※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

亀頭増大術 キャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

亀頭にヒアルロン酸を注射して、大きくします。

大きく立派な亀頭にするため、ヒアルロン酸を注射します。ヒアルロン酸は亀頭のカリの部分に注入します。そうすることで、少ない量のヒアルロン酸で効率的に亀頭を大きくできます。

麻酔をします。

最初に麻酔を注射します。ちょっとチクッとしますが、注射の前にあらかじめクリーム状の麻酔を塗っているので痛みはほぼないはずです。麻酔はEなし1%キシロカイン®を使用します。約10ccを、陰茎の根元を一周するように注射することで亀頭にも麻酔が効いていきます。

ヒアルロン酸を亀頭に注入します。

麻酔を注射し、10分ほど経過して麻酔がしっかり効いてきたところで、ヒアルロン酸を亀頭に注入します。 1本1ccのヒアルロン酸注射2本分、計2ccを亀頭のカリの部分に注入します。

注入し終わりました。

ヒアルロン酸注入が終わった直後です。カリの部分がだいぶ太く、立派になったのがわかると思います。注入し終えた直後は少しむくんで、表面も若干デコボコしていますが、これらはすぐに馴染みますので問題ありません。麻酔によるむくみも1日~2日で引いていきます。なお、亀頭には血管が非常に多く集まっているので注射の際、少々出血することもあります。

手術後1週間が経過しました。

亀頭にヒアルロン酸を注入して1週間経ちました。少しだけ内出血が見られますが、これは間もなく引いていきます。麻酔によるむくみもほとんどなくなりました。ヒアルロン酸を注入したカリの部分にしっかりとハリが出て、亀頭全体が大きくなったように見えると思います。手術から1週間経っているので、性行為やマスターベーションをしても全く問題ありません。

手術から1ヶ月後の状態です。

亀頭にヒアルロン酸を注入してから1ヶ月が経過しました。注入したヒアルロン酸は2ccですが、カリがぐっと太く、大きくなっています。ヒアルロン酸は亀頭の中心部分に入れることもできますが、やはりカリの周囲に打つほうが大きな効果を得ることができます。

今回解説した施術の動画一覧

  • 施術①
    閲覧注意!亀頭増大術 麻酔注射 カリへのヒアルロン酸注射

  • 施術②
    閲覧注意!亀頭増大術 ペニスのパワーアップ 注入映像 カリへのヒアルロン酸注射 小さい陰茎を大きくします 2cc注入しました

  • 術後①
    閲覧注意!亀頭増大術 1週間後の経過 ヒアルロン酸注射でカリを大きくし、立派なペニスにします

  • 術後②
    閲覧注意!亀頭増大術 ヒアルロン酸注射 術後1ヶ月の腫れ、経過、痛み、ダウンタイム、効果

  • 亀頭増大術の施術の詳細

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

亀頭増大術

ヒアルロン酸 1本 ¥100,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大