顔の施術について

切開法で二重を作った場合、目を閉じた状態の二重の幅は術前のデザインよりも狭くなります。


まぶたの構造

二重まぶたの手術を希望される患者様の中で、目を閉じた状態でまつ毛の生え際から何mmの位置に二重のラインを作るか非常にこだわる方がいらっしゃいます。まぶたを開ける力の度合いや皮膚の厚みなどによって、目を閉じた状態で同じ幅で二重を作っても、目を開けた状態での二重の幅は違ってくるので、私はあまりこだわる必要はないと考えています

埋没法で二重を作る場合は、術前に目を閉じた状態の幅を計測して手術すると、術後も目を閉じた状態の幅は術前と同じになります。しかし、ミニ切開法や全切開法の場合は、術後の目を閉じた状態の幅は術前に計測した幅よりも狭くなるという現象が起こります。

何故かというと、切開法は内部処理をして永久に戻らない二重を作るときに余分な瞼板上の脂肪を切除し、厚ぼったいまぶたの場合は眼窩内脂肪やROOFを切除するため、厚みによって前方に張り出していたまぶたの皮膚が薄くなって平坦になるからです。 しかし、目を開けた状態での二重の幅は、術前に重瞼棒でシミュレーションして鏡で確認していただいた通りになるので心配ありません。

重瞼棒によるシミュレーションの様子

ときどき患者様で、「切開法で二重を作って、目を開けた状態での二重の幅は術前に重瞼棒で確認した通りになって希望通りの幅になったけど、先生は術前に目を閉じた状態で12mmの位置で切開するって言ってたのに、術後に自分で測ったら10mmしかなかった」とおっしゃる方がいるのはそのためです。元のまぶたの厚みや作る二重の幅にもよりますが、だいたい1~5mmくらい狭くなります

大事なのは目を閉じた状態の幅ではなく、目を開けた状態の幅ですので、ミニ切開法や全切開法をした後、目を閉じた状態の幅が狭くなっていても気にしないでくださいね。

症例写真
■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

森本剛医師からのコメント

毎日のアイプチで、まぶたの上に不自然なクセができてしまっていた方です。幅広の平行タイプを希望されていました。
この方のようにまぶたに厚みのある場合、埋没法だと戻ってしまう心配があるため、全切開法を選択。まず、まぶたの脂肪をしっかり取りました。
全切開したことでしっかりと二重のラインが刻まれ、目がパッチリと開くようになりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大