鼻先の耳介軟骨移植キャプチャ(写真)解説

やや潰れ気味で上に上がっている鼻先です。

鼻先に耳介軟骨移植をし、鼻先を斜め下方向に出すことになりました。

耳介軟骨を移植する部分をデザインペンでデザインし、局所麻酔注射をします。

局所麻酔注射は極細の注射針で行い、注入するときに痛くないように人体のPHに近づけたアルカリ緩衝液入りの麻酔液を使用します。

耳の耳介軟骨を採取する部分にも局所麻酔注射をします。

 

麻酔がよく効いたら手術を始めていきます。

ここからは痛みは全くありません。
外耳道から耳介軟骨を採取するため、耳の穴の中の皮膚切開をします。

必要な量の耳介軟骨を外耳道から切除します。

 

手術前に、だいたい必要であろう耳介軟骨の量を推定しておき、その量で取ることが多いです。

 

耳介軟骨を採取したあとは、傷を6-0ナイロンで縫合します。

 

縫合が終わりました。

縫合した糸は約1週間後に抜糸します。

採取した耳介軟骨を細工します。

 

短冊状になるように、ハサミ(スーパーカット剪刀)で切ります。

 

短冊状になりました。

 

短冊状になった耳介軟骨を持針器でクラッシュします。

 

次に、鼻柱の内側をメスで皮膚切開します。

 

皮膚切開したところから耳介軟骨を移植する部位を剥離します。

この際、皮下の浅い層を剥離するのではなく、その下の層を剥離するのが良いことが多いです。
その場合、大鼻翼軟骨とその上の軟部組織の間を剥離することになることが多いです。
皮下の浅い層を剥離して耳介軟骨移植をすると、鼻先の皮膚が薄い人だと、術後に移植した耳介軟骨が浮き出て不自然になってしまうことがあります。
また、耳介軟骨を移植するスペースの面積だけを的確に剥離することも重要です。
剥離が狭すぎると当然綺麗な鼻先にはならないし、剥離が広すぎると生着して固定するまでの間に中で耳介軟骨が動いたりずれたりしてしまい、耳介軟骨が変位した状態で固まってしまうことがあるからです。
剥離が的確であれは、手術後に移植した耳介軟骨がずれて固まってしまうことはないし、手術後にギプスやテーピングなどで固定をする必要もありません。

剥離したスペースに、先程クラッシュした短冊状の耳介軟骨を挿入し、移植します。

 

採取した耳介軟骨を全て移植しました。

耳介軟骨を採取した量は、移植するのにちょうどいい量でした。
耳介軟骨を移植する量は、少なすぎると当然変化が少なくなってしまうし、多すぎると移植した軟骨の輪郭が浮き出て不自然になったり、変位してしまったりするし、感染症も起こりやすくなってしまいます。
ちょうど良い量を移植するのが重要です。

移植が終わったら、傷口を6-0ナイロン糸で丁寧に縫合します。

傷は短いので、1針の縫合で済みました。
傷跡は鼻の穴の中なので、手術直後でも、外から傷跡や縫合してある糸は見えません。

手術直後です。

直後は局所麻酔注射などの影響もあり、やや腫れてぼわっとしてますが、それでも手術前に比べて鼻先が出ているのがわかります。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    鼻先の耳介軟骨移植 手術前の解説

  • 施術①
    閲覧注意!鼻先の耳介軟骨移植 手術前の麻酔注射

  • 施術②
    閲覧注意!鼻先の耳介軟骨移植 軟骨採取 左の耳の穴の中から軟骨をとります

  • 施術③
    鼻先の耳介軟骨移植 軟骨の細工 左の耳の穴の中から軟骨をとりました

  • 施術④
    閲覧注意!鼻先の耳介軟骨移植 手術中の映像

  • 術後
    鼻先の耳介軟骨移植術後1週間 腫れや痛みはわずかです

  • 耳介軟骨移植の施術の詳細

団子鼻に対して鼻尖縮小はせず耳介軟骨移植のみを行った症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(4ヶ月後)
Before After(4ヶ月後)
Before After(4ヶ月後)
Before After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻先の形を整えたいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、中等度の団子鼻であり、正面から見たときの鼻先の横幅が広い状態でした。
また、鼻先がやや上に向いており、尚且つ、小鼻が横に広がって、鼻の穴が大きく目立っていました。
この患者様の鼻を手術で全体的に整えて、バランスをよくするためには、鼻尖縮小(鼻尖形成)+小鼻縮小(鼻翼縮小)+鼻先の耳介軟骨移植が必要ですが、諸事情により、鼻先の耳介軟骨移植のみをモニターで行うことになりました。
鼻先が上に向いており、正面から見て鼻の穴が目立っている印象が強かったため、なるべく鼻先が下に向くようにデザインしました。
右の外耳道(耳の穴の中)から採取した耳介軟骨を、短冊状にカットし、持針器でクラッシュした砕片耳介軟骨を右の鼻の穴の中の小切開から鼻先に移植しました。
正面から見ても側面(横)から見てもバランスの良い鼻先になるように、鼻先が斜め下方向に出るように丁寧に移植しました。
術後は、上に上がっていた鼻先が程よく自然な範囲内で斜め下方向に伸び、正面から見ても側面から見てもバランスの良い鼻先になりました。
また、正面から見て、鼻先が下に下がったことにより、鼻先が上がって鼻の穴が目立っている印象が、あまり感じなくなりました。
この患者様は、この後、鼻尖縮小や小鼻縮小をすると、更にバランスの良い美しい鼻になります。
耳介軟骨移植をした後でも、鼻尖縮小や小鼻縮小をすることは可能です。
私に関しては、耳介軟骨移植をした後、いつでも小鼻縮小をすることが可能です。
鼻尖縮小は、耳介軟骨移植をしてから1ヶ月経過すればできることが多いです(ケースバイケースですが)。
もちろん、耳介軟骨移植と小鼻縮小と鼻尖縮小を同時に行うことも可能です。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大