※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お腹のたるみ取り手術腹部リダクションキャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

妊娠出産を繰り返したことや、過去に太って痩せたことなどにより、お腹の皮膚のたるみが非常に目立っています。

皮膚の余剰に合わせ、皮下脂肪もそれなりについています。
このような状態の患者様に脂肪吸引だけをすると、脂肪がなくなっても皮膚のたるみは残るため、余計にたるんだり、しわしわになってしまいます。
そのため、お腹の脂肪吸引に合わせて、お腹のたるみ取り手術(腹部リダクション)を行うことになりました。

最初に切除する皮膚のデザインをするため、余分な皮膚を手でつまみます。

このデザインは、必ず立ち上がった状態で行う必要があります。
寝た状態になると、余分な皮膚が周りに流れてしまい、どれくらい皮膚が余っているかわからなくなるからです。

切除する皮膚をデザインしました。

周りの点線部分は脂肪吸引する範囲のデザインです。
手術は全身麻酔で行います。

全身麻酔がかかったので、手術を始めていきます。

最初に切開線に沿って局所麻酔液を注入します。
切開線に血管収縮剤であるエピネフリン入りの局所麻酔液を注射しておくと、手術中の出血量を抑えることができます。

局所麻酔注射が終わったら、デザイン通りにメスで皮膚切開します。

皮膚切開の後、チュームセントからの脂肪吸引を行うので、その際にデザインが消えてわからなくならないように、先にデザイン線を切開しておきます。
脂肪吸引する際に、ちゃんと組織内に陰圧がかかるように、皮膚切開は真皮全層を切開しないようにしておきます。

へその周りもメスで皮膚の表面を切開しておきます。

 

皮膚切開が終わりました。

 

皮膚切開の後は、皮膚切除する範囲と脂肪吸引する範囲にチュームセント液を注入します。

脂肪吸引すべき脂肪のある部位に満遍なくチュームセント液が浸透するように、満遍なく皮下脂肪層に注入します。
チュームセント液は、薄めた局所麻酔(リドカイン)、血管収縮剤(エピネフリン)、PH緩衝液(メイロン)、生理食塩水を混合したものです。
チュームセントを用いた脂肪吸引はウェットメソッドと呼ばれ、従来のドライメソッドの脂肪吸引と比較すると、手術中の出血がほとんどなく、よりたくさんの脂肪を吸引することができます。
また、手術後の腫れや内出血も少なく、痛みも少ないというメリットがあります。
私がこの手術をする場合、全例チュームセントを用いたウェットメソッドで行っています。

チュームセント液の注入が終わりました。

チュームセント液がしっかりと皮下脂肪層に行き渡りました。
チュームセント液の中の血管収縮剤が効き、皮膚の表面が白くなっているのがわかります。

チュームセント液がしっかりと浸透したら、脂肪吸引を始めていきます。

左手で圧力を加えながら、皮下脂肪をしっかりと吸引します。
脂肪吸引によるリダクション(減量)は、後で行う皮膚切除に合わせてする脂肪切除に比べて出血量が非常に少ないので、必要であれば可能な限り脂肪吸引でボリュームリダクションします。

デザインした範囲をしっかりと満遍なく脂肪吸引していきます。

今回の脂肪吸引のカニューレは、直径3mmのものを使用しています。
ボディ専用の脂肪吸引カニューレは、他に、4mm、5mm、6mmなどのものもありますが(顔専用の脂肪吸引カニューレは1.6mm、2.0mmのものもあります)、私に関しては、ボディの脂肪吸引はいつも最も細い3mmのものを使用しています。
細いカニューレのほうが、時間はかかりますが、より細かく丁寧に皮下脂肪をすることができ、取りむらが生じたり、皮膚の表面が凸凹することなく、スムースに吸引することができるからです。

脂肪吸引が終わったので、次は皮膚切除に取りかかります。

 

最初に表面の皮膚切開をしたラインに、再びメスで皮膚切開していきます。

皮膚全層を切開し、皮膚脂肪が出てくるまでメスを入れます。

皮膚切開が終わりました。

 

皮膚切開した後は、電気メスで血管を電気凝固止血しながら切開していき、余剰皮膚を切除していきます。

 

丁度良い量の皮下脂肪のボリュームを切除するように、量を見計らいながら丁寧に切開していきます。

先ほどの脂肪吸引により皮下脂肪の減量はしてあるので、皮下脂肪全層を切除しないように皮膚と皮下脂肪を切除していきます。
皮下脂肪を全層切除して、筋膜が露出するまでしてしまうと、傷を縫合した後、傷跡の部分に垂直方向の拘縮が生じ、傷跡が食い込んで汚くなってしまうことがあるからです。

残すへその部分の皮膚を切開してしまわないように、へそに指を入れながら慎重に切開していきます。

 

へそを越えました。

へそを越えた後も、電気メスで切開して進んでいきます。

皮膚切除が完了しました。

 

皮膚と皮下脂肪を切除した跡から出血しているところがあれば、術後に血腫にならないように、電気メスやバイポーラーでしっかりと止血をします。

 

皮膚と皮下脂肪を切除したスペースにサクションドレーンを留置します。

 

左右のわき腹からサクションドレーンを2本留置しました。

サクションドレーンを留置することにより、術後の腫れや血腫を予防することができます。

次に、新しく作るへその位置を決めるために、皮膚の真ん中を1針仮縫いします。

 

新しく作るへその位置にピオクタニンでデザインします。

 

続けて、3-0ナイロン糸で仮縫い縫合をしていきます。

大まかに仮縫いをして創を合わせます。

仮縫いが終わりました。

 

次に、新しく作るへその部分の皮膚にメスで皮膚切開し、元の位置のへその皮膚を穴から引っ張り出します。

 

へその部分の皮膚も仮縫いします。

 

へその仮縫いができました。

 

あとは皮膚を丁寧に縫合して終了になります。

最初に4-0PDS(溶ける吸収糸)で真皮縫合(中縫い)をしていきます。

へその部分も4-0PDSで中縫いします。

 

傷跡が綺麗になるように、ひたすら細かく丁寧に真皮縫合していきます。

仮縫い縫合の糸は真皮縫合が終わった頃あたりで抜糸してしまいます。
真皮縫合が終わったら、皮膚の表面を6-0ナイロンで縫合します。

手術が全て終了しました。

 

全身麻酔から覚めて、立ち上がっていただきました。

手術直後は腫れているので、腫れが引くと、これより更にお腹周りが一回り細くなります。

傷跡はこの通りです。

1週間後に抜糸し、6ヶ月~1年くらい経過するとだいぶ目立たなくなります。
サクションドレーンは手術日を含めて3日間くらい留置することが多いです。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    高須クリニック お腹の脂肪吸引+たるみ取り手術 術前のデザイン解説 美容整形外科動画

  • 施術①
    閲覧注意!高須クリニック お腹の脂肪吸引+たるみ取り手術手術映像① 局所麻酔注射、皮膚切開、チュームセント

  • 施術②
    閲覧注意!高須クリニック お腹の脂肪吸引+たるみ取り手術手術映像② 脂肪吸引 腹部リダクション手術

  • 施術③
    閲覧注意!高須クリニック お腹の脂肪吸引+たるみ取り手術手術映像③ 皮膚切除、止血 腹部リダクション手術 美容整形外科動画

  • 施術④
    閲覧注意!高須クリニック お腹の脂肪吸引+たるみ取り手術手術映像④ サクションドレーン挿入、皮膚縫合 腹部リダクション手術 美容整形外科動画

  • 施術⑤
    閲覧注意!高須クリニック お腹の脂肪吸引+たるみ取り手術手術直後映像① 寝た状態 腹部リダクション手術 美容整形外科動画

  • 術後①
    高須クリニック お腹の脂肪吸引+たるみ取り手術手術直後映像② 起きた状態 腹部リダクション手術 美容整形外科動画

  • 施術②
    高須クリニック お腹のたるみ取り手術 術後6ヶ月の経過、傷跡 美容整形外科動画

  • 腹リダクションの施術の詳細

お腹のたるみ取り手術(腹部リダクション)の腫れが引いていく症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

  • 皮下脂肪がたくさんついていますが、皮膚のたるみもたくさんあります。

  • どれくらいの量の皮膚を切除すれば良いのか、手でつまんでデザインします。

  • ヘソ周囲の余分な皮膚をデザインしました。

  • デザイン完了です。妊娠線、皮膚割れのある綺麗じゃない皮膚を中心に皮膚切除し、その周囲は脂肪吸引することになりました。

30代後半女性の患者様で、お腹の脂肪と皮膚のたるみと妊娠線、皮膚割れを改善したいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、お腹回り全体にたくさん皮下脂肪がついており、へそ回りの皮膚が大量にたるんでいました。
へそ回りの余っている皮膚には妊娠線、皮膚割れがしっかりと刻まれていました。
患者様のご希望は、「お腹の脂肪をとって、皮膚のたるみをスッキリさせて、妊娠線もとりたい」というご要望でした。
それら全てを改善するにはお腹のたるみ取り手術腹部リダクションしかないため、その手術の説明をさせていただいたところ、納得され、手術をすることになりました。
全身麻酔下に、上腹部、下腹部、ウエスト、わき腹の脂肪吸引をし、へそ回りの妊娠線が刻まれている皮膚を中心に皮膚切除し、新たにへそを形成しました。
術後はお腹前面のへそ下に3/5周程度の細い1本の傷跡が残りましたが、たるみがとれてスッキリしました。
この患者様のように、お腹の脂肪がついているだけではなく、皮膚が大量にたるんでおり、妊娠線や皮膚割れもある場合、脂肪吸引だけをすると、脂肪の量は減りますが、皮膚は余計にたるんでしまい、妊娠線や皮膚割れを改善させることもできません。
全てを改善するには腹部リダクション手術しかありませんが、必ず傷跡は残るし、年月が経っても傷跡が完全に消えることはありません。
傷跡が残っても良いので、たるみや妊娠線、皮膚割れをとってスッキリさせたいという人にご検討いただきたい手術です。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 両ウエスト(側腹部)

¥200,000~300,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 下腹部(へそ下おなか)

¥380,000~570,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 上腹部

¥200,000~300,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 両上腕部(二の腕)

¥280,000~420,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 両大腿(内側・外側・前面・後面・ひざ周り)

各 ¥380,000~570,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 ふくらはぎ

¥380,000~570,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 臀部(おしり)

¥380,000~570,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 ホホ、あご

各 ¥280,000~420,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】

脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引 背中

¥380,000~570,000 ※1【東京、横浜、名古屋、大阪】


※1 脂肪吸引(スムースライポサクション法)脂肪吸引は取る脂肪の量によって料金が変わります。詳しくは診察時にご確認ください。

腹リダクション(お腹のたるみ取り)

¥1,600,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大