顔の施術について

鼻先にヒアルロン酸を注射するのはあまりお勧めできません。

鼻のカウンセリングをしていると、よく患者様から、「鼻先にヒアルロン酸を注射することはできますか?」と御質問いただきます。私の答えは、「物理的には鼻先にヒアルロン酸を注射することは可能ですが、お勧めしません」です。

鼻のヒアルロン酸注射は、主に鼻根部(鼻の目と目の間の部分)を高くするのに用います。鼻根部は皮膚が柔らかいうえに皮膚のゆとりがあるため、比較的ヒアルロン酸をしっかりと注入することができ、高密度の鼻専用の硬いヒアルロン酸を使用すれば綺麗に鼻筋を通すことができます。また、眉間の周囲も皮膚のゆとりがあるため、比較的ヒアルロン酸をしっかりと注入することができます。鼻根部と鼻先の間辺りも多少皮膚のゆとりがあるため、少しならヒアルロン酸を注入することができます。しかし、鼻先は皮膚が厚い部位であるうえに、皮膚のゆとりがほとんどないため、ヒアルロン酸を注入するのが非常に難しいです

無理して注入すると、鼻先を綺麗に出すことはできず、鼻先の周りに拡がって、ダンゴ鼻になってしまいます。ヒアルロン酸はジェル状の液体であるため、皮膚のゆとりがない部位に注入すると、周りに拡がってしまうのです。また、鼻先は血行の支配が比較的粗な部位であるため、無理してヒアルロン酸をたくさん注入すると、皮膚が傷んでしまうことがあります。

鼻先を出したい方は、ヒアルロン酸注射ではなく、耳介軟骨移植や鼻中隔延長手術がお勧めです耳介軟骨移植や鼻中隔延長手術は、ヒアルロン酸と違い、比較的硬さのある軟骨で鼻先を出す手術であるため、綺麗に鼻先を出すことができます

症例写真
■耳介軟骨移植(鼻先を出す)


(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻先が上を向いているのを気にされていました。
鼻先を下げる方法は、耳介軟骨移植と鼻中隔延長手術がありますが、自然に仕上げたいという御要望だったので、耳介軟骨移植をすることになりました。
片方の耳の穴の中から10×15mm程の軟骨を採取し、鼻先が斜め下方向に出るように移植しました。
術後は鼻先が斜め下方向に約3mm出て、自然で上品な鼻になりました。
耳介軟骨移植で鼻先を出せる限界は、元の鼻にもよりますが、だいたいこれくらいです。
耳介軟骨移植は腫れが少ない上に術後の固定などの必要もなく、安全性が高い手術です。
もっと鼻先を出したい場合は鼻中隔延長手術をすることになります。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

耳介軟骨移植(鼻先を出す)

¥350,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■鼻中隔延長(鼻先を大きく下方に延ばす)


高須幹弥医師からのコメント

鼻先がかなり上を向いており、正面から見ると鼻の穴が大きく目立つブタ鼻でした。耳介軟骨移植だと2~3ミリ程度しか鼻先を下げられないので、鼻中隔延長を選択しました。どれくらい鼻先を下げると美しく上品な鼻になるかは、事前にコンピュータでシミュレーション。仕上がりをしっかりイメージして手術したことで、思い通りの鼻が完成しました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

鼻中隔延長(鼻先を大きく下方に延ばす)

¥850,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大