目尻切開キャプチャ(写真)解説。
~高須幹弥の術式の場合~

この患者様の目尻切開手術をします。

 

最初に油性マジックでデザインします。

手術はW法に準じた術式で行います。
目尻の皮膚をWの字に切開し、皮膚と粘膜の境目に割を入れ、中央の三角弁をはめ込む術式です。
上端と下端の三角弁の頂点の皮膚をトリミングして切除し、目尻が外側に広がった部分を縫合するので、単純に外側に広がるだけではなく、外側に広がった部分が上下にも広がることになります。

デザイン完了しました。

このあと、目元を消毒して手術を始めていきます。

それでは手術を始めていきます。

 

最初に局所麻酔注射をします。

手術前に麻酔のクリームを塗ってあるので、注射の痛みは少ないです。
極細の注射針を使用しているので、痛みは更に少なくなります。
注入するときに痛くないように人間の体液のPHに近づけるようにアルカリ性に調整した麻酔液を用いているので、注入するときの痛みもそれほど強くありません。

メスでWの字のデザイン通りに切開します。

メスは11番の尖刃を用います。
切れがよく、小回りが効き、デザイン通りに綺麗に皮膚を切りやすいからです。

皮膚と粘膜の境目の真ん中にメスで割を入れます。

この操作により、外側に広がった目尻が上下にも広がりやすくなります。

メスでの皮膚切開が終わりました。

 

メスでの皮膚切開が終わった後は、先が尖ったハサミ(スーパーカット剪刀)で皮弁を起こし、剥離します。

皮弁の周囲をしっかり剥離することが重要です。
この操作を確実に行うことにより、目尻が外側にも上下にも広がりやすくなります。

3つの三角弁の頂点をスーパーカット剪刀で切除してトリミングトリミングします。

トリミングした分、目尻が外側と上下に広がることになります。

三角弁のトリミングが終わったら、あとは皮膚を縫合して終了になります。

最初に皮膚と粘膜の境目に割を入れた部分の真ん中から縫合します。
トリミングした真ん中の三角弁と眼球側の粘膜に針を通します。
糸は7-0青ナイロン糸を使用します。
縫合糸は7-0の青色透明ナイロン糸を使用します。
経験的に、この縫合糸で縫合するのが最も傷が綺麗に治ります。
これより太い糸だとスーチャーマークが残りやすく、傷跡が汚くなりやすいし、これより細い糸だと縫合力が弱いからです。
どきどき、「透明な糸で縫ってください」と言う患者様がいますが、お勧めしません。
理由は、ホームページ内の「ドクター高須幹弥の美容整形講座」に詳しく書いてあるので、知りたい方はお読みください。

程よいテンションで糸を結び、縫合します。

 

真ん中の三角弁を粘膜に縫合しました。

このように三角弁を真ん中にはめ込むことにより、術後の後戻りを防ぎます。

次に、上下の三角弁の先端を縫合します。

こと操作により、外側に広がった目尻が上下にも広がることになります。

3つの三角弁をそれぞれ縫合しました。

 

あとは、三角弁の間を丁寧に縫合していきます。

必要最低限の縫合で傷を綺麗に合わせることが重要です。
無理して必要以上に縫合すると、かえって傷跡が汚くなることがあります。
正しいデザインで正しい剥離ができていれば、スムーズに皮弁が移動するため、最小限の縫合で済み、傷跡が綺麗に治ります。

手術が全て終了しました。

確実に目尻が外側と上下に広がっているのがわかります。

目を開けていただきました。

直後なので、局所麻酔液の血管収縮剤が効いており、目頭の皮膚がやや白いですが、これは2時間くらいで治ります。
ご覧の通り、この手術を単独で行った場合は、腫れはあまりでません。
至近距離で見れば、目尻に糸がついているのがかろうじてわかる程度です。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    高須クリニック 目尻切開手術前のデザイン解説 切れ長の目を作ります 美容整形外科動画

  • 施術
    閲覧注意!高須クリニック 目尻切開手術中の映像 ノンストップ完全ノーカット 切れ長の目を作ります 美容整形外科動画

  • 術後①
    高須クリニック 目尻切開手術直後の映像 術後の経過、抜糸、腫れ、メイク、痛み、ダウンタイム、内出血 美容整形外科動画

  • 術後②
    目尻切開手術後1週間の経過、腫れ、傷跡、メイク、痛み、ダウンタイムについて 抜糸直後の映像です

  • 術後③
    目尻切開術後2ヶ月の経過、腫れ、傷跡 美容整形動画

  • 術後④
    高須クリニック 目尻切開手術後6ヶ月の経過 後戻りはありません 傷跡は目立ちません 美容整形外科動画

  • 目尻切開の施術の詳細

目尻切開で目を外側に大きくした20代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目を大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、特別目が小さいほうではありませんでした。
しかし、一般的に「美人」「可愛い」と呼ばれている人達は、平均より目が大きい人が多いです。
この患者様は、まぶたの開きはそれなりにいいので、眼瞼下垂手術をしてまぶたの開きをこれ以上大きくすると、ギョロっとしたキツい印象の目になってしまう可能性があります。
その他の目を大きくする手術は、目頭切開、目尻切開、タレ目形成などがありますが、コンピューターシミュレーションをしてみた結果、患者様は、「まずは目尻切開で目を外側に広げたい」というご希望でした。
目尻切開で目を最大限外側に広げることになりました。
手術は、Wの字型に目尻の皮膚を切開し、目を外側に最大限広げた後、広がった部分は上下にも広がるようにしました。
結果、約2mmずつ目が外側に大きくなりました。
目尻切開は、ガラッと印象が変わるほどの大きな変化はありませんが、それなりの変化はあります。
この患者もそれなりに目が大きくなって、少し華やかな印象になり、満足していただきました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大