鼻骨切り幅寄せ手術キャプチャ(写真)解説。
~高須幹弥の術式の場合~

この患者様の鼻骨切り幅寄せ手術を行います。

鼻の骨切り幅寄せ手術は、鼻の骨の部分が横に広がっている人に対して行う手術です。
鼻の横に広がっている骨を骨切りし、幅を狭くします。

骨切りラインのデザインをしました。

外側骨切り(ラテラールオステオトミー)と内側骨切り(メディアールオステオトミー)を左右に行い、それによって生じたブラブラの骨片を内側に移動させます。
デザインした後、顔を消毒し、コンプレッセン(手術用の緑色の清潔な滅菌した布)をかけ、手術を始めていきます。

今回の手術は局所麻酔で行います。

この手術は局所麻酔でも全身麻酔でもどちらでも行うことができます。
局所麻酔で行うほうが、手術中の出血が少なく、手術がスムーズに進行してやり易いため、患者様が全身麻酔での手術を希望されなければ、私に関しては局所麻酔での手術を第一選択にさせていただいてます。
局所麻酔での手術より全身麻酔での手術のほうが出血量が多くなる理由は、全身麻酔をかけると静脈が拡張し、静脈にプーリングした血液が流れ続けやすいからだと考えられます。
ちなみに、静脈麻酔でのこの手術は、私に関しては行っておりません。
静脈麻酔は、気道が確保されておらず、中途半端に意識レベルが低下しているため、静脈麻酔でこの手術を行うと、血液を肺に誤嚥していまい、気道閉塞による窒息や誤嚥性肺炎などのリスクがあるからです。

最初に局所麻酔注射をします。

注入するときに痛くないように人間の体液のPHに近づけるようにアルカリ性に調整した麻酔液を、極細の注射針で注射するので、痛みはそれほど強くありません。

骨切りラインに添って、奥のほうまでしっかりと麻酔します。

骨切りする部分の表側だけではなく、裏側にも麻酔します。
局所麻酔注射が終わったら、麻酔が効くまで時間をおきます。
時間をしっかりおくことにより、局所麻酔液の中のエピネフリン(血管収縮剤)が効き、骨切り時の出血量を抑えることができます。

麻酔がしっかり効いたら、メスで鼻の穴の中の皮膚を切開します。

ここからは痛みは全くありません。
最初に外側骨切りをするためのノミを入れる梨状孔縁切開をします。

次に、内側骨切りをするためのノミを入れる軟骨間切開をします。

 

メスで皮膚切開した後、切開した部分に尖端が尖ったスーパーカット剪刀(ハサミ)を入れ、骨切りする骨のエッジまで剥離をしていきます。

 

ハサミでの剥離が終わったら、ラスパ(骨膜剥離するためのもの)に持ち替え、骨切りラインに添って骨から骨膜を剥離していきます。

最初に外側骨切りラインの骨膜を剥離します。
外側骨切りラインは、表側だけではなく、裏側の骨膜も剥離します。
骨切りラインの骨の骨膜を確実に剥離することにより、骨切り時の出血を抑えることができます。
これをしっかりやっておかないと、骨切りの際に裏側の粘膜が裂け、出血量が多くなってしまいます。
そうなると当然、手術後の腫れや内出血、痛みも強くでてしまいます。

続けて、ラスパで内側骨切りラインの骨膜を剥離します。

 

骨膜の剥離が終わったら、ノミでの骨切りを行います。

最初に、内側骨切りから行います。
内側骨切りは、直の片側ガード付きノミを使用します。

軟骨間切開からノミを入れ、

 

助手にハンマーで叩いてもらい、骨切りします。

ノミが鼻骨前頭縫合を越え、前頭骨に当たり、ノミの音が変わるまで真っ直ぐ骨切りします。

内側骨切りが終わったら、続けて外側骨切りにいきます。

外側骨切りは、曲の片側ガード付きノミを使用します。

梨状孔縁切開からノミを入れ、

 

助手にハンマーで叩いてもらい、骨切りします。

内側骨切りの骨切りラインに繋がるように骨切りします。

片側の内側骨切りと外側骨切りが終わったら、反対側も同じようにノミで骨切りします。

 

骨切りが全て終了しました。

全ての骨切りが終わると、左右に2枚の遊離骨片が生じ、鼻の骨の部分がグラグラに動く状態になります。

骨切りの後は傷口を縫合します。

傷は5-0PDS(吸収糸)で縫合します。

最後にギプス固定をして終了です。

鼻先の汚れや油分をアルコール綿で取り除き、最初にテーピングをします。
その後、デンパースプリントで両側から鼻先の側面を圧迫するようにギプス固定します。
鼻筋が細くなるようにしっかりと挟み込むように圧迫固定します。

ギプス固定が終了しました。

ギプス固定は約2週間行います。
手術当日はしばらくの間、鼻の穴の中の傷から、麻酔の液や血液が少量出てくることがありますが、すぐに止まるので心配ありません。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング①
    鼻骨切り幅寄せ手術 術前の解説 美容整形外科動画

  • カウンセリング②
    鼻骨切り幅寄せ手術 術前のデザイン解説 横に広がっている鼻を細くし、鼻筋を通します

  • 施術①
    閲覧注意!鼻骨切り幅寄せ手術 術前の局所麻酔注射 痛みはわずかです

  • 施術②
    閲覧注意!鼻骨切り幅寄せ手術 手術映像 鼻の穴の中を切開、剥離、骨膜を剥がす 内側骨切り、外側骨切り、皮膚、粘膜縫合

  • 術後①
    鼻骨切り幅寄せ手術 手術後のギプス固定 術後の通院、腫れ、経過、ダウンタイム、痛み、効果、後戻りについて

  • 術後②
    鼻骨切り幅寄せ手術 術後4日目の腫れ、経過、ダウンタイム、内出血、痛み ギプス交換しました

  • 骨切幅寄せ(鼻の根元を細く)の施術の詳細

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大