ボディの施術について

高濃度脂肪溶解メソカクテルは妊娠中、授乳中に受けることはできるのか?

高濃度脂肪溶解メソカクテル希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「高濃度脂肪溶解メソカクテルは妊娠中に受けることはできますか?」「今、授乳中なんですが、高濃度脂肪溶解メソカクテルを受けることはできますか?」「高濃度脂肪溶解メソカクテルを受けた後、いつから妊娠していいですか?」「高濃度脂肪溶解メソカクテルを受けた後、いつから授乳していいですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「妊娠中、授乳中に高濃度脂肪溶解メソカクテルをすることはできません」「高濃度脂肪溶解メソカクテルを受けた後は、2週間妊娠、授乳しないようにしていただいております」です。

妊娠中に高濃度脂肪溶解メソカクテルを行い、母体や胎児に問題が生じたという報告や学会発表、論文は、私が知る限りではありません。しかし、脂肪組織に溶解注射をする以上、ある程度の傷み、炎症、ストレスが生じるため、あえて妊娠中に行うものではないので、高須クリニックでは行っておりません。注射後は注射した薬液が代謝されてなくなる2週間は念のため妊娠しないようにしていただいております。

また、授乳中に高濃度脂肪溶解メソカクテルを行い、乳児に問題が生じたという報告や学会発表、論文も私が知る限りではありません。しかし、高須クリニックでは念のために授乳中の高濃度脂肪溶解メソカクテルはしないようにしており、注射後は、注射した薬液が代謝されてなくなる2週間は授乳しないようにしていただいております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大