パイプカット キャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

指でしっかりと精管を触知します。

パイプカットの手術をする時は、麻酔の注射をする前に、まずは睾丸の外側から精管(パイプ)をしっかりと指で触知し、捉える必要があります。精管は固ゆでのパスタのような太さと硬さをしていて、精巣の上のほうにある精索(せいさく)の中にあります。麻酔を打った後は睾丸が腫れ、精管の位置を把握できなくなることがあるので、そうならないようにしっかりと指で触知し、捕獲してから手術を始めます。

麻酔をします。

麻酔をします。一度にたくさん麻酔を打ちすぎてしまうと、精管の位置がわからなくなることもあるので、数回に分けて、少しずつ麻酔を打ちます。手術中は基本的に痛みを感じることはありませんが、奥のほうにある精管を引っ張り出してカットするので、引っ張られるような感覚を覚えることはあると思います。

パイプカット鉗子でつまみます。

睾丸を切開し、精管が目視できるくらいになったら、パイプカット鉗子でつまみます。ちょっと引っ張られるような感じがあるかもしれませんが、なるべく患者さんが痛みを感じないように、つまみながら精管の周りにさらに麻酔を注射します。広い範囲に麻酔をして、痛みを軽減します。

精管を露出させ、周囲の組織を分離します。

精管を露出させました。この患者さんの精管は比較的太いほうだと思います。そうしたら次に、カットする際、周囲の動脈や静脈叢(じょうみゃくそう)を巻き込んで出血が多くならないよう、精管だけを分離します。

精管をカットします。

綺麗に精管だけを分離することができたら、ある程度の長さを取ってカットします。

精管の両端を結紮します。

特に出血もないので、切った後の精管は切りっぱなしの状態でも問題ありませんが、念のため両端をバイポーラで処理してから結紮(けっさつ)します。カットの際、血管を巻き込んでしまった場合は、止血のため必ず結紮が必要です。

傷を縫合します。

睾丸の傷を縫合します。今回はバイクリルという吸収性の縫合糸を使います。抜糸する必要のない糸で、1ヶ月くらいするとポロポロと自然に脱落していきますが、可能であれば抜糸をしたほうが異物も取れて清潔になります。術後10日をめどに、可能な方は抜糸に来ていただくのが良いと思います。

組織を確認します。

経験上、切除したのは精管であることに間違いないのですが、本当に精管なのかどうかを確認しておきます。精管の特徴として、内部に精子が通るための空間(内腔)があります。そこにハサミの刃先を入れて、きれいに開くことができるのが精管です。今切除した組織は小さな内腔があり、きれいに開けましたので、間違いなく精管だということがわかります。

反対側の精管も同様にカット、結索し、傷を縫合します。

右側の精管のカットが終わったので、続いて左側も同様に行います。

手術完了

パイプカット手術が完了しました。術後の精液検査で、精液内に精子が確認されなければ手術は成功です。

今回解説した施術の動画一覧

施術料金

パイプカット

¥250,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症について

パイプカット

関連コンテンツ

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00