乳頭縮小手術キャプチャ(写真)解説

やや大きめな乳頭(乳首)です。

妊娠、出産、授乳によって伸びてしまっています。
形も綺麗な半球状ではなく、歪になっています。
乳頭縮小手術をすることになりました。

デザイン後、局所麻酔注射をします。

事前に麻酔クリームを塗ってあり、極細の注射針で麻酔するので、痛みはそれほど痛くありません。
乳頭は先端のほうが感覚が過敏であるため、いきなり先端から麻酔注射することはせず、感覚が比較的鈍感な根本のほうから麻酔注射します。
根本にぐるっと一周麻酔注射すれば、乳頭全体がブロック麻酔され、先端のほうまで麻酔が効きます。
少しでも麻酔注射の痛みが少なくなるように効率的に麻酔注射します。

麻酔がよく効いたら手術を始めていきます。

上方のデザインからメスで皮膚切開していきます。

手早く確実にぐるっと一周皮膚切開します。

 

つづけて、根本の方のデザインもぐるっと一周皮膚切開します。

 

皮膚切開したら、切開線と切開線の間の皮膚をハサミ(スーパーカット剪刀)でデヌードしていきます。

 

手術後に授乳ができるように、内部の乳管を温存しながら、表面の皮膚だけを切除していきます。

私が女性の乳頭縮小手術をするときは、原則として、乳管温存する術式で行います。

皮膚の切除が終わりました。

乳頭の先端の皮膚だけが残り、キノコ状になっています。
この先端の皮膚には授乳のときに母乳が出る乳管口があります。
乳管を残すと共に、乳管口も残すことが重要です。

この患者様の乳頭縮小のデザインの場合、先端の切開線の長さより根本の切開線の長さのほうが長いため、このまま縫合すると綺麗な形にはならず、偏平で潰れたような形の乳頭になってしまいます。

そのため、根本の方の傷を縫縮します。

6-0ナイロン糸で丁寧に表面縫合していきます。

 

同じように他の部位も縫縮していきます。

 

根本の傷の外周の距離が、先端の傷の外周の距離と同じか、やや短くなるくらいまで縫縮します。

 

縫縮が終わりました。

 

あとは、乳頭先端の皮膚と根本の皮膚を縫合していきます。

縫縮した糸と同じ6-0ナイロンで縫合します。

丁寧にぐるっと一周縫合していきます。

 

手術終了です。

綺麗な半球状の乳頭になりました。
手術直後は局所麻酔注射などの影響もあり、わずかに腫れています。
縫合した糸は約10日後に抜糸をします。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    豊胸手術+乳頭縮小手術の手術前

  • 施術①
    閲覧注意!乳頭縮小手術1/4 局所麻酔注射~皮膚切開~皮膚切除

  • 施術②
    閲覧注意!乳頭縮小手術2/4 大きく垂れ下がった乳首を小さく修正

  • 施術③
    閲覧注意!乳頭縮小手術3/4 皮膚縫合 大きく垂れ下がった乳首を小さく修正

  • 施術④
    閲覧注意!乳頭縮小手術4/4 皮膚縫合~終了 大きく垂れ下がった乳首を小さく修正

  • 乳頭縮小の施術の詳細

豊胸手術と乳頭縮小手術を同時に行い、バランスのとれた自然な美乳を作った症例写真 左右125ccずつ

ビフォー・アフター
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、豊胸して、綺麗なバストになりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、妊娠、出産、授乳をしたため、バストが萎んで、軽度に垂れていました。
また、乳首は授乳したために大きく伸びて垂れていました。
バストは萎んでいるのに、乳首は大きく伸びているため、非常に見た目のバランスが悪くなっていました。
患者様は、せめて裸で人前に出ても恥ずかしくないような人並みのバストになりたいというご要望で、特に巨乳になりたいということではありませんでした。
豊胸手術と乳頭縮小手術を同時に行うことになりました。
バストは大胸筋下にコヒーシブシリコンジェルバッグ125ccを入れ、日本人女性の平均サイズ(BcupとCcupの中間くらい)になるようにしました。
乳頭縮小手術は、未婚女性の平均サイズくらいの大きさになるようにデザインし、ほぼ左右対称で円形の綺麗な乳頭になるようにしました。
術後は、萎んで平らな胸が綺麗に膨らんで、伸びた乳頭も綺麗な形になって、全体的にバランスのよい整ったバストになり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大