顔の施術について

顎シリコンプロテーゼの手術後に普通に食べたり飲んだり食事できるのか?カラオケで歌えるのか?

顎シリコンプロテーゼ手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「手術の後、普通にご飯食べたり飲んだりできますか?」「手術の後、食事するときに気をつけることとかありますか?」「手術の後、普通に歯みがきはできますか?」「手術の後、いつからカラオケに行って歌を歌って大丈夫ですか?」「手術の後、いつからお酒やアルコールを飲んでいいですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「顎シリコンプロテーゼ手術後は、ほぼ普通通りに食事することができますが、1週間くらいは過度に大きく口を開けたり、強く噛んだりせず、なるべく軟らかくて刺激のないものを食べるほうが望ましいです。」「歯みがきは普通にできますが、傷を歯ブラシで刺激しないようにしてください。」「カラオケは1週間くらいはやめといたほうが良いです。1週間以上経過して、歌っても傷や顎が痛くなければ少しずつ始めても大丈夫です。」「お酒やアルコールは3日間くらいは飲まないのが望ましいです。」です。

顎シリコンプロテーゼ手術は、口の中の粘膜を2~3cm程度切開し、顎の骨と骨膜の間を剥離し、プロテーゼを留置します。口の中の粘膜の傷は溶ける吸収糸で縫合するので、1~2週間くらいで傷はくっつき、糸は自然にとれていきます。手術後は、ほぼ普通通りに食事することができますが、1週間くらいは過度に大きく口を開けたり、強く噛んだりすると傷に負担がかかるので、熱いものや辛いものは避け、なるべく軟らかくて刺激のないものを食べるほうが望ましいです。

また、食事の後は口の中を清潔に保つために水やお茶で口の中をすすいでいただくのが良いです。歯みがきは普通にできますが、傷を歯ブラシで刺激しないようにしてください。カラオケは傷に負担がかかるので、1週間くらいはやめといてください。1週間以上経過して、歌っても傷や顎が痛くなければ少しずつ始めても大丈夫です。同じように1週間くらいは大きく口を開けて大声で喋ったり笑ったりしないでください。お酒やアルコールは血管が拡張し、血行がよくなり腫れや痛みが強くなるため、3日間くらいは飲まないのが望ましいです。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00