目の下の脂肪取り手術(経結膜下眼瞼脂肪切除)キャプチャ(写真)解説

下まぶたの脂肪切除手術を行います。

 

目の下の眼窩内脂肪が膨らんで、クマが強調されているのがわかります。

表側の皮膚を切開することなく、下まぶたの裏側から脂肪を除去します。
下まぶたの眼窩内脂肪は、内側、中央、外側の3つのコンパートメントに分かれていますが、こと患者様は、内側と中央の眼窩内脂肪が膨らんでいるため、外側の眼窩内脂肪は取らず、内側と中央の眼窩内脂肪を取ります。
同日に鼻のシリコンプロテーゼを行う予定であったため、鼻にデザインがしてありますが、目の下の脂肪取り手術とは関係ないので気にしないでください。

最初に、下まぶたの皮膚の上から眼窩内脂肪に向けて局所麻酔注射をします。

事前に麻酔クリームを下まぶたの皮膚に塗ってあるので、麻酔注射の痛みは極わずかです。
極細の注射針で注射するので、更に痛みは少なくなります。

次に、下まぶたをめくり、角膜保護板(黒い板)で眼球を軽く圧迫し、下まぶたの裏側の粘膜を眼球内脂肪の圧力で膨らませます。

事前に麻酔の点眼薬をしてあり、この操作は痛くないのでご安心ください。

下まぶたの粘膜に局所麻酔注射をします。

既にしてある表側の皮膚からした局所麻酔が裏側まで浸透しているし、事前に麻酔の点眼もしているので、この注射の痛みはほとんどありません。

CO2レーザーで粘膜を小さい穴を開けます。

 

指で下まぶたを圧迫すると、眼窩内脂肪が出てきます。

この眼窩内脂肪は内側の眼窩内脂肪です。
内側の眼窩内脂肪は、中央や外側の眼窩内脂肪に比べ、色が白く、太い静脈が走っているのが特徴です。
中央と外側の眼窩内脂肪は、それに比べて色が黄色く、太い静脈が走っていることは少ないです。

ハサミでcapsulo palpebral fasciaとinferior tarsal muscleを開いていき、中央の眼窩内脂肪も出していきます。

 

内側と中央の眼窩内脂肪を綺麗に出すことができました。

 

まずは中央の眼窩内脂肪から切除しにいきます。

中央の眼窩内脂肪は太い静脈が走っていないことが多く、切除直後に出血しない可能性が高いので、手術のやり易さを考え、中央の眼窩内脂肪から切除しにいきます。
切除すべき量の眼窩内脂肪をモスキートペアンで挟みます。

モスキートペアンで挟んだ部分の眼窩内脂肪をハサミで切除します。

 

切除しました。

 

切除した眼窩内脂肪の断端をバイポーラーで電気凝固止血します。

 

モスキートペアンを外しました。

次に内側の眼窩内脂肪を切除しにいきます。

同じように内側の眼窩内脂肪も切除します。

 

内側の眼窩内脂肪も切除しました。

右目の下まぶたの脂肪の除去も終わり、手術終了です。

切開した粘膜は、特に縫合などはせず、そのままにします。

粘膜は創傷治癒力がたかいので、1週間くらいで自然に傷は塞がり、綺麗に治ります。
下手に糸で縫合すると、糸が眼球を刺激して傷つけてしまうことがあるので、縫合しないのが良いと考えています。

手術直後の状態です。

局所麻酔などで腫れていますが、内出血は出てません。
早ければ、翌日には大きな腫れは引き、それほど目立つ状態にはなっていないことが多いです。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    目の下の脂肪取り 目の下クマ治療 手術前のデザイン解説

  • 施術①
    閲覧注意!!目の下の脂肪取り 目の下クマ治療 手術前の麻酔注射

  • 施術②
    閲覧注意!!目の下の脂肪取り 目の下クマ治療 手術中の映像

  • 術後
    目の下の脂肪取り 目の下クマ治療 手術直後の映像 腫れ、経過、ダウンタイムの解説

  • 目の下の脂肪取りの施術の詳細

目頭切開、目尻切開、二重まぶた全切開法、目の下脂肪取りを同時に行った症例

ビフォー・アフター
Before After(9ヶ月後)
 
  After(9ヶ月後)
(目を閉じた状態)
Before After(9ヶ月後)
(顎を引いて睨んだ状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目元をもっと良くしたいというご要望で来院されました。
ある程度幅のある平行型の二重にして、もっと目を大きくして、目の下のクマも改善させたいというご希望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは良いのですが、目の横幅はそれほど大きいわけではありませんでした。
また、二重の幅、形に左右差があり、目の下には眼窩内脂肪の膨らみがあり、クマを強調させていました。
眼瞼下垂手術をする必要はないので、二重まぶた全切開法で二重の幅を広げて平行型二重を作り、目頭切開と目尻切開で目の横幅を広げることになりました。
目の下のクマに対しては、下まぶたの内側から余分な眼窩内脂肪を除去することになりました。
二重まぶた全切開法は、適度に二重の幅が見えるようにデザインし、皮膚切除は行わず、眼窩内脂肪やROOFの切除も行いませんでした。
目頭切開は、寄り目になったりキツい目にならない程度に、Z法で1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開は、できる限り最大限広げ、1.5mmずつ外側に広げました。
術後はご希望通りの平行型二重になり、目の横幅も広がって、目の下のクマも改善し、患者様には大変満足していただきました。
目元の手術を複数行う場合、全て同時に行うこともできるし、日にちを空けて別々に行うこともできます。
同時に行っても別々に行っても、最終的な仕上がりに差が出ることはほとんどありませんが、同時に行うほうが、通院回数が最小限で済むし、ダウンタイムも1回で済むのでおすすめではあります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大