目頭切開Z法キャプチャ(写真)解説

手術前のデザインした状態です。

Z法のデザインで、蒙古襞が皮弁(フラップ)になるようにし、皮弁を入れ替えるようにします。
この患者様は、約1.5mmずつ目が内側に広がるようにするため、比較的一辺の長さが小さなZのデザインです。
正しいデザインをすることが大切です。
正しいデザインでZ法を行えば、スムーズに抵抗なく皮弁が入れ替わるため、傷跡も目立たなくなります。

局所麻酔注射をします。

手術前に麻酔のクリームを塗ってあるので、注射の痛みは少ないです。
極細の注射針を使用しているので、痛みは更に少なくなります。
麻酔注射をするのは目頭の表面の皮膚だけです。
まぶたの裏側や眼球に注射することはありません。

メスでデザイン通りに切開します。

メスは11番の尖刃を用います。
切れがよく、小回りが効き、デザイン通りに綺麗に皮膚を切ることができるからです。

メスでデザイン通りに皮切した後は、ハサミ(スーパーカット尖刀)で皮弁を起こし、剥離します。

皮弁の周囲を比較的広範囲に剥離することが重要です。
蒙古襞の皮弁は内側眼瞼靭帯と硬く結合しているので、皮弁と靭帯をしっかりとリリースし、皮弁がスムーズに移動するようにします。
デザインと剥離が適切であれば、自然に皮弁の位置は入れ替わります。

両側を剥離した後です。

皮弁が綺麗に入れ替わっているのがわかります。
皮弁がスムーズに入れ替わっていれば、後はその通りに縫合するだけなので、傷跡は綺麗に治ります。
デザインが間違っていたり、剥離が適切でなければ、無理して縫合して皮弁同士を合わせなければならないため、ドッグイヤーが強くなったり、傷に負担がかかり、傷跡が汚くなったりします。
ドッグイヤーが表面に盛り上がるのではなく、窪むように内向きに入ることもあり、その場合、傷跡が窪んで、大変目立つ汚い傷跡になってしまいます。

丁寧に傷を縫合します。

必要最低限の縫合で傷を綺麗に合わせることが重要です。
無理して必要以上に縫合すると、かえって傷跡が汚くなることがあります。
正しいデザインで正しい剥離ができていれば、スムーズに皮弁が入れ替わっているため、最小限の縫合で済み、傷跡が綺麗に治ります。

反対側も縫合します。

縫合糸は7-0の青色透明ナイロン糸を使用します。
経験的に、この縫合糸で縫合するのが最も傷が綺麗に治ります。
これより太い糸だとスーチャーマークが残りやすく、傷跡が汚くなりやすいし、これより細い糸だと縫合力が弱いからです。
ときどき、「透明な糸で縫ってください」と言う患者様がいますが、お勧めしません。
理由は、ホームページ内の「ドクター高須幹弥の美容整形講座」に詳しく書いてあるので、知りたい方はお読みください。

手術が終わりました。

目を開けていただき、綺麗に目が内側に広がっているか確認します。

手術直後の状態です。

目が内側に大きくなったのがわかります。
直後なので、局所麻酔液の血管収縮剤が効いており、目頭の皮膚がやや白いですが、これは2時間くらいで治ります。
ご覧の通り、この手術を単独で行った場合は、腫れはあまりでません。
至近距離で見れば、目頭に糸がついているのがわかる程度です。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    目頭切開Z法で目を大きくして切れ長にするデザイン解説

  • 施術①
    閲覧注意! 目頭切開手術中動画(音声なし) 血を見るのが苦手な人は絶対観ないでください!

  • 施術②
    閲覧注意!! 目頭切開手術中の動画 気の弱い方、血を見るのが苦手な方は絶対に観ないでください!

  • 術後①
    目頭切開術後の腫れ、傷跡の解説

  • 術後②
    目頭切開Z法の術後1週間(抜糸翌日)の動画説明です。

  • 目頭切開の施術の詳細

目頭切開の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開を希望されていました。
診察させていただいたところ、蒙古ひだが強く張っており、目と目の間隔が広めでした。
目頭切開の適応があったので、患者様の希望通り、目頭切開をすることになりました。
手術は、蒙古ひだを皮弁に含めるZ法に準じて行い、目が内側に1.5mmずつ広がるようにしました。
Z法なので、下手なW法や三日月皮膚切除法のように目頭の形が丸くならず、綺麗に斜め下方向に軽く尖るように広がりました。
術後は傷跡もほとんど目立たず、患者様には大変満足していただきました。
目頭切開Z法は、他のW法や三日月皮膚切除法などに比べると、傷跡が目立たない傾向にあります。
また、目頭切開はたくさん切れば切るだけ傷跡は長くなります。
Z法で軽く1.5mmずつ切るのは傷跡が比較的短めにすむため、傷跡が目立たなくなる傾向にあります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大