自然に引き締まり、若返りました。
周りの人にも「可愛くなった」と言われるようになり、患者様には大変満足していただきました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大