ボディの施術について

乳頭縮小手術や陥没乳頭修正手術をするときは痛いですか?術後は痛いですか?

乳頭縮小手術や陥没乳頭修正手術希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、

手術は痛いですか?

どこに麻酔するんですか?

麻酔の注射は痛いですか?

術後は痛いですか?

などのご質問をいたただきます。

乳頭縮小手術や陥没乳頭縮小手術をする場合、通常は局所麻酔で行います。

シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術や脂肪注入豊胸などと同時に行う場合は全身麻酔で行うことがありますが、単独で行う場合は通常、局所麻酔で行います

私の手術に関しては、まず、麻酔クリーム(リドカインクリーム)を乳首に塗ります。

5~10分くらい経過すると、麻酔クリームが効いてきて、乳首の表面の感覚が鈍くなってくるので、麻酔クリームが効いてきてから局所麻酔の注射をします。

麻酔クリームを塗ってから局所麻酔注射をすれば痛みが0になるわけではありませんが、麻酔クリームを塗っていない場合に比べると、痛みが半分くらいになります。

また、乳首の先端は敏感などころなので、最初から乳首の先端に麻酔の注射をせず、比較的感覚が鈍く痛みの少ない乳輪の辺りから注射して、乳首全体的に麻酔の注射をしていくようにします

そのため、局所麻酔の注射の痛みは、最初にちょっとチクっとする程度です。

手術中は局所麻酔がしっかり効いているため、痛みはありません。

手術が終了してから2~3時間くらい経過すると、局所麻酔が切れてきて、徐々に痛みが出てきますが、小さい切り傷程度の痛みなので、それほど強い痛みではなく、日常生活には支障のない痛みです

症例写真
■乳頭縮小

Before After
奥田裕章医師からのコメント

楕円形の乳頭で、先端が2つに分かれていた方です。長さは正常だったので変えず、正面から見てきれいな円形に整えました。
未婚の女性で、左右の乳頭の形の違いをずっと悩まれていましたが、改善したことで、銭湯や温泉にも気軽に行ったり、男性との交際にも自信を持っていただけると思います。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

乳頭縮小

片方 ¥150,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■陥没乳頭

Before After(1年後)
Before After(1年後)
Before After(1年後)
Before After(1年後)
Before After(1年後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、陥没乳頭を治したいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、両側の乳頭(乳首)が完全に陥没しており、刺激をしてもほとんど出てこない、重症の陥没乳頭でした。
また、まだ未婚であり、今後、妊娠、出産、授乳する可能性が非常に高いということでした。
手術は、局所麻酔下に、乳頭の真ん中のくびれている部分を切開し、可能な限り乳管を温存しながら、乳管の周りの結合組織をハサミで縦に割き、引っ込んでいる乳頭を引っ張り出しました。
特に真皮弁を起こすような操作はせず、乳頭基部の真皮を溶ける糸(吸収糸)で縫合した後、乳頭同士も吸収糸で縫合し、表面を細いナイロン糸で縫合しました。
術後は陥没していた乳頭が綺麗に出て、バランスの良いバストになり、後戻りも起きていません。
また、乳管を可能な限り温存したため、今後、妊娠、出産、授乳することがあっても、授乳時にちゃんと母乳を出すことができます。
陥没乳頭は、乳腺の発達に、乳管の発達が追い付かなくて生じることがほとんどであるため、この方のように、比較的バストが大きい人に見られます(貧乳で陥没乳頭の人はいません)。
バストが大きくて形が綺麗なのに陥没乳頭だと、バランスが悪く、見た目も美しくないので、手術で治してあげるのが良いと思います。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

陥没乳頭

片方 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大