わきの傷跡を綺麗にする修正手術キャプチャ(写真)解説

他院で受けた豊胸手術の傷跡です。

手術して6ヶ月以上経過している傷跡ですが、傷跡の幅が広く、段差、盛上がり、赤みがあり、歪で、あまり綺麗な傷ではありません。
待っているだけでも、月単位、年単位でもう少し綺麗な傷跡になるとは思いますが、傷跡の幅の広さや段差、歪さは待ってもあまり変わらないので、切除縫縮して傷跡修正手術をすることになりました。

手術のデザインです。

切除する範囲をデザインペンで書いて囲んでいます。

最初に切除する範囲に局所麻酔注射をします。

事前に麻酔クリームを塗ってあり、極細の注射針で注射するので、痛みは極わずかです。
それほど痛くありません。

局所麻酔注射が終わりました。

麻酔液の中に入っている血管収縮剤が効いて、皮膚の表面が白くなっています。
血管収縮剤は、局所麻酔をしっかりと長時間効かせる効果があり、手術中の出血を抑える効果もあります。

局所麻酔がよく効いたら手術を始めていきます。

ここからは痛みは全くありません。
デザインしてある瘢痕の部分をメスで丁寧に切開します。

メスで切開した後は、ハサミで瘢痕を切除します。

 

傷跡の瘢痕を切除しました。

 

出血している部位をバイポーラーで止血します。

 

止血が終わったら、あとは丁寧に縫合します。

5-0PDS(モノフィラメントの吸収糸)で真皮縫合(中縫い)をします。

吸収糸で中縫いをするため、体内に異物が残ることはありません。

 

真皮縫合が終わりました。

 

真皮縫合のあとは、表面を極細ナイロン糸(非吸収糸)で細かく丁寧に縫合します。

 

表縫いも終わりました。

手術終了です。
表縫いのナイロン糸は約1週間後に抜糸をします。
抜糸後は、6ヶ月から1年くらいかけて、更に傷跡が目立たなくなっていきます。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング①
    他院豊胸手術後のワキの傷跡修正手術 左側デザイン解説

  • カウンセリング②
    他院豊胸手術後のワキの傷跡修正手術 右側デザイン解説 わきがの傷跡にも似てます

  • 施術①
    他院豊胸手術後のワキの傷跡修正手術 局所麻酔注射

  • 施術②
    閲覧注意!他院豊胸手術後のワキの傷跡修正手術 右側手術映像

  • 施術③
    閲覧注意!他院豊胸手術後のワキの傷跡修正手術 左側手術映像 わきがの傷跡にも似てます

  • 術後
    他院豊胸手術後のワキの傷跡修正手術 手術直後の映像

  • 他院で受けた手術の修正(豊胸)の施術の詳細
  • 傷跡の施術の詳細

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大