※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

細かい吸収糸によるたるみ治療キャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

手術前です。

顔全体(額、こめかみ、目尻、目の下、頬、フェイスライン)に細かい吸収糸を100本(左右の顔に50本ずつ)行います。

手術はベッドに寝た状態で行います。

 

針の先に折り返した細い吸収糸(溶ける糸)が付いています。

使用する針は非常に細いものなので、

刺すときはそれほど痛みを感じません。
ちょっとチクッとする程度です。
手術前に麻酔のクリームを塗ってあるので、より痛みは少なくなります。

リフトアップしたい部分、肌の張りを出したい部分を中心に糸を入れていきます。

頬の張りがない部分にたくさん入れていきます。
この部分がリフトアップされることにより、法令線が浅くなることが期待できます。
針を皮膚の中に刺入することにより、「細かい吸収糸によるたるみ治療」の吸収糸が留置されます。

フェイスラインにも入れていきます。

この部分の肌の張りを出すことにより、マリオネットラインの改善が見込めます。

額にも入れます。

眉毛の上に入れることにより、眉がわずかに上がるブローリフトの効果が見込めます。
眉がわずかに上がることにより、目が開けやすくなったり、目が大きくなる効果が期待できます。

こめかみにも入れます。

こめかみの肌の張りが出て、こめかみリフトの効果が期待できます。
こめかみが上がることにより、キリッとした表情になることが期待できます。

右側に50本入りました。

 

続けて、左側にも同じように入れていきます。

 

左右のバランスを見ながら入れていきます。

 

左側にも50本入り、合計100本入りました。

 

あとは針を抜いて手術終了になります。

針を抜くと、吸収糸だけが残り、留置されます。

左側の針も抜きます。

吸収糸は6ヶ月程度で吸収され、自己コラーゲン繊維に置き換わります。

手術直後の状態です。

思ったより痛くなくてハイテンションになっています。
直後から肌の張りが出ている感じ、リフトアップしてシワが浅くなっている感じが実感できます。
3~6ヶ月くらいかけてコラーゲン繊維が増殖し、更に肌の張りが出てくることが期待できます。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    細かい吸収糸によるたるみ治療治療前説明

  • 施術
    閲覧注意!!血を見るのが苦手な人は観ないでください!細かい吸収糸によるたるみ治療の手術風景

  • 術後
    細かい吸収糸によるたるみ治療直後の状態、手術後の腫れ、経過、ダウンタイムについて説明

  • 細かい吸収糸によるたるみ治療の施術の詳細

細かい吸収糸によるたるみ治療でゴルゴ線を改善した症例写真

ビフォー・アフター

正面

Before After(3ヶ月後)

側面

Before After(3ヶ月後)
高須敬子医師からのコメント

細かい吸収糸によるたるみ治療は、頬のたるみや小じわなどの改善が期待できる治療法です。この患者様はその効果を利用してゴルゴ線(目の下からほほにかけて斜めに走る深いしわ)へ施術しました。
ゴルゴ線は、顔の深部から表面へ向かって立ち上がる靭帯が皮膚に付着することによってできます。ただし、目立ちやすいかどうかには個人差があり、この患者様のように元々目立ちやすいタイプの方もいれば、そうでない方もいます。また年齢を重ねるとゴルゴ線周辺の筋肉が衰えて縮み、頬のボリュームが少なくなるため、目立ちやすくなることが多いです。
細かい吸収糸によるたるみ治療は吸収糸の刺激で顔面の皮膚や筋肉を引き上げ、皮膚の下垂および質的改善を促します。目の下から顎までが全体的にすっきりとリフトアップされたのがおわかりいただけると思います。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

細かい吸収糸によるたるみ治療

1回 50本 ¥150,000 / 1回 100本 ¥300,000 【全院】

※100本以上は20本毎に¥50,000加算されます。

リスク・副作用・合併症

細かい吸収糸によるたるみ治療

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大